カテゴリ:◎これまでの版画作品( 26 )

これまでの版画(一部消しゴムハンコも)はどうぞコチラをご覧下さい。
c0138553_9324839.jpg

[PR]
c0138553_16133655.jpg

少し前に紙版画で作った楳(を少し加工してみた)。
偶然の産物だった「襟付き保護服」が意外や周囲に「かわいい」と好評だったのでその記念に。

もう何年も一緒に暮らしているのに、幻の様なだなと思う。
楳という猫は。
[PR]
『秋のひかり』展のために制作した紙版画作品の一部(大きめのものは追々)です。ひかり、ひかり、と念じながら、或はうなされながら、毎日作っていました。
_________________________________




『空っぽのひかり』
c0138553_17535210.jpg



『あの日のこと Ⅰ』
c0138553_17544725.jpg



『あの日のこと Ⅱ』
c0138553_17553229.jpg



『置いてきた町』
c0138553_175685.jpg



『信じているもの』
c0138553_17571186.jpg



『ひかりへ Ⅰ』
c0138553_17574312.jpg



『ひかりへ Ⅱ』
c0138553_17581248.jpg



『かつて手の中にあった Ⅰ』
c0138553_17585194.jpg



『かつて手の中にあった Ⅱ』
c0138553_17592426.jpg



『かつて手の中にあった Ⅲ』
c0138553_17595955.jpg



『かつて手の中にあった Ⅳ』
c0138553_1803497.jpg



『かつて手の中にあった Ⅴ』
c0138553_1821120.jpg



『いつかあなたも私を忘れる』
c0138553_1825152.jpg



『掘る。そして埋める。』
c0138553_1833389.jpg









  やがてひかりがやってきて、全てを優しく包み込む。
  これは私とあなたの秘密。
  私があなたを忘れる代わりに、あなたもこの町を忘れるといい。
  大丈夫。死にはしない。
[PR]
ドーン。
c0138553_8274945.jpg

2012年カレンダーのパッケージでございます。
はい、ついにやっちまったよ...という感じで楳カレンダーを作りました。親バカも思えば遠くへ来たもんだ。殆ど開き直りですが、思った以上に可愛く、かつ侘び寂びのある(?)仕上がりになったと思います。中身を例年の半分サイズにしたのでちょうど手のひらに乗っかる位でしょうか。


見てる!全員こっち見てる!
c0138553_8332827.jpg

と、お客さんにガンを飛ばすこと請け合い。ケンカにならない事を祈ります。というより夜回り先生の気持ちになって、この猫の日頃の不平不満を聞いてあげてやって欲しい。そんなカレンダーです(どんな!)。

お披露目は11月になると思います。と言いつつ、ちょこちょこ出回るかもしれませんが。「テレプシコーラ」の須藤美智子ばりに我が子で稼ごうなどというダメ母ぶり。楳がグレるのも無理はない。助けて夜回り先生ッ!(もういい)

ぼちぼち営業しないと...







ドーン。(本物)
c0138553_9591744.jpg

[PR]
c0138553_218329.jpg

紙版画はがきを置いて下さっている下北沢のシマシマヤトーキョーさんに追加で少し(ホントに少し...トホホ)作品を発送しました。
少し前にココに載せた「りんご」の他にも作っていた「コーヒー」モチーフ。あ、上に載せた画像のものはもう売れてしまったものなんですが、今日発送したのは別バージョンになります。
下北沢散策に行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

前の日記に書いた土の記憶さんにも昨日「器」モチーフを納品させて頂きました。
いつものブルーを使ったものや、
c0138553_21163924.jpg

c0138553_21174832.jpg

黒とセピアの渋めの雰囲気のものも。
c0138553_21183438.jpg

明日から始まる原田晴子さんの展覧会中も飾って頂けそうで恐縮ッ!
原田さんの作品、展示作業の合間に少しだけ拝見させて頂きましたが、とても素敵でした。改めてじっくり見に行くのが楽しみです。お近くにお越しの際はこちらもぜひ。
[PR]
c0138553_19325487.jpg

ここ2〜3日、喉の調子が悪い。ぶり返した暑さに耐えかねて保冷剤を抱いて寝たせいだろうか。どうも喉が痛いと思った翌日から、今度は咳が出始めた。で、今日は午前中(!)から高円寺「座」で開催されたビアテラスで色んな国のビールを呑み、料理を食らい、たいそう楽しく過ごしたのだけれど、夕方帰路についたあたりからいよいよ声が出なくなってきた。喉の不調時にアルコールはマズかったか...。明日の朝には「息」しか出なくなっている予感である。

本題。
青森出身でありながらモチーフに選んだ事が無かった「りんご」の紙版画絵はがき他数種類を下北沢にあるシマシマヤトーキョーさんに納品してきました。今後も楽しみな催し盛り沢山です。下北沢散策の際はぜひ覗いてみてください。

それと最近試しにこんなポートフォリオを作ってみました。新作が出来たら少しずつアップして行こうと思います。
[PR]
随分前の物になってしまいますがいくつか。
既に阿佐ケ谷の『土の記憶』さんにてお買い上げ頂いたものもありますが、先日青いインクを使ったシリーズ(画像のものとは違います)を新たに納品済みですので、もしお近くにお越しの際はぜひ寄り道してみてください。

c0138553_9293231.jpg


c0138553_9323995.jpg


c0138553_9303011.jpg


c0138553_933481.jpg


c0138553_93504.jpg

[PR]
c0138553_21464510.jpg

『雨の日は、手紙を書く。』展に納品予定の葉書。
1つ1つの版を置き換えたり、詰めるインクを変えたりすると、色んなパターンの作品を作れるのが紙版画の楽しいところだなあ。ちなみにこの画像は今回刷った6枚の葉書をくっつけたものだけれど、小さめの版だったもので6枚刷ったら力尽きました(大げさなー)。

雨を楽しむ催し、お時間がありましたらぜし。
[PR]
c0138553_1075951.jpg

「あ、そういえば」という感じで、ご紹介し忘れていましたが、『雨の日は、手紙を書く。』展のDMはこんな素敵な雰囲気に仕上げて頂いたのでした。作品をデータ納品して、その日中の印刷入稿という早業をやってのけたのはシマシマヤトーキョー店主・ヒロミさん。いやー仕事の速い人って素敵。元の作品の泥臭さをいい塩梅に中和して頂き有り難やー。やはり焦げ茶は大正解でしたなー。

ちなみにこちらが元になった紙版画。
c0138553_1018261.jpg

こうして改めて見ると少し冷たくてハッキリした印象。刷ってる時は大分モヤモヤとした印象だったのに我ながら不思議。既にDMの方が目に馴染んでいるからか。

こんな風に自分の元を離れてから、誰かの手によって少し違う顔になって戻って来た作品を出迎えるのは楽しい。大学進学で東京に出た息子が初めて帰って来て「あら、何だか顔つきが変わって頼もしくなった」と感慨に浸る母の様な気持ち。かどうかはわからんですが、自分だけではどうしたって偏ってしまうもの。こんな風に新しい空気を吸えるというのはやはり嬉しい。逆に他人の作品に手を入れるという事のプレッシャーたるや、そらもう胃がいくつあっても足りないくらいだろうと思う。まあ、中には無慈悲なデザイナーさんもおられますが、殆どのデザイナーさん達を私が尊敬するのはそういう所もある。デザイン科卒のくせにセンスゼロな身としてはなおさらに。


さて、今日もパッとしない天気ですが、日向の楳画像でもひとつ。働くの嫌になるけどね。
c0138553_10311197.jpg

[PR]
c0138553_11395423.jpg

て、馬鹿な名前付けてみたですよ。そうやって自分をアゲていきたいの。

目前に迫ったシマシマヤトーキョーさんでの『雨の日は、手紙を書く。』に出展する用に刷りました。
1個前の日記で『今回は「道具」をテーマに作ってる』と言ってたっけなー私。乙女心となんとやらです。1ミリたりとて乙女じゃないという事実は高ーい棚に上げ切って。まあ、オマケ的に考えて頂ければ幸いでございます。

いやしかし、雨の日に猫と過ごす部屋の中って良いのですよな。むぬ凄く自堕落で甘美な時間です(うんうん、と頭を振る知り合い猫飼いの顔が今6人くらい浮かんだ)。
それで、せっかく古道具さびさびさんも参加される事だし、いつもの楳ポストカードとは何か雰囲気の違うものを、と思って作りました。元々古道具とは相性が良い紙版画ではありますが、大きさも昔のポストカードのサイズにして、初めて紙も染めてみました(まーこれが楽しくて困った。家中の紙を染めたくなった。)
紙版画は別々の版を組み合わせたり、そのレイアウトを変えたり、インクの拭き取り方によっても1枚1枚の刷り上がりの表情が変わります。実際に目で見てお好きなものを選んで頂けたら嬉しいです。

今回色々制作していく課程で、新たな発見が多々あり、今後の制作への光が見えた様な気がしました。大げさではなく。そしてやっぱり版画は面白い。

さて、搬入までラストスパート。
[PR]