カテゴリ:◎お知らせ・展示など( 162 )

c0138553_947392.jpg

最近、よく思う事がある。
人はそんなに単純じゃないよなーと。

私はイラストレーターという職業を生業とさせて頂いておりますが、それはもう色々なお仕事をさせて頂く訳で、思えば最後のアルバイトを辞めた(首を切られたか?)12数年前の春、細々とフリーランスとしての生活をスタートしてから、様々な要望に出来る限りお応えしようとやっているうちに、様々な画風を描くようになっておりました。なにせご飯を食べねばならないため、必至でありました。まあ、今もそれは全く変わらないのだけれど。一時はこんな散漫な状況でいーのだろうかと、「画風」つーものを確率しなければ、このまま器用貧乏で終わってしまうのではないかと、自分の描きたいものとソレとの間に生まれる矛盾に頭を抱えた時期もあった訳ですが、今思えば何を悩んでいたのやら、という気分です。それも若さか。

私という人間は、そんなに単純じゃない。いやいや、もっと言えば人は皆、そんなに単純じゃない。何をするにも矛盾だらけ。あれもこれも全部私が描いたもの。他所からの要望に応えたものもあるかもしれないが、それも全て私の中から生まれたものに変わりは無いではないか。「ほんだし」のこはるも、学習雑誌の中学生も、経済誌のアナリストも、合コンOLも、風俗嬢も、枯れたサラリーマンも、ギラギラのヤクザも、絵筆や版画で描いた人や物たちも、このマウス絵も、日々書き連ねる駄文も。さらには下世話な芸能情報も、お堅いドキュメントも、エコも、体に優しいご飯も、ジャンクフードも、気持ちの良い音楽も、見たら重たい気分になる映画も、大雑把も、神経質も、優しくて、腹黒い気持ちも、一見バラバラの様でいて、全部繋がっているのですね。私という雑多な人間で。それで良いのじゃないか。そうでなけりゃどう生きるというのか。得手不得手はあるけれどそれもまた一興。

あー雑多で良かった。雑多バンザイ。ビバ雑多(濁点多いな)。
今はつくづくそう思う。いや、もっと雑多になりたいとすら思ってしまう。矛盾も含めて。それがどうだというのかと、まあ、それを人は「開き直り」というのかもしれないけれど、自分の中ではどこか筋が通っていて、そうやって、たぶん私は私という人間のバランスを取っているのだと思う。あ、この書き方、若い美大生みたいで、ちと気持ちが悪い?うへー。

そんな雑多な私とみずたま雑貨店さんによる展覧会ももう間近。
みずのそらのサイトでも告知が始まった様で、むー、いよいよかーという気分です。いかん、鼻息が。こういう事書いているから、「この人大丈夫なの」と思われるんです。でも、それが私。全部私。ごめんなさい。でもぜひ観に来て下さい。

c0138553_9221788.jpg

_____________________________________

坂本千明(版画)+みずたま雑貨店(古道具)二人展
『 日 々 刻 々 』 
 〜通り過ぎた時間、これから刻まれる月日。そこにいる知らない誰かを想う、そんな9日間。
ギャラリーみずのそら

2009.2.7(土)〜15(日) 12:00〜19:00(会期中無休 ※最終日は18:00まで)
*2.11(水・祝)料理家・山戸ユカさんの1日限定cha.na食堂をオープンします。
こちらは特に予約制ではありません。
_____________________________________

雑多雑多雑多ッタ〜。お一つクリックよろしくお願いします。


追記:先ほど、ユカさんと2人で、みずのそら打ち合わせに行ってきました。
11日のcha.na食堂以外にも、全日テイクアウト用のお菓子を販売して頂ける事になりました!
いやっほー。
思いっきり忘れていましたが、期間中はバレンタインなる日もあるじゃありませんか。
女子たちよ、美味しいお菓子を買うが良いよ。
定食もとーてーもー美味しそうです。今からお腹が鳴っています。ふっふっふ。
当日、定食はおそらく30食ほどのご用意となると思われます。
座席数も最大20名程度となっておりますので、お待ち頂く事もあるかもしれませんが、
沢山の方にユカさんの美味しくて、体にも優しい、満腹満足なごはんを味わって頂けたらとても嬉しいです。
また、詳細(メニュー内容など)は随時ココでもお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いします!
[PR]
c0138553_14183180.jpg

年末からずっと気になっている事があった。
新しいスケジュール帳の1月(つまり今月)のページに、謎の書き込みがあったのだ。24日と25日に渡って、

「大石さん ランチ」

と殴り書きされている。それもかなり乱暴な殴り書きっぷりなので「夫石さん」にも「も石さん」にも見える。たぶん(というか絶対)書いたのは私なのだが、全く心当たりがない。「大石さん」という知人(ランチをしようってんだから、そういう仲だと思われる)も居ない。「夫石さん」という「戦地に行ったまま戻らぬ夫を想い、待ち続け、ついには石になってしまった妻」的夫婦愛な名前の人も居ない。て、それじゃ「妻石」か。もちろん「も石さん」さんとなると何者かすらわからない。「藻石さん」かな。わー何か湿ってるー。
とにかく私は私の知らない間に誰かとランチの約束をしているのだろうか。それを丸ごとスカッと忘れているのだろうか。これ、いよいよ痴呆じゃないか。

で、昨日謎が解けました。コレです→『寒に温知る季の昼膳』
c0138553_14295699.jpg

料理家のOUCHIさんがギャラリーみずのそらでの予約制のランチイベントを開催されます。日取りは2009.1.24(土)-25(日)と見事にビンゴ!!!
昨日、みずのそらに打ち合わせに行って、この話題になり、そういえば以前同じ状況で自分がスケジュール帳に書き込んだのを思い出し、「んああ!!」と感嘆の声を上げてしまった。良かった。いや、良くないか。誰だ大石さんて。おそらくオーナーさんの「オーウチさんがねー」と話していたのを、聞こえるままに書き写そうとしたのだろうけど。なんか、何処までもテキトーだな、自分。しかもそれを忘れて、誰かとの約束をすっぽかす事になるのではと、ちょっとドキドキしていたりして。何せ時間も場所も書いて居なかったので、当日、その「大石さん(?)」が、なかなかやって来ない私を待ち続けてさー、一人でイライラしながらさー、ついには石になってしまうのさー、いつの間にやらその石は人々の待ち合わせのランドマークになりましたとさー、とか面白妄想に励んでいたのだ。ハチ公か。テキトーだなあ。妄想でもゴメン、大石さん。そしてOUCHIさん、本当に失礼しました。

当日は美味しそうな和風ポトフが頂けるようです。
一人前2300円で、まだ予約を承り中だそうです。坂本は展覧会準備のため、残念ながら行かれないのですが、先日梅田香奈ちゃんの展覧会中に頂いたOUCHIさんのデザートも美味しかったです。ご興味のある方はぜし。→ご予約は 070-5581-9669まで。

話は全く関係ないが、我が家の隣にあった駐車場が、突如有料駐車場化の工事が始まって、朝っぱらからコンクリートを削ったり掘ったりで大変うるさい。まあ、それは一時のことなので我慢も出来たが、何と、我が家のベランダの真ん前に、真っ黄色の鉄柱がデーン!とおっ立ってしまった。最悪の景観。夕暮れの景色がたった一本の柱で、ここまで壊されようとは。これが持ち家だったら泣く。賃貸でもこんなに悲しいのに。
c0138553_1419127.jpg


さらに関係ないが、先ほど家人とランチがてら、近所の自転車屋巡りをしてきた帰り道、後方から馬鹿でかい声で会話するオバハン2人の話し声が近づいてきたなと思ったら、見事なまでに声から想像したイメージと寸分たがわぬ、その世界ではピラミッドの頂点に位置しそうなオバハン2人組が、ママチャリで我々を追い越していった。
縦に並んで走りながら「何処の喫茶店にする〜?」「そーねー」とかなんとか言いながら。おそらくその喫茶店で4時間は潰すんでしょうな。目に浮かぶ。いや、実に良いものを見たな。
さて、昨日みずたま雑貨店のチエちゃんからお預かりしてきた古道具達を使って、コラボ作品を作らねばならんのだ。それと版作り!

展覧会まで20日を切りました。お一つクリックよろしくお願いします。
[PR]
c0138553_1165580.jpg

絵日記ではなく、本日は告知です。
これまでちょろちょろ触れてきましたが、来年2月真冬まっただ中、二人展を開催します。
今から客足を気にしながらも、いっそ雪でも降ったらいいなあとか思っています。

今回、古道具担当のみずたま雑貨店さんは、女性らしさの中にもキリッとしていて、
甘すぎない(ここ、重要だと思うのです)雑貨を沢山取りそろえてくれそうです。
私も現在版画制作真っ最中。
長い時間を経た道具達と、どこまで共鳴しあえるかが、今回の私の課題です。
力みすぎてもイイ事なしの私なので、今回は平常心でがんばりまっす。ふぇへへへ(力まなすぎ)。

ちなみにDMに使用したのは紙版画の「版」で、版自体がとても魅力的だったりします。
会期はまだ少し先のお話なので、皆様の記憶の隅っこに、ちょこっと引っかけて頂けていたら嬉しいです。
そのうちウザくなるくらい告知をたたみかけると思いますが、どうぞ宜しく。
_____________________________________

坂本千明(版画)+みずたま雑貨店(古道具)二人展
『 日 々 刻 々 』 
 〜通り過ぎた時間、これから刻まれる月日。そこにいる知らない誰かを想う、そんな9日間。
ギャラリーみずのそら

2009.2.7(土)〜15(日) 12:00〜19:00(会期中無休 ※最終日は18:00まで)
*2.11(水・祝)料理家・山戸ユカさんの1日限定cha.na食堂をオープンします。
こちらは特に予約制ではありません。_____________________________________

オマケは版画の版達。
c0138553_11124094.jpg


どうぞお一つクリックよろしくお願いしまっす。
[PR]
c0138553_12252367.jpg

ついに昨日、ヴィレッジヴァンガードが高円寺にオープンした。
c0138553_13212634.jpg

ついにと書く割には、オープン日を当日知ったくらいなのだけれど、夕方家人との待ち合わせのためふらりと中に入ってみたら、もう大変だった。眩しい。蛍光灯もさることながら品揃えが眩しい!アドレナリン上昇に伴い身震いした。やっぱりすげーよヴィレヴァン!いや、ヴィレヴァンが凄いことはわかっているが、「高円寺に出来た」という事の重大さを、そこに一歩踏み入れてようやくわかった。どうなる我が家のお財布。それよりどうなる高円寺文庫センター。

私の地元のジャスコに、ヴィレヴァンとタワレコが入った時の、「これで都会と大差なく音とサブカルを入手出来る!」と諸手を挙げて喜ぶという感情とは訳が違った。もう電車に乗って大きい本屋に行かずともいいのだ。ついでにCDも、ちょっとした誰かへのプレゼントも、駅までの道中に買えてしまうのだ。べ、便利〜〜〜〜〜!嬉しい!すんごく嬉しい!
という気持ちに引っかかる、何か後ろめたい様な感情。文庫センター、大丈夫だろうか。ヴィレヴァンオープンにより受ける影響は相当なものに違いない。
何しろこれまで、フラッと本を買いに行くのは殆ど文庫センターだった。オーソドックスな本はブックスオオトリで済ますことも出来たが、サブカル系となると文庫センターに頼らざるをえなかった。店面積に対しての品揃えの良さ(私的に)が売りの本屋であったが、しかし、もう事態は急変してしまったのだ。

例えば文庫センターで『漂流教室』の豪華本が1セット(たまに歯欠け)で売られていたのに対して、ヴィレヴァンはどどーんとまとめて数セット置いてある。物によっては平積みになっているのだ。欲しい本や気になっていた本を高確率であっさりと買えてしまう在庫。しかも24時まで営業。さらに我が家から徒歩 5分。恐ろしい事である。人は幸せ過ぎると怖いと感じるのですね、お母さん。

とにかく、我が家とは反対側の商店街にある文庫センターまで、通わなければならない理由が、突如無くなってしまったのだ。コミュでも書き込まれていたそうである。「これで文庫センターの意味が無くなりましたね」と。むしろこれまであまりに高円寺の本屋は手薄すぎたとも言えるが、しかし、高円寺の名物ともいえる文庫センター(まあ、引っ越す前の元々の文庫センターの方が断然好きだったけれど)の行く末を案じながら、目の前に広がる眩しい光景に脳が汗をかいていた。

文庫センターには潰れて欲しくないけれど、そう都合の良い事を思いつつも、たぶん今後、我が家がお金を落とすのはヴィレヴァンになってしまうだろう。うーん、複雑。
しかし、ヴィレヴァンも油断は出来ないらしい。旧テナントLAOXの前はTSUTAYAだったりもして、どれも撤退している場所ではある訳で、好立地というだけで、上手いこと転がせるという訳でも無いらしい。しかし、生まれ変わった店内を見て、つくづくLAOXは、広大な店舗を無駄な使い方をしていたのだなあ、と思った。

さて昨日は、開店直後のタワレコで空気公団の新譜を買って、その足で山田美容室で髪を切って、カラーもやってもらい、その後、浅草橋のシモジマでカレンダー用のパッケージと、食品用パッケージ物色。
c0138553_12255023.jpg

先日、ここで女衆による秘密の会合の事を書いたけれど、実は、おにぎりユニット「MNO」が結成されたのであります。メンバーは色々な分野で物作りをしている人々。来年イベント出店をめざし、ケータリングなんかも視野に入れ、現在試作試作の日々。採算は取れるのか?それとも単なるお祭りか?いい歳こいた女衆による、低血圧ながら沸点の高い決起。ともかく何とか上手く転がっていくと良いですな。
という事で、一心不乱に撮影していたのは、それぞれが持ち寄った具材で握った「おにぎり」でした↓
c0138553_1227446.jpg


<MNOのメンバー>
陶芸:シミズナオコ (工房くらげ)
ガラス:kana (sci-fi)
歌:Hiroco (ずんべらぼう)
料理:yayo
絵&物 :kazue (Hasu no hana)
イラスト:坂本千明(quioque studio)


さあ、空気公団聴きながら仕事仕事。

オススメおにぎり具材情報募集しつつ、クリックお一つよろしくお願いします。
[PR]
c0138553_17184157.jpg

昨日は夜中に何度も目が覚めた。
寝る前に、いつからか放置されたまま、消費期限切れしていた某液体滋養強壮剤を捨てた際、鼻の内側の粘膜に、ニオイの微粒子が付着してしまったか?という位、甘いような苦いような塩辛いようなゴムが焼けた様な不快なニオイにつきまとわれた。簡単に言えば「猛烈に臭かった」。しかし、家人は全く気にならない様子だったので、やはり微粒子が私の鼻の粘膜のみに付着したのかもしれない。それとも幻臭(そんなもんあるのか知らんけど)?
とにかくそのニオイのせいで、内容までは覚えていないのだけれど、嫌な夢も見た。暗闇で目を開けたら、異様に体が熱かった。寝る前ほどではなかったものの、ニオイはまだかすかに感じられた。鼻にティッシュを詰め込んで寝ようか、鼻の穴を洗ってやろうかとも思ったけれど、その気力すら奪われた。
臭いっていうのは、凄い力を発するのだな。というか、滋養強壮剤って、何入ってんの。戦地でこの滋養強壮剤をばらまいたら、皆戦う気など失せるな、きっと。確かそういう兵器も実際にあったはず。とても平和的な方法の様だが、何とも間抜けだ。(戦地でクサイクサイと身もだえる兵士達を想像)

朝起きても、まだわずかな残り香があったので、消臭効果のありそうなものを試したが、今ひとつドッカーンと効果を感じられないので、臭さを上回る強力なイイ匂いを充満させてみよう!と思い立ち、マクロビレモンケーキを焼いてみた。ようやく鼻腔の警戒態勢解除。イイ匂いの微粒子をガンガン吸い込む。このケーキは、以前、料理家・山戸ユカさんの料理教室で習ったもの。簡単なのにとても美味しいのである。

先日チラリと書いたけれど、このユカさんが2月の西荻での二人展にて、1日限定Cha.na食堂をオープンしてくれる事になりました。イヤッホー。そもそも二人展メンバーのチエちゃんと知り合ったのが、この料理教室だったし、もうこれは、ユカさん以外にいない!と図々しくお願いしたのである。
さらにさかのぼると、私とユカさんの出会いは一年程前、たまたま彼女がお手伝いされていたお友達のショップ(我が家から徒歩5分の場所にある)に、私がフラフラと客として行った事がキッカケだった。何でそんな話になったのかは、もう覚えていないけれど(あ、でも自分がスッピン+ずさんな格好をしていて、試着を諦めた事は覚えている…恥)その時、彼女が料理家さんで、菜食和食中心の料理教室をしていると知ったのだった。普段、腰の重たい私なれど、何故かその時は恐ろしい早さでもって、料理教室の門を叩いた。というと大げさだけど、不思議なほどトントン拍子で習わせて貰う事に。
私は菜食という訳ではないものの、年齢のせいか、ここ1〜2年で野菜と和食の美味しさに目覚めはじめ、しかし自前レシピは超マンネリ化していて困っていた時で、これはまさに渡りに船という感じだったし、レシピだけではなく、面倒と思わずに丁寧に、手際良く、ちょっとしたアイディアを生かして、葉っぱから根っこまで無駄なく使うユカさんの姿勢は、なまじ主婦業10年選手の私にも、毎回目から鱗な事ばかり。初めて使う食材も多く、我が家の食卓に新鮮な風が吹き込まれた。丁寧なのに、あっちゅう間に出来てしまうのも素晴らしい。そして、このての料理につきまとう「体に良くても味気ないじゃん」という大問題(これホント重要)は、自他共に認めるユカさんの食いしん坊力のお陰で、皆、見事に美味しいのだ、これが。
Cha.na食堂では、体に優しい定食や、スイーツ、オリジナルドリンクがお目見えしそうです。何せ真冬も真冬開催なので、はるばる来てくれた方々が温まってもらえる様な1日になれば良いなあと思います。どうぞお楽しみに。というか、私もかなり楽しみなのだ(食べる気満々)。またDMなど完成したら、詳細お伝えします。

明日は町田の工房で版画作業日なので、今日の午前中はみっちり版を作って、ランチ後は高尾山筋肉痛をほぐすべく久々にウォーキング。ゆら帝を聴きつつ、紅葉の阿佐ヶ谷住宅散策。秋の阿佐ヶ谷住宅も良いですね。青梅街道沿いの銀杏並木はまだ緑だった。五日市街道沿いのインドネパール料理屋が猛烈に気になる。散々歩いて、最後に『沖縄倉庫』でハンダマ(写真左中央の表が緑色で裏がきれいな紫色の野菜。)を初めて買ってみた。さて、どうやって食べようか。
c0138553_1725383.jpg


その前に焼き上がったレモンケーキ頂きまっす。
c0138553_17185434.jpg


あとオマケ写真の本日のおにぎり。
c0138553_22544377.jpg

とんぶりご飯に梅投入。醤油漬けした大葉乗せ。大葉は刻んで混ぜた方が良かった模様。
とんぶりの下味にも要改良。

 今は爽やかなレモンの匂い包囲中。お一つよろしくお願いします。
[PR]
c0138553_0202795.jpg

レイの命はあと2日。
あ、いや、ニゴジュウ展@リトルコ(http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html)もいよいよあと2日。って思ったら、昔見たアニメ『北斗の拳』の次回予告のケンシロウの一言を思い出した。ああ、塩沢兼人(レイの声優さん)もう亡くなってしまったんだよなあ。全くしみじみするぜ。

私の雨女力(うめりき)を余す事無く発揮してしまったこの土日も、沢山の方々に足を運んで頂き、まことに有り難うございました。いや、本当に感謝です。この感謝をどう表したものかと思いますが、内気なとうほぐ人+公家顔のせいで、表面上あまり伝わっていないかもしれないけれど、町中を逆立ちしたまま、ラブラブアイラビュー叫んでもいいぜーなレベルで有り難いと思っております。って言われてもねえ。

しかし、こうも毎晩外食していると、食い意地の張った我が胃袋もさすがにお疲れのご様子(ならば、かき揚げそばとか食べなきゃいいのだけれど、空腹は確実にやってきて、そして負けてしまうんだよなあ)。毎晩外食している人は大変だなあ。相当に強靭な胃袋でないとなあ。と感心すると同時に、毎日着ていく洋服を選ぶ事の大変さよ。みんな毎日本当に偉い。日々、ずさんな部屋着で朝から晩まで過ごしている身としては、ともすれば上から下まで「ボーダー」という無意識と、あきらめと、油断による暴挙に出てしまう身(天敵は宅急便)としては、この悩ましさは相当なものです。いっそ大好きな事務員制服をネットで買い揃えて、それを着て毎日十条に通うべきだった。と、今さら気がついて歯ぎしり。ちっ。

とにかくあと2日。
やっべ。自由研究終わってねえし。な気分ですが、ご来場お待ちしております。といいつつ、坂本は明日、のっぴきならない理由により、在リトルコ予定午後2時〜となっております。最終日はもちろん終日おりますが、この日だけ19時までとなっておりますので、よろしくどうぞ。
c0138553_0214827.jpg

写真左:意外と好評な私の『OL版画』with工房くらげシミズナオコ作オブジェ
写真右:同じく工房くらげシミズナオコ作キノコ群生オブジェ。

おおっと、これから田中泯さんの『ようこそ先輩』(教育 1:05〜)再放送を見なくては。私同様に見逃した人は見ると良いでしょう。

関係ないけれど、東十条駅に向かう途中にある床屋ディスプレイ。モヒカンも出来るらしいね↓
c0138553_0253174.jpg

[PR]
c0138553_1044452.jpg

当日に言うなという感じですが、ニゴジュウ展(http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html)今日と明日は定休日です。どうぞご注意を。

久々にゆっくり過ごす朝、メダカにエサをやろうと気分よくベランダに出たら、足の裏が「ジュワッチ!」となりました。寝ぼけて裸足だった。ベランダで火傷も出来ちゃう季節到来。
ニゴジュウ展も昨日で無事に日程も半分終了いたしまして、「いよいよ夏休みもあと何日…」とカウントに入る様な、思わずブンブン頭を振って、わざと目線を足下に落としてチビチビと前進しちゃう様な気分になってまいりました。

昨日も色々な方々にご来場頂きまして、誠に有り難うございます。ちなみに連休中に坂本の女系親戚大集合でリトルコカウンター占拠の図。みんなやっぱりどこかしら似ている。↓
c0138553_10441511.jpg

で、今回、私が展示しているのは主に版画で、相当に根暗ワールドを形成しておるのですが、自分が気に入っているものを、自分以外の誰かに気に入ってもらえて、それを私の元から里子に出すというのは何とも喜ばしい事だなあと、しみじみ思います。直接感想が聞けたり、直接説明出来たりというのは、これ、日頃の仕事ではなかなか体感出来ない事なので、やっぱり展覧会というのは凄いですね。

あとね、この2人展のために作ったオリジナル「ひとはしま」手ぬぐいを宣伝しようと、昨日は頭に巻いて接客にいそしんでいたのですが、あまりにマッチングしてしまい(完全に掃除のオバハン化)、逆に誰も気付いてくれないという事態になっておりましたが、はい、手ぬぐい自画自賛発売中です。これからの季節、汗をぬぐいまくりましょう。ヨロシクドウゾー。
c0138553_1044307.jpg


ま、いやらしトークはこのへんで。
昨日、リトルコに向かう前に、オーナー平間さんご愛用&おすすめコーヒー豆屋さんで「マンデリン」を購入。リトルコのコーヒーがあんまり美味しいので、家でも飲みたいと思った訳です。早速、昨夜帰宅後、いつも我が家で飲んでいるコーヒーの何倍も黒々とした豆に驚きながら、いつもより何倍も丁寧にコポコポといれてみたら「おおお。この香りは、まさしくリトルコの香り!!」で、すごーく美味しかったのだけれど「…でも、なんか違うな」「やっぱり平間さんのが美味しいな」というのが私と家人の感想。温度か、豆の量か、一杯入魂の力不足か、まあ、そらもー色々ありましょう。これは今後鍛錬が必要か。 カップの中のコーヒーに「フッフッフッ。当然です。」と笑う平間さんの顔が浮かびました。素直に会期中はコーヒー飲み倒し、カレー食べ倒そう。

さて、本日は仕事です!この緩急が重要ね。でもって、やっと新しいMacを物色に行くのだ。
[PR]
c0138553_136685.jpg

本日『ニゴジュウ』展(http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html)がスタートしました。
レイアウトも何とか落ち着き一安心。雨が降ったり止んだりの変な天気でしたが、色々な方々にご来場頂きました。感謝。
美味しいと評判のリトルコのカレー、ついに頂きました。スカッと爽やかな辛さが私好み。会期中の楽しみが増えました。
で、明日からの連休は、終日リトルコにいる予定です。安近短GWはぜひ十条へ。工房くらげのシミズナオコ共々、お待ちしております。
c0138553_1385230.jpg

[PR]
c0138553_152239.jpg

本日、リトルコ搬入終了。ルーララー。
下準備をあれこれしていったものの、いざ現場で作業となると色々手間取り、大幅に予定時間をオーバーしてしまい、気付いたら日没。アーララー。

おー今日は働いたなあ、と思いつつ帰宅してから、撮ったばかりの写真をチェックしたら、長時間拘束された上に、一番アクロバットな作業をしているのはオーナーの平間サンばかりなのだった(写真右)
c0138553_1523579.jpg

スミマセン、平間サン。ガリガリ君を買って来てくれたり、美味しい蓮茶を入れてくれたり、絶妙なタイミングでパワー補給してくれる学級長の様な平間サンに、色々助けられまくりのもうすぐ37歳多汗(感じゃなくて)な我々でした。 アリガトウ、平間サン。
けれど、3人でガリガリ君をガリガリしつつ、ガリガリしすぎてこめかみキーンと痛めつつ、何て事ないおしゃべりに興じていたら、瞬間、学生時代の放課後の部室の様で、しかも弓道部とか、文芸愛好会(部じゃなくて)とか、そういう(どういう)雰囲気でとても楽しかった。こんな搬入、いいですねい。

さて、木曜日一日仕事に励んだら、いよいよ明後日(あ、日付的には明日か)2日から『ニゴジュウ』展が始まります。ご来場お待ちしております。
※水木は定休日となっていますので、ご注意を!
c0138553_1555260.jpg

_________________________________

『ニ ゴ ジ ュウ』陶と絵 二人展
@リトルコ(http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html)

5/2(金)-13(火) 水・木定休
open 12:00~20:00(最終日は〜19:00)

工房くらげ/シミズナオコ(陶)
blog:http://exkurage.exblog.jp/

quioque studio/坂本千明(絵)
blog:http://sakamoto5.exblog.jp/

※会場の都合上、お花のプレゼントはご遠慮下さい。
_________________________
※今日はマウス絵ではございません。あしからず。
[PR]
c0138553_1510281.jpg

相変わらず早起き継続中。
ここ3日6時起床。朝日が差し込む部屋でアンニュイな目覚め、まどろみってんでしょうか、「…ン…もう朝…?」みたいな、ウィノナ・ライダー的目覚め(どんな)ゼロ。谷岡ヤスジ的目覚め100%。アサーッッッッ!

でね、パソコンが絶不調なんです。
あんなに毎日つるんで、だべって、腹を割ったお付き合いだったのに。突然よそよそしい。なんか怒ってる。えーとえーと私なんかした?買ったばかりだという服に対するリアクションが薄過ぎたか。半分こするはずのショートケーキのイチゴをいきなり食べてしまった事か。他の子と映画行く際、あえて声をかけなかった事か。彼氏の事を「優しそうな人そうだね」って言った事か(嘘でも「カッコいい」というべきだったか)。ザイル(エクザイル)の先行チケットの手数料を払わなかった事か。「なんか太った?」て言っちゃったからか。「なんか痩せた?」って言っちゃったからか。生理か。という女友達同士の付き合いの難解さレベルで、我がMacよ、訳がわからない。ホント、私なんかした?(心当たりありすぎなんだが)

いつフリーズするやもわからないという緊張感の中、仕事と2人展の諸々テキスト準備、そしてどうでも良いこの日記書きを騙し騙し進行。困ったなあ。買い替え時なのかなあ。そんな資本は何処にも無いなあ。パソコンの無い時は良かったなあ…としみじみするのはこんな時。このてのストレスが無かった。何でも自分の体で事足りていた。まあ、便利だなあと思う事の方が多いけれども。


さて、ここまで書くのにも二度フリーズ。またフリーズする前にお知らせです。

一昨日、無事に5月に催す2人展『ニゴジュウ』のDMを発送しまして、昨日「届いたよ」と色々な方からご連絡頂きました。
で、私、会期中の在ギャラリー予定を明記せずにおりまして、というのは私が誰かの展覧会に伺う際、作家の方と遭遇すると妙な緊張をしてしまう質で、あえて不在であろう日に行ってしまう(もちろん絶対にお会いしたい!という方の場合は狙って行きますが)というのもありますが、それよりもその日の「気分」で、フラリとおいで頂ければという意味もあったり無かったり。いや、本当は何も考えてなかっただけですゴメンナサイ。
「で、アンタはいつ居るんだよ」という問い合わせを頂いたので(そりゃそうか)書きますと、基本的には時間の許す限り顔を出したいと思っておりますが、シミズナオコさんと上手いこと2人ローテーションを目指しつつ、2,3,4,5,6のGW中、10,11の土日は確実におります。その他の日も終日とはいかないまでも、調整したいと思っております。ご来場、三つ指付いてお待ちしております。(自分が待ち構えられるのが苦手なくせに。私と同じ様に作家不在の日を狙って、じっくり鑑賞し放題タイプの方は、そのへんを避けておいで頂くというのもありかも?ええー)

えーと、今日が23日。うひゃー。
とりあえず、仕事片付けます。
しつこくサブリミナル。
c0138553_15105569.jpg

http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html

※あ、イラストは日記に関係無し。
こんな時期に限って突如左腕に出現した「しこり」が気になり、念のため昨日皮膚科に行ったら、原因は大した事は無かったのだけれど、サイズを測るのにボールペンで、点線でマーキングされたの図。夏じゃなくて、半袖じゃなくてつくづく良かった。
[PR]