カテゴリ:◎お知らせ・展示など( 161 )

c0138553_17525607.jpg
新作猫はがきのお知らせです。
今回は数が少なくて申し訳ありませんが、下記のお店やギャラリーに納品しましたので、お近くのお店でご覧頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

また昨年末に『いきるもの』展に参加させて頂いた経堂/cafe+gallery芝生さんでも、引き続き常設スペースにて猫はがきや出展作品をお取扱い頂ける事になりました。
またオンラインショップでも作品をご紹介頂いております。会期中ご来場になれなかった方、また遠方にお住まいの方は是非覗いてみて下さいませ。1/8〜19は昨年11月に小説『猫と五つ目の季節』を出版されたばかりの山田稔明さんのカレンダー展開催中ですのでぜひぜひ。

【猫はがきお取扱い店】
東京
西荻窪 ウレシカ
新高円寺 寅印菓子屋 (工房販売日のみ)
町田 雑貨ストアuchida Promenade


青森
弘前 ゆぱんき

岩手
✳︎2月に参加予定の企画展に小さな額装作品、紙モノグッズと共に出展します。もう少々お待ち下さい。

香川
高松 watagumo舎


またまことに恐縮ですが、現在これまで制作してきましたはがきサイズの版画作品(猫や器などをモチーフにしたもの)の価格変更を考えております。理由は様々ありますが、一番は制作が追いつかなくなってしまったことが大きいです。これまでお求め下さった方々には大変申し訳ありませんが、ご理解頂けますと幸いです。
また詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。どうぞよろしくお願いいたします。


明日は楳の命日です。また北で1人、この日を迎える事になりました。3年は本当にあっという間。










[PR]
c0138553_1163494.png
《12/20追記》芝生さんでお取り扱い頂いていた『退屈をあげる』第2刷と2016年楳カレンダーは完売いたしました。有難うございました。『退屈をあげる』の現在のお取り扱い店と在庫はコチラをご覧ください。

めまぐるしかった(あくまで当社比)2015年を締めくくる嬉しい企画展に参加いたします。

随分前にお声をかけて頂いて、そのタイトルを聞いた時からずっと楽しみにしていました。
壮大で漠然としていて、おそらくそれはずっと捉えることはできないものだろうけれど、たぶん今後も私が対峙し続けるテーマとなるかもしれません。
て、またまた猫を描いた訳ですが、猫は私にとってそのまま「いきるもの」であり「いきること」であり、やはりどうにも捉えることのできない謎の存在ですから。

参加される作家の皆さま、憧れの方々ばかりで、緊張でポワーンと頬を赤らめておりますが、とてもとても楽しみです。
私は全て新作の額装版画6点(多くはないですが全てシート販売もあります)、新作猫はがき、紙ものグッズ、お久しぶりのりんごはがきや芝生5周年記念(?)ロール芝生はがきなど出展いたします。
それからカレンダー展に引き続き「2016年楳カレンダー」や過去作はがき、既に通販分は締め切られていますが「退屈をあげる」も少し並びますよ。(おかげさまで第二刷も既にお取り扱い頂いているお店に並んでいる分で完売となりますので、この機会にお求め頂けたら嬉しいです)。

師走の慌ただしい中とは思いますが、ご高覧頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!
(在廊予定などは改めてTwitterでおしらせします)
______________________________
c0138553_1050584.jpg

c0138553_10512669.jpg

冬の芝生展 いきるもの

2015.12.18fri. - 12.27sun.
13:00-19:00(展示最終日は18:00まで)
会期中休み:12/24thu.

東京/経堂 cafe+gallery芝生
156-0052 東京都世田谷区経堂2-31-20
tel 03-3428-5722

うえのけいこ
落合恵
坂本千明
ザ・キャビンカンパニー 

・・・・・
それぞれの形で生きるものへの想いを持ちながら制作活動を続ける4組の作家たちによる作品展です。
野を歩き、地に育ち、家族として、そして空想の中にいるいきものたち。
それぞれの生きている姿をご覧ください。

作品がのびのび生息する場所になれば、と続けてきた芝生5周年の今年を締めくくる記念展でもあります。


______________________________

[PR]
c0138553_16473561.jpg
大変遅くなりましたが『猫の恩返し返し』展/ウレシカ、無事に終了いたしました。
会期中は多くの方に足をお運び頂き、沢山の版画の猫たちが巣立って行きました。本当にありがとうございました。
私の東京滞在日程の都合で会期の前半数日しか在廊出来ず、せっかくご来場くださったのにご挨拶出来なかった方々には大変失礼いたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

今回展示・販売いたしました私の猫版画作品とサノアイさんの額の売り上げの一部に、寅印菓子屋・小嶋恭子さんからの寄付を合算した70,000円を、福島の原発事故後に取り残されたどうぶつたちの保護や給餌活動、また保護後のケアをするシェルターを運営されている福猫舎さんに寄付させて頂きました。
これからやってくる東北の厳しい冬に向けて、少しでもお役に立てたら幸いです。

また、日頃から感謝してもしきれない猫という存在に、ほんの少しでも恩返しする機会を頂けたのも、お買い上げ下さったお客様はもちろん、今展示開催にご快諾下さったモデル猫の飼い主の皆さまのご協力のお陰であります。そして多忙の中、猫たちに素晴らしい額を作って下さったサノアイさん、かわいく美味しいお菓子を焼いて下さった小嶋恭子さん、貴重な場を与えて下さったウレシカのカマタさん、ダイさんにも心から感謝します。皆さま、本当にありがとうございました!

これにて『猫の恩返し返し』はファイナルです。
これからも猫たちに幸あれ!!
c0138553_16490635.jpg

[PR]
c0138553_21472118.jpg
先ほど無事設営が終わりました!
画像はサノアイさんが今回展示する30匹の猫版画のために作って下さった表情豊かな素晴らしい額(圧巻!!)との組み合わせにあれこれ悩んでいるところ。悩むと言っても「この子、この額ぴったり!」「あ、こっちでも可愛い!」とかやっている訳なので終始ニヤニヤが止まらない楽しい作業なのでした。
私がボエエーとしている間に、サノさんやウレシカのカマタさんがサクサクと作業を進めてくれていて、私は額に入った途端、俄然生き生きとしだす猫らに見惚れ、母猫の気持ちで密かにウルウルしておりました。(ダメじゃん)

改めてこの様な展示の機会を頂けた事と、多忙の中大変な作業を引き受けて下さったサノさんに、そして今一生懸命お菓子を焼いてくれている寅印菓子屋さんに感謝であります。

『猫の恩返し返し』展、いよいよ明日から始まります。
私もオープンから在ウレシカ予定です。その後の在ウレシカ予定は随時Twitterなどでお知らせいたします。
昨年の『ペットショップにいくまえに』展で大好評だった寅さんの「猫柄パウンド」や「毛玉と肉球」(すだちとフランボワーズ味のマシュマロ)などのお菓子も復活しますよ!ご来場お待ちしておりまーす!
c0138553_21363408.jpg
----------------------------------------------------

坂本千明『猫の恩返し返し』展
c0138553_21415177.jpg


2015.10.15.(木)~10.26(月)
*20(火)休み 
open 12〜20時
ウレシカ1F展示スペースにて
167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-9
TEL:03-5382-0599
⭐︎版画は額装作品の一部を除き販売します。(シート販売もございます)
売り上げの一部は動物保護活動をされている団体へ寄付させて頂く予定です。
------------------------------------












[PR]
c0138553_14034080.jpg
c0138553_14043734.jpg
二つ前のブログで、10月は無茶を承知で2つの展示があります、とお知らせしましたが、急きょもうひとつ、小さな展示をさせて頂く事になりました。昨年「鵜の森文庫」という企画展で『退屈をあげる』の原画を展示して頂いた鵜の木Hasu no hanaさんのshopスペースにてこじんまりと。

ご近所にある 昭和のくらし博物館にて開催される『南伸坊の昭和なねこ』展とのHasu no hanaちょこっと連動展という事で、恐れ多くも私の猫はがき、猫の紙ものグッズ(画像のメッセージカードやブックカバーなど)、そして少部数になりますが『退屈をあげる』も販売させて頂きます。 ✳︎ミニミニミニ展示での『退屈をあげる』販売分は完売いたしました。
猫好きな方はハシゴをオススメします。(2会場は定休日が異なるため事前にご確認くださいませ)

Hasu no hanaさんは自家焙煎のコーヒーや自家製お菓子もとても美味しいのですが、会期中は猫型クッキーが登場するそうですよ。
そして展示スペースではマダジュンコさんの個展『泳ぐ』が開催されますので、合わせてぜひ。

------------------------------------------------------------------
2015年10日2(土)~11月1日(日)
水木金土日オープン
入場料/大人500円 小学生のから高校生までは300円

【昭和なねこ連動展】
2015年10日10(土)~18日(日)
オープン/月・火・土・日 12:00~18:00
水・金 15:00〜22:00 (定休日:木)
Hasu no hana shopスペース
146-0091 大田区鵜の木1-11-7
※東急多摩川線「鵜の木駅」下車1分。
入場料/展示スペース300円(shopスペースは無料です)
※作品購入の場合は、入場料を返金いたします。
-------------------------------------------------------------------------


[PR]
c0138553_11363843.jpg

c0138553_11372763.jpg

このところひたすら猫のモチーフを刷り続けていて、すっかりご無沙汰していた器をモチーフにしたシリーズの新作がようやく出来上がりました。
阿佐ヶ谷の土の記憶さんからリクエスト頂いていたコーヒーサーバーを配したシリーズと、いつもの色々な器のシリーズです。刷る度に1つ1つ版を並べて、乗せる色も変えたりしているので、全く同じというものはありません。お好みの1枚を手にして頂けたら嬉しいです。

<お取り扱い店>
東京
阿佐ヶ谷 ZAKKA 土の記憶 *店頭販売中
経堂 cafe + gallery 芝生 *8/20まで夏休み。店頭販売はそれ以降となります。

⭐︎芝生さんでは今日9日まで蚤の市開催中!同じく経堂のハルカゼ舎さん、stockさんとの連動企画すずらんデパートもやってますよ。


それから少し懐かしい作品も展示販売して頂けることになりました。
c0138553_11380129.jpg

c0138553_11383204.jpg

既に「箒とハサミ」は売約済になりましたが、「歯車」「食器籠」はまだあります。

<お取り扱い店>
東京
阿佐ヶ谷 CONTEXT-ing

これまでのCONTEXT-Sの常設営業が陶芸家である駒ヶ嶺三彩さんプロデュースという形で『CONTEXT-ing』と銘打ち、毎月6日ほど不定期オープンするそうです。様々な作家作品や雑貨、古道具が展示販売されます。詳細はCONTEXTのブログ か駒ヶ嶺さんのTwitterアカウント をご覧ください。
ちなみに8月は10日(月)まで営業。9月は3(木)〜8(火)の予定です。9月は寅印菓子屋さんの出張喫茶105号室も開催されますよ。


そして坂本は今日からまた北上です。
愛しい猫たちと離れ離れの生活が実に心元ないものですが、『退屈をあげる』の二刷販売の準備や、10月に予定しているミニ展示2つを楽しみに頑張る所存です。
どうぞよろしくお願いします!

[PR]
c0138553_17215157.jpg
ようやく新作猫はがきが完成しました。
最初の画像は我が家にやってきた頃の墨を刷ってみたものです。今回は22種類の楳煤墨です。
実家に小さなプレス機を導入したものの、なかなかコツがつかめず、たいそう苦労していますが、それでも全く刷れないストレスからは少し解放されました。

下記のお店やギャラリーに青森より既に発送済みです。
弘前ゆぱんきさんにはもう到着したそうです(さすが県内!)。その他の地域にも今週末までには到着すると思います。各店舗、ギャラリーの営業日は各サイトをご確認ください。今回もあまり沢山刷る事が出来ませんでしたが、お気に入りの1枚を選んで頂けたら嬉しいです。

また現在開催中の国分寺くるみギャラリーさんで販売しているものとは別のシリーズになります。お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。くるみギャラリーさんでの『箱+』展は26日までの開催です。最終日は17時まで。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

今回から岩手県盛岡市のshop+spaceひめくりさんでのお取り扱いも始まります。
北往復生活のお陰か、東北でのお取り扱いが増えて有難い限りです。盛岡の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

【お取り扱い頂くお店】

東京
西荻窪 ウレシカ *全種類
新高円寺 寅印菓子屋
(工房販売日のみ)*全種類
町田 雑貨ストアuchida Promenade
学芸大学 Coupe *全種類

青森
弘前 ゆぱんき
三戸郡南部町 galleryたなか1890
※企画展開催時のみ。次回は少し先の2015.8.29より販売です。

岩手


✴︎8/3追記
有難いことにもう1店舗、素敵なお店にお取り扱い頂けることになりました。
通販以外の店舗販売としては初めての西日本となります。お近くの皆様、どうぞよろしくお願いたします。

香川
高松 watagumo舎

また品薄となっていた盛岡ひめくりさんにも少しですが追加納品予定です。こちらもどうぞよろしくお願いします。
沢山刷った新作猫はがきでしたが手元在庫があとわずかとなりました。店頭で見かけたらぜひお手にとってみてくださいね。
[PR]
c0138553_9363464.jpg

国分寺くるみギャラリーさんにて開催される企画展『箱+』に、このために刷った「箱猫」はがきで参加いたします。
3年前から始まった同い年メンツによるこの企画展も今回でひとまず終了だそうです。

スケジュールが読めない生活故、昨年に引き続いての「飛び入り参加」(DMやサイトへの私の名前は明記していません)とさせて頂きました。新作ではありませんが、いつもの猫はがきも少し出します。

素敵な作家さんたちによる箱+作品と、ワークショップも盛り沢山です。詳細はくるみギャラリーサイトまで。ぜひご来場下さい。

******
『箱+』
国分寺くるみギャラリー
2015.7.17(金)〜26(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)

参加作家
足達禎子(陶)
オガサワラマサコ(陶)
清水直子(陶)
森友見子(再生紙)

******


c0138553_9363590.jpg

それから、3年前にこのくるみギャラリーで展示させて頂き、その後本という形にした『退屈をあげる』の再販に向けて、ようやく重〜い腰をあげました。
現在、家内制手工業に勤しんでおります。とはいえ、急ぐ作業ではないので、のんびり準備中です。
販売時期が決まりましたら、改めてお知らせいたしますね。
どうぞよろしくお願いします。











[PR]
c0138553_225090.jpg

まだまだ北の地におります。

さて、昨年出版した自家本『退屈をあげる』を印刷する際、デザイナーの前原葉子さんのアイディアで、裁断されてしまう部分を使って小さなメッセージカードを作っていました。
展示などに合わせてグッズとして置いたりしても良いねなどと話して、実際1〜2度販売した事もあったのですが、本の通版業務や東京〜青森行ったり来たり生活のバタバタに流されて、気がついたらすっかり忘れられた可哀想な存在になっておりました。
そのメッセージカードがこの度ようやく日の目を見ることに。箱の中で1年以上も放置され、待ちくたびれた!と言わんばかりの楳にもようやく面目が立ちそうです。

メッセージカードは二つ折りの状態で6×9㎝、それが入るクラフト封筒とのセットになっています。中身は無地ですので色んな用途にお使い頂けるのではないかと思います。こちらは版画ではなく印刷となりますのでお間違えなく。1セット220円(税込)で、既に下記店舗や催しにて販売中(または販売予定)です。どうぞよろしくお願いします。
↓↓↓
東京
西荻窪/ ウレシカ✳︎販売中
新高円寺/ 寅印菓子屋 ✳︎工房販売日にて販売中
高円寺 matoga✳︎販売中
学芸大学/ 古道具の店 Coupe ✳︎販売中
町田/ 雑貨ストアuchida Promenade ✳︎販売中
南阿佐ヶ谷 オトノハ✳︎毎月最終日曜日開催のオトノハ朝市内古道具さびさびブースにて販売中
✳︎追記 オリジナルキャンドルの製作販売をされている高円寺/matogaさんでもお取り扱い頂ける事になりました。贈り物にもぴったりの素敵なキャンドルが溢れるかわいいお店です。ぜひ訪れてみてくださいね。



c0138553_225172.jpg

そして新たに猫はがきとメッセージカードをお取り扱い頂ける場所が増えました。
青森県三戸郡南部町にある「galleryたなか1890」さんです。築130年という歴史のある古民家ギャラリーで、恥ずかしながら今回お声をかけて頂いた事で、初めてそんな素敵な場所がある事を知りました。地元とはいえ、まだまだ未知の青森です。
こちらのギャラリーは企画展開催中のみの不定期オープンで、次回企画展が始まる5/30より、常設にて私のはがきなども販売が始まります。詳しくはgalleryたなか1890さんのFBページをご覧下さい。

さらに青森つながりでもう一つ。
いつもお世話になっている弘前市のゆぱんきさんが参加される催し「さんかく座」に猫はがきとメッセージカードを連れて行って頂ける事になりました。思いがけない岩手県は盛岡市進出です。私に変わり猫たちがちゃっかりお邪魔いたします。
今年で7回目となる実に楽しそうな催しで今回は6/6(土)7(日)盛岡市の三喜亭さんにて開催されます。
さんかく座詳細はゆぱんきさんのブログをご参照ください。

地元を離れて何年も経ってしまいましたが、こんな風にお声をかけて頂ける事が本当に有難いです。毎月新幹線で通り過ぎるばかりの盛岡も、未踏の地南部町にも時間が出来たらゆっくり行ってみたいと思います。

そうそう、先日参加させて頂きました新潟のギャラリーショップ草舟さんでの『猫だすけ』展vol.2、沢山のご来場有難うございました。猫はがきも沢山巣立って行きました。こちらも有難い事に今後も常設でお取り扱い頂ける事になり、既に再納品しております。

青森、岩手、新潟の皆様、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
c0138553_11384543.jpg

北滞在中に日々作り貯めていた猫らの版を3月の帰京時に毎日毎日無我夢中で刷り倒した結果、今回は22種類の猫はがきが完成しました。全くこんなに刷ってどうするんだという感じではありますが、これまでお取り扱い頂いているお店に加え、有り難い事に今回から新たなお店も増え、既に発送作業も完了しております。

近日中にお店に並ぶと思うので、もし見かけたらぜひ手に取ってみて下さいね。
今回は1匹につき15枚前後刷りました。今後同じ版を刷る予定はありませんので、品切れの際はご容赦下さい。
お店によって品揃えも違いますので、ご希望のある方は、予めお店へお問い合わせ頂けると確実かもしれません。

【お取り扱い頂くお店】

東京
西荻窪 ウレシカ *全種類
新高円寺 寅印菓子屋
(工房販売日のみ)*21種類
町田 雑貨ストアuchida Promenade
学芸大学 Coupe

青森
弘前 ゆぱんき

今回から地元青森は弘前市にある『ゆぱんき』さんでもお取り扱い頂けるとことになりました。カレンダーに続いて、とても嬉しいです。生活が落ち着かず、なかなか弘前へ伺えずにいるのですが、空間もごはんも魅力的なゆぱんきさん、今年はぜひ伺いたいなあ。

それと新潟のギャラリーショップ草舟さんで開催されるチャリティー展猫だすけ展vol.2にも既に21匹発送済みです。お近くの方はぜひ。

煤からもよろしくお願いしまーす!
c0138553_11384682.jpg














[PR]