カテゴリ:◎お知らせ・展示など( 159 )

c0138553_9315730.jpg

※『退屈をあげる』は10/21に完売いたしました。
お買い上げ下さった皆様、有り難うございました。会場にはそのまま見本を1冊置いてありますので、よろしければお手に取ってご覧頂けたら嬉しいです。
また11/14〜26開催中の国分寺くるみギャラリー「くるみ書店」で販売された2部は初日に完売となりました。ありがとうございました。


搬入を無事終えて、いよいよ明日10/21(火)から恵比寿GALERIE Malleにて『猫、または猫的なもの』展が始まります。

私は新旧紙版画作品6点(申し訳ありませんが1点は非売品となります。シートでの販売も数点あります)、手刷りの猫はがき(数えたら新旧合わせて24種類もありました…)、一筆箋、包装紙などの紙モノグッズを出展しています。

そして『退屈をあげる』(限定500部)の私の手元にある最後の15部(勝手ながらこちらはお1人様1冊までとさせて頂きます。どうぞご了承ください)と、挿し絵を担当させて頂いた出来立てほやほやの『猫のことば 表現・行動からみつける共通言語』(池田書店)を発売日に先駆けて販売します(書影は後ほど)。

『退屈をあげる』に関しては現在増刷の予定はありません。11/14~26開催される国分寺くるみギャラリー 『くるみ書店』でのごく少部数の販売をもって販売終了を予定しておりますので、この機会にお手に取って頂けたら嬉しいです。


そして先日の『ペットショップにいくまえに』展でも大好評だった片岡まみこさんのリノカット版画、サノアイさんの木工作品(猫ブローチ、ヒゲ入れ、猫のごはん皿など)、寅印菓子屋さん、A.K Laboさんの猫をモチーフにした美味しいお菓子と、清水直子さんの陶作品(器、ブローチ、オブジェなど)、ともぞう本舗さんの手ぬぐいなど素晴らし作品が沢山出展されます。

元々猫友人知人でもある参加者の皆さんの作品から、ぽろりぽろりと溢れて出来た猫愛の海原に浸り、何とも幸せな気持ちになりました。個人的にもとても楽しみにしてきた企画展なので沢山の方に観て頂けたら嬉しいです。
次の帰省の日程が後倒しされたので、何とか初日は終日在廊出来る事になりました。
紙版画の版なども持参しますので、ご質問などあればお気軽にお声掛け下さいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。


※画像はDMにも使用した『花猫』シリーズの楳。スポットを浴びて「まんざらでもない」という顔で笑っている様に見えました。会いに来て下さい。
[PR]
c0138553_1138135.jpg

秋は猫の季節の様で、10月は2つの猫もの企画展に参加します。
ひとつめは2014年10月18日(土),19日(日)10:00~21:00 昭島 昭和の森モリタウン東館1階/光の広場で開催されるねこ展です。
こちらには上の画像の小作品3点(楳、煤、墨)を出展しました。沢山の作家さんが出展されます。お近くの方はぜひご来場下さい。


そしてもうひとつはこちら。
c0138553_11451857.jpg

2014年10月21日(火)~10月26日(日)12:00~19;00 (最終日 16:00まで) 
恵比寿GALERIE Malleさんで開催される猫、または猫的なもの / 心に猫が巣くう女性作家たちの作品展に参加します。
こちらではDMに使用した新作版画作品他数点と手刷りの猫はがきなどの他に、『退屈をあげる』も少部数ですが販売いたします。
実は個人的には大ファンの作家さんかつ猫友でもある方々との嬉しい顔合わせの企画展で、私自身がとても楽しみにしています。
画像やサイトには明記されていませんが、現在西荻窪ウレシカさんにて開催中のペットショップにいくまえに展でも大人気のA.K Laboさん、寅印菓子屋さんのお菓子も並びますよ。
どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
c0138553_20321227.jpg

いつもハガキや『退屈をあげる』などでお世話になっている経堂・芝生さんで開催される蚤の市に参加します。
私は主に食器や雑貨類となりますが、毎回掘り出し物がわんさかの芝生蚤の市なので、文字通りお気に入りを掘り出しにぜひご来場下さい。そしてお天気がひどくならない様に念!!

[出店参加者]
イナキヨシコ
うえのよう
えちがわのりゆき
太田尻家
小倉志都香
落合恵
kick flag
木下綾乃
さいとうよしみ
坂本千明
死後くん
鈴木いづみ
stock
てふてふ
日本郵趣エージェンシー
NUMARI
ハルカゼ舎
ヒサマツエツコ
ヒロミユキ
フクイヒロシ
福田利之
古道具さびさび
三浦樹人
山田稔明

_____________

今日は久しぶりの二日酔いで、予定していた刷りの半分までしか進められず......秋に参加予定の2つの企画展に出す作品を作っておかねば間に合わないという状況です。何とか東京にいる間に仕上げたい!と気ばかり焦って今日は刷りを失敗してばかり。
せめて気分だけでも涼しく。
c0138553_2044914.jpg







オマケ。相変わらず甘えてばかりの煤と
c0138553_20491235.jpg

風呂上がりの肩に乗るのが大好きな墨。
c0138553_20492436.jpg

2匹とも先日受けた年1健康診断異常なしでひと安心。健康って有難い。
[PR]
★終了しました。沢山のご来場有り難うございました!
c0138553_19372479.jpg

5/24より鵜の木Gallery and Cafe Hasu no hanaにて Hasu no hana book week 鵜の森文庫が始まりました。
私は今年の1月に出版した『退屈をあげる』の原画を展示しています。原画と本の他にも猫はがきとメッセージカードも少し置いています。
初日の昨日、Hasu no hanaにお邪魔しましたが、広い空間が狭く感じられるほど、沢山の絵本の原画作品や本で埋め尽くされていて見応え十分でした。
町田の工房の大先輩でもある高橋キョウシロウさんとも久しぶりにお話出来て嬉しかったなあ。キョウシロウさんの素晴らしい原画展示は会期の途中で差し替えもあるそうです。何度か足を運ばれても楽しいのではないかと思います。(最初の写真は可愛い黒猫スカートがとてもお似合いだったキョウシロウさんと私の原画スペースです)

そして本や原画はもちろんですが、Hasu no hanaはコーヒーもジンジャーエールもスイーツも美味しいのです!全てにおいて手を抜かないオーナー渾身のメニューばかり。ぜひご賞味ください!昨日テイクアウトしたキャラメリゼナッツどっさりのバナナケーキ(写真)も絶品でした。と言いつつ、ブルーチーズのケーキも強くおススメします。色んな本に囲まれながら、一緒にお腹も満たしてください。
c0138553_19521921.jpg

さらに鵜の森文庫ではオーナーであるフクマカズエさんが過去に作られた本の販売と、原画の展示もあります。こちらもぜひ実物を見に来て下さいね。



話は全然違いますが、猫のヒゲを集めています。
以前友人ガラス作家の梅田香奈さんに頂いた(何処のお土産だったかなあ)ガラス瓶に、家の中で見つけては何となく捨てられずにいたヒゲを入れています。白いものは楳の、黒いものは煤墨姉妹のもの。楳の遺品らしい遺品というのもあまり無くて、気付いたら今ではこれが宝物になっています。改めて比べて見ると楳のヒゲは太くて立派だったんだなあ。しみじみ。
c0138553_2011062.jpg

[PR]
毎度面目ありません。
帰省に伴い、5/12〜24の期間、PCメールのチェックが出来なくなってしまいます。
ご用の方はtwitterアカウント宛か、こちらのコメント欄にご連絡頂けますと助かります。

帰京後は鵜の木にあるGallery and Cafe Hasu no hanaにて開催される Hasu no hana book week 鵜の森文庫が始まります。
『退屈をあげる』の原画も展示させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
大変申し訳ありません。
諸事情により4/13〜24まで、PCメールのチェックが出来なくなってしまいました。
お急ぎの方はまことに恐れ入りますがこちらにコメントを残して頂くか(鍵付きでも構いません)、
twitterの坂本千明のアカウント宛にDM、@ツイートなどでご連絡頂けますと幸いです。
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
c0138553_7104366.jpg

↑DMイラストはきくちちきさん

見ているだけで一緒に走り出したくなる様な素敵なDMが届きました。
昨年『ペットショップにいくまえに』展でもお世話になったウレシカさんが、経堂から西荻窪に移転され、そのオープン第1弾の企画展に私も参加させて頂く事になりました。
個人的には大好きな西荻窪にウレシカさんがやってくる!とのんきに喜んでいたところ、錚々たる方々とこうしてご一緒する事になり、ずっと頭から汗が飛び散っている状況です。
しかも晴れの企画展。地味作風の私でありますが(笑)、小さい額装作品と新作猫はがき、1月に出版した『退屈をあげる』も持って行く予定です。

会期も長めですし、何よりグンと春が近づきそうな展示になるのではないかと思います。ぜひご来場下さいませ。
___________________
ウレシカ〔西荻窪〕オープン記念展・第1弾
「パーティー!」
3月8日(土)~3月24日(月)
*会期中、火曜休み open:12時~20時

◎出展作家
石黒亜矢子、オオトウゲマサミ、オカダン・グラフィック、おざきえみ、加藤休ミ、きくちちき、小林ゆき子、さかたきよこ、坂本千明、陣崎草子、高畠那生、嶽まいこ、タダジュン、たんじあきこ、丹地香、丹地陽子、どいかや、とりごえまり、はまのゆか、平岡瞳、松成真理子、松村真依子、ミロコマチコ、ヤス・タグチータ プレミアム、やまぐちめぐみ、やまだみつこ、山福朱実、吉田晃、芳野
[PR]
c0138553_9565663.jpg

新らたに猫の紙版画をお取り扱い頂く事になりました。
町田にある「雑貨うちだ Promenade」さんです。
ショップタウンCieloというビルの1階にある小さいお店だそうです。

実は以前町田に7年間暮らしていたのですが、当時よく雑貨や籠を買いに行っていたのが、駅の近くにあった「籠のうちだ」さんというお店でした。
今でもいくつかの籠を自宅で愛用していますが、その「籠のうちだ」さんのリニューアルされたお店だと知ったのはつい数日前。
今回お取り扱い頂く事になり、メールをやり取りしていても気付いていなかったという鈍感さに、我ながら呆れてしまいましたが、とにかく不思議なご縁です。

数は少しですが全3種類(最初の写真の「袋猫」以外の3種類になります)、既に納品完了しています。
お近くの方はぜひお店を覗いてみて下さいね。



私はというと帰京の予定が延び、まだ青森にいます。
猫らに会いたくて仕方ないですが、もう少しの辛抱。
けれど、先日思いがけず猫チャージの機会が訪れました!母の友人ヒグチさんのご厚意で愛猫チビとご対面。
c0138553_1021751.jpg


チビは推定15歳ですが、今もご近所パトロール現役。とはいえこの雪の中、出して出してとせがみ出て行ったはいいけれどすぐ戻ってきました(笑)
c0138553_1034098.jpg


寒かったー。ただいまー。とチビ。頭に雪を積もらせてなんて可愛いんだ!
c0138553_1054436.jpg


初めて会ったのに抱っこもさせてくれて、本当に嬉しかったです。
また会いに行きたいな。












[PR]
★企画展は終了しましたが、シマシマヤトーキョーさんのお店の営業は1月19日まで。ぜひ足をお運びくださいませ★
c0138553_22185417.jpg


遅くなりましたが、鵜の木Hasu no hanaでのアサガヤデンショ『給水塔と赤い屋根』巡回展、プランタン銀座での『絵本作家たちのねこ展』終了しました。私はどちらも常駐出来ずでしたが、沢山のご来場を頂き、有難うございました。
ねこ展最終日にようやく会場にお邪魔したその足で再び青森の実家に戻りました。帰京中、私の体調不良や、帰省直前の煤の急性胃炎騒ぎなどあり、たくさんの展示のお知らせを頂きながら殆ど行かれないまま…トホホ。
その1つが下北沢 シマシマヤトーキョー さんで開催されていた『来福案内』だったのですが、店主ヒロミさんの福岡への愛溢れる催しだったに違いありません。ああ、行きたかった…!!

そんなシマシマヤトーキョーさんで開催される次なる企画展『冬の贈り物2013 Merry X'mas&Happy New Year』に参加します。
2014年版楳カレンダー、りんごや器をモチーフとした手刷りの紙版画(はがきサイズ)などひと足早く納品済です。詳細はこちらでご紹介頂いています。
★冬の贈り物展にて楳カレンダーは完売しました!ありがとうございました!引き続きはがきは販売中です!よろしくお願いします!(12/20追記)

シマシマヤトーキョーさんは、残念ながら2014年1月19日をもって閉店される事になりました。
思えば私が手刷りのはがきを作り始めた頃から企画展にお誘い頂いて、その後も店主ヒロミさんには新しいモチーフのアイディアを頂いたりもして、自分だけでは気付けなかった楽しい作品を作ることが出来ました。そしてヒロミさんを介して繋がった素敵な方々とのご縁も数しれず…。
本当に感謝、そして本当に残念です。でもシマシマヤさんの最後の企画展に参加させていただいて、今年をしめくくることが出来るのを改めて有難く思います。
参加作家さんも盛り沢山です。ぜひ素敵な贈り物を選んでみてください。
会期は12/13(金)〜12/25(水)です。




それから過去のブログにも追記しましたが、帰省続きで迅速な対応が出来ないため、私個人のカレンダー通販は終了といたしました。
店頭分は売り切れのお店もありますが、まだお取り扱い頂いているお店もありますので、ぜひお近くにお越しの際はお手に取って頂けたら嬉しいです。経堂の芝生さんでは通販も受付て下さってます。
どうぞよろしくお願いします!★芝生さんも楳カレンダー完売しました!ありがとうございました!(12/2追記)


オマケ。
今帰省でもチマチマと家内制手作業をしています。
c0138553_2231215.jpg

新年にはお知らせ出来るかなあと。

そしてやっぱり猫シックです。
c0138553_22341270.jpg

[PR]
c0138553_17561899.jpg
c0138553_17562746.jpg

9月、地元阿佐ヶ谷CONTEXT-Sで開催されたアサガヤデンショによる『給水塔と赤い屋根』展の巡回展がいよいよ明日11/30(土)から始まります。
会場は大田区鵜の木にあるGallery and Cafe Hasu no hanaです。東急多摩川線「鵜の木」駅より徒歩30秒ほどにある、古い長屋を改造したとても面白い空間です。

「巡回展」ではありますが、阿佐ヶ谷の時とはまた少し違う雰囲気の展示となりそうです。時間を経て、アサデンメンバーはもちろん、電書制作に関わって下さった人々の気持ちには、様々なものが内包され、醸造(これは元住人だった木村亜維子さんの言葉)され、それを抽出し出来上がった空間となったのではないかと思います。

そして前回がそうだった様に、ご来場者の皆さんの心にある場所や風景、暮らしのお話に触れられるのを楽しみにしています。 それはもちろん阿佐ヶ谷住宅に限りません。阿佐ヶ谷を離れ開催される今展示は、もう少し広い意味合いを持っていると感じるのです。

こちらは前回ご来場頂いた方々の記憶を元に完成した『想層地図』です。色んな人々の生活も見えてきます。じっくりゆっくり読んで下さい。
c0138553_1828257.jpg


非売品だった陶作家石神照美さんの作品。今回は販売いたします。更に何と分譲(?)オーダーも受け付けます。(※この写真は阿佐ヶ谷展の時のものです)
c0138553_18325573.jpg


そして大好評だった阿佐ヶ谷住宅の植物で作るオリジナル万華鏡のコーナーもあります。
c0138553_18343329.jpg


こちらはアサデン店長小嶋さんがほぼ毎日撮り続けた「今日の給水塔」をまとめたポスターです。1枚500円。
c0138553_18382223.jpg

既に無くなってしまった阿佐ヶ谷住宅のシンボル徳利型給水塔の定点観測もプロジェクターでご覧頂きます。
吹き抜けの天井の高さを生かして、ちょうど在りし日の給水塔を見上げていたように。それはぜひ会場でご覧下さい。

他にも陶芸家清水直子さんの「給水塔と赤い屋根」ブローチやストラップ
c0138553_20565058.jpg


寅印菓子屋さんの「給水塔と赤い屋根」クッキー200〜300円。
c0138553_20575249.jpg


元住人だった木村健世さん、亜維子さんご夫妻によるポストカードセット・オリジナルTシャツ・捺染染め手ぬぐい
c0138553_2058253.jpg


亜維子さんが2年かけて育てた阿佐ヶ谷住宅の植物達の挿し木苗の販売(1つ150円)があります。(挿し木苗についてはこちらのえだは日記をご参照下さい)
c0138553_2111941.jpg


さらに巡回展のゲストとして、twitter上で毎朝の様に阿佐ヶ谷住宅の植物や猫たちの写真をアップしているひらにぃさんのパノラマ写真やアルバムをご覧頂けます。アサデンメンバーのみならず、彼の目線で撮影された写真を毎日楽しみにしておられる方も多いのでは。こちらもぜひ会場でご覧頂けたらと思います。

阿佐ヶ谷住宅を知っている方も、知らない方も、前回観たよという方も、ぜひぜひ足をお運び下さい。
(今回、諸事情で私の版画作品の販売はなく、展示のみとなります。ごめんなさい...)

Hasu no hanaでは自家焙煎の美味しいコーヒーと自家製デザートも頂けます。こちらもぜひ楽しんで頂けたらと思います。(※チラシにはラストオーダー18時と記載していましたが18時半の誤りでした...すみません。どうぞゆっくりお楽しみくださいね)
そうそう巡回展のためにリーフレットもご用意しました!読み応えたっぷりですよ!ぜひ!
c0138553_18525951.jpg

ちなみにHasu no hanaではアサガヤデンショメンバー不在時のお客様からのお花、生菓子などお預かり出来ません。ご来場の際はどうぞご注意下さいね。どうぞ体1つで観に来て下さい!

私は明日は終日在廊予定です。電書の試し読みも出来ますので、わからない事がありましたら、お気軽にアサデンメンバーにお声をかけて下さい。
沢山のご来場をお待ちしております。

___________
11/30追記
初日を無事に終えました。晴天に恵まれたとはいえ、お寒い中のご来場有り難うございました。
今展示は、元々は阿佐ヶ谷住宅を好きだった「ご近所さん(元住人含む)」数名による阿佐ヶ谷住宅を記録するための電子書籍制作がスタートでした。今回展示している写真やテキストの一部は電書を元に抜粋して構成しています。
撮影者も、テキストを書いた人もバラバラなこれらの素材が、不思議と1つに馴染んで、電書とはまたひと味違う「おはなし」を育んだ壁面となりました。
c0138553_21155928.jpg


会期は12/4(水)まで。
坂本は残念ながらこの後在廊出来ませんが、2日目以降もアサデンメンバーが皆様のご来場お待ちしております。ぜひ足をお運び下さい。
c0138553_2172634.jpg

[PR]