カテゴリ:◎お仕事/雑誌( 50 )

c0138553_17330097.jpg
9/20発売のnid vol.47『わたし好みの民芸探し』特集号の表紙に紙版画を使って頂きました。

先月、父の手術付き添いのため急遽北上しなければならなくなり、大急ぎで制作した作品ですが、短期間に集中して作業出来ました。とはいえ間に合うのかいつもに増してスリリング・・・
デザイナー様のおかげで、今回も素敵に仕上げて頂いて、本当にありがたいです。
倉敷ガラスの色を表現するのに苦労しましたが、個人的にたまに刷っていたりんごも登場したりして、焦りながらもとても楽しい作業でした。

書店などで是非お手にとってご覧ください。

[PR]
c0138553_20544393.jpg
既に発売になっているnid43号の表紙に紙版画を掲載して頂きました。
久しぶりに大好きなスリップウェアや、独特のターキッシュブルーが素敵な鈴木麻起子さんの器など、楽しく制作しました。
器のあれこれ、今回も読み応えたっぷりですが、経堂/stock店主オギハラナミさんは「ひと手間加えた贈り物」ページに、以前お弁当特集号にも登場した綿引香織さんも「食べる時間が楽しくなる器」ページに再登場!見知った方々がドーンと掲載されているので個人的にもとても楽しく嬉しい1冊となっています。
ぜひ手に取ってみてくださいね。


[PR]
c0138553_12474576.jpg
9/19(土)発売になるnid41号の表紙紙版画を制作しました。
ニットをモチーフにするのは初めてのことでしたが、終始楽しく作業させて頂きました。今回もデザイナー様に素敵に仕上げて頂いて嬉しいです。
書店で見かけたらぜひじっくり編み目を見てみてくださいませ。
もちろん毎号充実している特集記事もぜひ。













[PR]
c0138553_17380089.jpg
8/17発売のMEKURU VOL.05で連載中の長坂まき子さんのエッセイ『みなさん、さようなら』の挿絵を担当しています。こちらは毎回版画ではなくイラストレーションです。
毎回亡くなられた方々について綴られるこの連載も3回目。
今回は忌野清志郎さんです。

長坂さんの文章はウェットになりすぎないのがいつも素晴らしいと思うのですが、毎回「ああ!」と思わせる箇所があり、まんまと泣かされている坂本です。
今回もあの復活武道館ライブのこと、終演後になだれ込んださくら水産でその場にいた見ず知らずのファン同士で盛大に乾杯したこと、イベント出店でクタクタになりながらも、たまらず友人陶芸家清水直子さんと長蛇の列に並んだ青山の夜のこと、ようやく辿り着いて突然後ろから肩を叩かれ振り返ると、昔のバイト先の同僚女子が何とも言えない顔で立っていて「ああ、あなたも好きだったんだね」とお互い言葉ではなく目で語って別れたこと…いろいろ思い出しました。
そして私の大好きな歌を長坂さんが取り上げておられたことが、とても嬉しかったです。

あの武道館ライブの時のことを書いた ブログも久しぶりに読み返しました。本当にいろんな感情がこみ上げた日でした。


そして、8月はMEKURUが2冊発売されます。
ちょうどVOL.06の納品が済んだところ。こちらは8/29発売です。グループ魂20周年記念特集号ですよ。
ぜひどちらも手にとってご覧いただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。









[PR]
c0138553_10570522.jpg
久しぶりにnidの表紙で紙版画を採用して頂きました。タイミングよく帰京出来て良かった!毎回素敵にデザインして頂いて本当に感謝です。

今号は『みんなのお弁当ライフ』という事で、沢山の美味しそうなお弁当や素敵なお弁当箱、作るための道具や食材、作られた方々それぞれの暮らしが垣間見られてとても楽しい号です。
中でもワクワクしたのが、飲み食べ友達でもある綿引香織さんのお弁当記録。彼女が日ごろ作りつづけているお弁当、使われている器、道具、暮らしぶりをSNSで見るにつけ、お腹をグーグー鳴らしている私としては、それらを網羅する実に素晴らしいページに仕上がっていて大興奮。余計にグーグー鳴らしております。

ぜひぜひ本屋さんで手にとってご覧下さいませ。
※最初の画像は帰省中の北の本屋で、1日遅れでゲットして、思わず青空に掲げた写真。お弁当を持っているみたいになりました(笑)

ちなみにこちらも素敵な綿引さんのブログ→blue and 5
日々の美味しいものたちは instagrmアカウント→ BLUE_AND_FIVE
ぜひフォローしてみてくださいね!




















[PR]
c0138553_08221861.jpg
こちらでのお知らせが遅くなってしまいましたが、既に発売中の『MEKURU』04にて大人計画社長である長坂まき子さんの連載エッセイ「みなさん、さようなら」の挿絵(版画ではなくイラストレーションです)を担当しています。
毎回亡くなった方々を綴るこのエッセイ、第2回目は長坂さんのお父様のこと。この1年半ほど介護生活の中にいる私には、長坂さんらしい飄々とした文章が心にしみながらもじんわりとあたたかく、そんな気持ちを絵にしました。

ぜひお手にとってご覧くださいませ。














[PR]
c0138553_9344798.jpg

雑誌のお仕事2つ、今回は版画ではなくどちらもイラストレーションです。
9/20発売となりました『nid』35号(エフジー武蔵)の表紙にて洋服や靴などの小物アイテムを描いています。版画の下絵の様な感じで自分ではちょっと不思議な感じなのですが、今回もデザイナー様がかわいらしい雰囲気に仕上げて下さいました。
中にはお世話になっている吉祥寺poooLさんご夫妻や、南阿佐ヶ谷オトノハさんも掲載されていたりして、1つの雑誌でご一緒出来た事が何だか嬉しいです。今回も読み応えたっぷりですので、ぜひ書店でお手に取って見て下さいね。

それから発売から少し時間が経ってしまいましたが『MEKURU』VOL.3(ギャンビット)にて、大人計画社長である長坂まき子さんの新連載「みなさん、さようなら」のイラストを担当させて頂く事になりました。
長坂さん、そして大人計画とは、私がまだ学生だったン十年前(!)に裏方スタッフをしていたというご縁があり(卒業後も松尾スズキ氏の雑誌連載の挿画などもやらせて頂いたりもしつつ)、今回思いがけなくお声をかけて頂きました。
当時は舞台で使う小道具の絵や、公演のチラシのイラストを描かせて頂いていたのですが、印刷の色指定やら今や懐かしの写植(!)の指定やら、訳もわからないまま必死でやっていたという思い出...自分の生活もままならないのに、就職先も決まらないのに、他人のお手伝いしてる場合なのかよ自分?!な状況ではありましたが、んがしかし自分史上では間違いなくダントツで「あたしキラキラしてた!何にとは言えないが満ち溢れてた!」な時代(あえて「とき」とルビをふりたい)でありました。そんな訳で今回のお仕事はとても嬉しく、今後も楽しみです。
久しぶりに打ち合わせでお会いした長坂さんも相変わらず飄々とされていて(とはいえン十年前とは立場は全く違う訳ですが)、その飄々ぶりが見事にテキストに反映された素敵な新連載となっておりますので、こちらもぜひ手にとって読んで頂けたら嬉しいです。


さて明日からまた北上します。
次の帰京後、10月には2つの猫もの展示に参加と、このところかかりっきりだった猫もの本が完成(昨日納品完了!)します。秋は猫づくし!!詳細はまた改めて。
[PR]
c0138553_23532442.jpg

5/20発売になったnid33号にて表紙の紙版画を作りました。
「ニッポンごはんの魅力」という特集号で一汁三菜メニューです。

食べ物を版画で作る時は、その他のモチーフを作る時の何倍も気をつかいます。何しろ美味しく見えなければならないので色が混濁しない様に、いつもは分けない事が多い版をいくつかに分け重ね刷りします。そのため手間も乾燥にも時間がかかってしまい、限られた東京滞在中に完成出来るのか最後までヒヤヒヤしながらの作業でした。それもひとえに私の性格が大雑把すぎるせいもあるとは思いますが…

苦労しただけに、今回もステキにデザインして頂いて嬉しいです。
見てくださった方が「お腹減った〜」と思ってくれたら本望。
そんな私も帰省先の本屋でパラパラと立ち読みして、お腹がグーと鳴ってしまうほど、本の中身は美味しいもの盛り沢山。色んな地方の、色んな家の、あれもこれも食べてみたい!
皆様も是非お手に取ってみてくださいね。



実家滞在も10日を超え、猫ロス甚だしい私ですが、そろそろ帰京の準備。
24日から始まる鵜の木Hasu no hana『鵜の森文庫』の初日には何とか駆けつけたいとおもっています。どうぞよろしくお願いします。


写真は東京の猫ら。
c0138553_13374865.jpg

[PR]
c0138553_1725597.jpg

3/20に発売になった『nid』32号の表紙の紙版画を担当させて頂きました。

現在帰省先の青森にいるので、入荷が1日遅れとなる今日、昨夜からのドカ雪にも負けずいそいそと本屋に行ってきました(笑)
私の限られた東京滞在中に、作業スケジュールなどご考慮下さった編集部の方々、デザイナーさんに心から感謝です。慌ただしい日々の中で、じっくり集中して制作するという凄く貴重な時間を頂いたなあと思っています。久しぶりに大きめの刷り作業も、最近はめっきり描かなくなった人物(の足元ですが)モチーフも、私にしては珍しく華やかな色合いも楽しかったです。

もちろん中身も美しい色や形で溢れています。
青森はまだまだ冬ですが、春が益々待ち遠しくなりました。
本屋さんで見かけたらぜひお手にとってみてくださいね。


そして私も参加している西荻窪ウレシカさんの『パーティー!』展はいよいよ24(月)までです。壁面展示用に作った『目出鯛招き猫』は有難いことに3匹とも嫁ぎ先が決まったそうで有難うございます。この他にも『退屈をあげる』や猫の紙版画も沢山巣立っていて、頂くご感想も泣きながら読んでます(大袈裟でなく)。本当に嬉しいです。
そして日々Twitterを眺めていると、ウレシカさんが沢山の人に愛されているお店なんだということがわかります。新しい西荻窪の店舗もすっかり街に馴染んでとても素敵です。まだ行かれていないという方は西荻窪散策がてらぜひ!!














[PR]
c0138553_2341954.jpg

明日20日発売のnid30号・民芸特集の表紙に紙版画を使って頂きました。
民芸特集は昨年に続いて2度目となります。今回はスリップウェアなど数種類の民芸品の模様を紙版画で再現してみました。
実はスリップウェアは以前から挑戦してみたいと思っていたモチーフでしたが、なかなかに手強そう(笑)だったので、ずるずると後回しとなっていたのです。それがこんな形でお仕事として刷る機会を頂いて、ようやく実現しました。
今回もとても楽しく作らせて頂いて、パッチワークの様な素敵な表紙に仕上げて下さったデザイナーさんに感謝です。

現在は帰省先にいるため、まだ実物は手元に無いのですが、家人に画像を送ってもらいました。中身を読むのが楽しみです。ぜひ書店で見かけたらお手に取ってみて下さい。



実は今月はもう1冊書籍のお知らせがあります。
こちらもすごーーーーーーく面白い本です。発売日が近くなりましたら、またこちらでご紹介します。



それと、経堂・cafe + gallery 芝生さんでのカレンダー展は本日終了しました。
沢山の方々にご来場頂き、盛況だったと伺いました。有難うございました!
さらに有難いことに楳カレンダーは途中で完売となりましたが、本日夕方、私に代わって家人が追加納品いたしましたので、引き続き芝生さんのカレンダーコーナーと通販ページでお取り扱い頂きます。
限定280部、残りあとわずかとなりましたので、ぜひぜひ。

ひとつ前の日記でお知らせしたプランタン銀座の猫展用の作品の梱包も終わり、近日中に発送予定です。「カップラーメン醤油味チャーシュー入り」の空段ボール箱に入れられた楳子、微妙に銀座にケンカを売っているような気がします…負けるな楳子‼
[PR]