カテゴリ:◎楳猫( 89 )

人間の夕飯時はいつもこんな楳です。ちなみに自分の夕ご飯を食べた直後。飽くなき食欲。
c0138553_19232554.jpg



ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
もっと楳写真を載せよ、と上からの圧力が、いえリクエストが。
て事で久々に楳オンリー。

保護当時からの楳スペース。まるで楳が我が家にくるのを予測したかのように、事前の模様替えで出来たデッドスペースでありました。
c0138553_11312812.jpg

カメラ嫌いなので、基本的にじっとはしてくれないのよね。

寝顔はどんどん人間ぽい。
c0138553_11351117.jpg




ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
ずっと餌の入ったアルミ缶を眺めている。飽きもせず。
c0138553_3395871.jpg


ちなみに肉球はまだらです。
c0138553_3402174.jpg




ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
一番気配を消す場所・窓際の仕事机の横。これでもちょっと痩せた楳。
c0138553_20353324.jpg



ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
毛繕い中は写真を撮るのをやめて欲しい楳。
c0138553_231842.jpg




ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
c0138553_145994.jpg

今日は小一時間ほど家人と外出(金曜日ぶり)。夕飯の買い出しと、キャットフードなどの補充のため高円寺のオリンピックへ。

前回、うめちゃんを保護した直後に買いに行った時は、オリンピックのペット用品売り場のキャットフードの他種類ぶりに、何が何やらわからなかった(猫素人なもので)し、病院から処方された「ヒルズa/d」という缶(ナツさんも教えて下さった)もあったので、何か、テキトーに安い缶詰を買っていたのだけれど、なんつーか、食いつきも今ひとつで食も細く、もっとこー、ガツーン!と栄養の付くキャットフードを、今与えないといかんのではないだろうか、それはイコール高級缶詰なのだろうか、と思い、ネットを見ていたら、似たような悩みを相談している人のカキコミに「ちゃんと総合栄養食与えてますか?」というレスが付いていた。

総合栄養食とはなんぞや。
どうやら缶詰には総合栄養食と明記されたものと、そうでないものがあるという事を知る。で、即座に私が買ってきた缶詰を見ると、あらま明記されていなかった。明記されていないばかりか「総合栄養食と一緒に与えて下さい」と書かれていた。ガーン。じゃあ何かい、コレは補助食品かなんかなのかい。というか、総合栄養食じゃないって事は、非常に偏った食べ物つー事なのかい。ガーン。今、この弱り果てた猫をさらに偏らせてどうする私。大変だ。留守番中用に買ったドライフードは偶然にも総合栄養食であった様だが、早くもっと総合的に栄養を取らせなければ!と、自分も十分病み上がりだった訳であるが(だから家人に荷物持ちをしてもらうためついて来て貰った)、オリンピックへ。
で、無事に総合栄養食購入。帰ってから、ササミの茹でたの(これもネットに書いてあった)を裂いたものと、一緒に出してみたら、まーよく食べる。野良経験があるくせに、随分舌の肥えた娘だったのね、うめちゃん。というか、舌が肥えすぎて、妙なもんが食べられず、ここまで痩せ衰えてしまったのか。
あ、でも病院に連れて行った際、検温直後に下痢をしてしまったのだけれど、その時、ズルズルと長〜いものが出てきて、医師と一緒に「何じゃこりゃ?」と見てみると、ビニール紐の様な、何か人工的なものの様だった。(最初、「き、寄生虫!」と思ったが、直後の寄生虫検査ではシロ判定)・・・十分妙なもん食べてたなあ。(今さらお食事中の方ゴメンナサイ)

まあ、これで「うめちゃん丸々化計画」も順調にいってくれたらいいなあ。
関係ないが、ズラズラーと並ぶ缶詰を見ていたら、そのパッケージに配された猫たちの美猫ぶりに家人が「やっぱりこういうのに使われるだけあるなあ」と呟いた。確かに。うめちゃんには無理だね。いやいや、うめちゃんにはうめちゃんのカワイさがあるよ。例えスナックのママみたいな顔をしていても、サザエさんちの「たま」みたいなハイトーンボイスじゃなくても、と心でフォロー。
こういうの、オムツのCMなんかに出てくる美形の赤ん坊を見て、いやいやうちの子はうちの子でカワイイよ、とくにこのつむじが、とかいうのと、まんまと同じなんだろうな。やれやれ。
c0138553_1462381.jpg
c0138553_1463069.jpg


さて、本日は外出したせいで、夕方やや微熱がぶり返したものの、何とか平熱へ。
午前中いっぱい仕事三昧。夕寝したせいで、こんな時間に頭が冴えてしまい、展示レイアウトなんかを考え出したら、ますます目がらんらんとしてしきてしまった。ので、無理矢理寝ようとせずに、こんな事をやっている。
それにしても展覧会前に、こんなにバタバタなのは初めてだ。それも展覧会準備と関係ない事で。いったい私は何をやってるんだろうか、と思う。でもこんだけバタバタだと意外と気持ちが冷静で、もうなるようにしかならないと思える。だから良かった。何もかも。
というのは、展覧会が無事に終わってから言う事だった。うぬー。

※イラストは展示備品作りの図。端から見たらかなり暗いと思われます。

そんな展覧会、観に来てくらさい。お一つクリックよろしくお願いします。

明けて2/2追記。
結局昨夜はなっかなか眠れず、ようやく寝たのが4時。でも7時起床。
起きてみたら、楳の様子がなにやら変。
いつもならばすぐ出てくる寝床から出てこない、ご飯の催促も無し、
トイレにも行かず、鳴かず、ご飯を出しても食べず・・・
うーん、昨日のご飯が悪かったか?
と、不安になり(なんせ言葉がわからない)、病院へ。

体重は100g増だったが、まだまだ痩せすぎ。
これだけ痩せていると、様々な要因で体調不良にも陥りやすいとのこと。
マメに連れてきて下さいとのこと。
その場で獣医により、ペースト状のご飯を注射器で少しずつ食べさせて貰い、
少し、元気になった。
涙がやたら目から溢れる事を相談したら、ウィルス感染しているか何かして、
涙腺が詰まっているのかもしれないと。
ただ、点滴も、そういうウィルス治療も、全てはもう少し太って、
体調が万全にならないと難しいそうだ。

前回病院に行った時は、全く緊張していなかった楳だが、
今回は心臓ばくばくでおびえまくり。
(まあ、前回はおびえる気力も無かったんだろうけど)
獣医に我が家の事情(ペット不可物件)も話す。獣医は、

この子にしてみたら、現状はとてもラッキーだったと思う。
もしかしたら死んじゃっていたかもしれないのだから。
でも、野良経験のある猫(もしかしたら一時飼われていたにせよ)には
家飼いは窮屈なもの。
だから、最低限の体力を付けさせて、そうしたら外に戻してあげるのが
いいかもしれない。
甘やかしすぎると、野良に戻れなくなってしまう。

との事。うーん。確かに。もっともだと思えた。
野良の世界は、そうやって弱いものから消えていくのだものな。
保護とか言って、格好は良いが、結局そのサイクルを私は乱しているのかも。

もしも楳が外に出たいとせがんだら、いつでもドアを開けるつもりでいて、
そのまま帰って来なければ、それはそれだ、という風には最初から決めている。
里親さんの件も含め、今後どうするか、楳が回復するまでに決めなくては。
[PR]
c0138553_17135450.jpg

タミフルが効いて、今日はようやく平熱まで下がり、体の怠さが取れはじめた。

発症から48時間以内の投与でないとタミフルは効果がないそうだけれど、一昨日病院に行くまで、自分がよもやそんなジャック・バウワーばりの、あるいはエディー・マーフィーばりの時限設定物語の主人公だったとはつゆ知らず、随分とのんきに過ごしていたもんだなと思う。て、いまだに「24」は見たことが無い訳だが。そして映画「48時間」におけるエディー・マーフィーの吹き替えは下条アトムと相場が決まっている。私の中で。

医者の話だと、小学生なんかは、解熱後も48時間は登校出来ない規則らしい。まあ、大人ですから、そのへんは自己責任で。と言われたが、私には、どうしても出社しなければならない会社や、「坂本専務、どうぞご決断を!」と迫られる様な重要な会議があるはずもないので、普通に自宅に引きこもってデスクワークに勤しむ。

今朝は保護猫うめちゃんを膝に乗っけて、お互い鼻をグスグスとさせながら、ぬくぬくと作業。おー、これは夢にまで見た「猫を膝に乗っけたまま仕事する」の図!と感動。あったけー。暖房要らず。エコだねエコ。ネコエコ。ネコエコアザラク。(しつこい)
うめちゃんも膝の上が落ち着く様で、完全にとぐろ。「猫がとぐろを巻く季節」っていうコピーは、確か「動物のお医者さん」だったか。
もしかしたら、うめちゃんを飼っていた人も、こんな風に自宅でデスクワークをしている人で、膝に乗っけていたのやも、と思ったりする。

しかし途中、私の左手に顎を預けられてしまい、右腕だけの作業。定規が使えなくて困ったが、でもなんか、その不自由さにすらにやけてしまった。かわいいヤツである、うめちゃん。
午後もずっとお気に入りのソファか、バッタもんの低反発枕の上でグーグー寝ているので、その間は見事に存在感を消していた。だから私は今までと何ら変わりなく展覧会の備品作りをしていて、時々背後でピスピスと鼻の音がするので、「あ、そうだった。猫、居たんだった。」と思う。猫ってやっぱり凄いなあ。

↓うめちゃん、寝ぼけ顔。なかなかまともな顔が撮れないのです。里親さん決定の道は遠いか・・・。
c0138553_17142531.jpg


それにしても、うめちゃんは食っちゃ寝ばかりしているのに、そうそう急激には太りませんね。まだ触ると肋骨が生々しい。早くぷくぷくになれ。
しかし私も熱が出ている最中も、食欲が衰える事は全く無く、むしろ「肉が食べたい」衝動にかられ、昨晩は家人が作ってくれたカレーを食べ、一昨日はスキヤキを食べた。どっちかっていうと、普段の食生活より豪華であった。にも関わらず、体重は減少。間食が無くなったのと、早め就寝のせいだろうか。何にしても儲けもの。インフルダイエットだなあ。

そうそう、本日更新されたみずたま雑貨店さんのブログで、来週から始まる展覧会で展示販売される「昔の本棚」が紹介されています。私はその本棚のディスプレイ用にブックカバーを紙版画で作ってみました。あまり沢山は刷れませんでしたが、何枚かは販売も出来ると思います。ラッピングペーパーとしても使えそうだし、小さめの額に入れても良いかもです。
※写真はそのひとつ。
c0138553_171479.jpg


あー、明日には外出出来るかな。

いよいよ展覧会まで一週間。お一つクリックよろしくお願いします。
[PR]
c0138553_8384173.jpg

まさかまさかのインフルエンザになってしまいました。A型ってやつです。どうしてこう、物事というのは重なるんでしょうな。

一昨日の晩から37度くらいの発熱があって、平熱低めの私はそれだけでもヘロヘロしていたけれど、翌朝は市販薬のせいか36度台に下がり、少々悩んだものの、展覧会前最後の版画刷り日だったもので、町田に向かってしまったのだった。今考えれば、工房の皆様には大変申し訳ない。マスクは着用していたけれど、どなたかに伝染してしまったやもしれない。大反省です。まだ本格的な発症前だったのと、気持ちが集中していたのとで、本人はいつも通り刷り倒していたのだけれど。

しかし、さすがに一日作業は無理と判断し、午後はキャンセルして帰宅。一匹で留守番中の保護猫の事もあり。
自宅前は病院なので、そうだこのまま診て貰おうと寄り道。明日はキセルだしな。大事には大事を取って!と受診。まあ、そんな事もないとは思うけどねーとう感じで「一応インフルエンザの検査受けます?」と医師に言われたので受けてみる。結果陽性。タミフルと初対面とあいなった。つーか、それじゃあ数日前、先に発熱して同じ病院で診察を受けた家人もインフルエンザだったって事?インフルエンザ検査はされなかったと言っていたけれど。もしそうだったら、私完全なとばっちりじゃん!なにやってんだよ病院〜!
あ!待って、も、もしかして、って事は、明日は・・・。
「絶対外出禁止ですね」と医師。
むあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ
「他人への感染力を考えると当然ですね」
そうですよね。ましてやシアターイワトは定員120名・・・。みっちみちですよね。そこに私が行った日にはテロと等しいよ。

こんなタイミングの悪い事がホントにあるんである。しかし、もう仕方がない。これが一週間後にずれ込んでいたら、展覧会の搬入にバッチリ影響が出ていた事を思えば、不幸中の幸いだろう。
キセルコミュづてに、良さそうな方に権利(紙発券制ではなく、当日受付精算なので)をお譲りする事が出来たのも本当に良かった。

と、いう訳で、意外と元気な私は、今日は一日缶詰で仕事をいたします。医師には安静にとは言われたものの、仕事も展覧会の備品準備も溜まっている。
先ほど今まで使っていた折りたたみ自転車に粗大ゴミシールを貼って外に出した。もうすぐ新しい自転車もやってくるのに、早く体調を整えねば。
さらには本日、新作てぬぐいも届くらしい。ついこないだ発注したのに早い。仕事の早い人って好きだなあ。うまく出来ているといいけれど。


さて、保護猫です。気になっておられる方、ここから勝手に報告。

食っちゃ寝して、まだ少し鼻がグスグスいっているものの、元気です。
しかしやはりこの猫は飼われていた時期があるとしか思えません。教えずともトイレ以外では用を足さないし、深夜我々が寝ている間や、留守番中も一切の粗相もない。爪研ぎを買ってきておいたとはいえ、恐れていた家中引っかかれまくる(特に障子。我が家は何故か障子が多い)事も無い。とにかく利口。
我々にもすぐ馴れ(というか、かなり図々しい態度だけど)、とてもかわいいです。が、やはりペット不可問題が大きく立ちはだかります。
引き続き、「里親さん」大募集です。どなたかお知り合いにもお心当たりありましたら、当たって頂けますよう、よろしくお願いします。

そうそう、仮ですが猫猫呼ぶのもアレなので、名前を付けました。
「うめちゃん」です。梅ではなく、楳。楳図先生勝訴の日に、我が家にやって来たので。命名は工房くらげ の直ちゃんです。最初、猫を飼う事に難色を示していた家人も、どうせなら保護した日を忘れない名前がいいんじゃない?と言っていたので、即決。
そんなうめちゃんに、昨日病院から帰宅して、「うめちゃん、私、インフルエンザだってよー」と話したら、「まあー」と諦め声で言われました。
お互い早く元気になろうぜ。


さて、搬入まで一週間となりました。どうぞよろしく。
*********************************

坂本千明(版画)+みずたま雑貨店(古道具)2人展
『日々刻々』@ギャラリーみずのそら
2009.2.7(土)〜15(日)12:00〜19:00(最終日は〜18:00)
詳細はコチラ

※11日は料理家・山戸ユカさんの1日限定cha.na食堂をオープンします。
 特に予約制ではありません。お席の数に限りがありますので、少々混雑も予想されます。
定食はおそらく30食ほどのご用意で、他にも焼き菓子のセットなども出る予定です。焼き菓子はテイクアウトもあり、こちらは11日以外もカフェで販売しています。
 また詳細がわかり次第、お知らせします。

*********************************

オマケ写真はとぐろを巻くうめちゃんと、ソファと膝上好きのうめちゃん
c0138553_935063.jpg

c0138553_95984.jpg


回復祈願・1人と1匹!お一つクリックよろしくお願いします。
[PR]
こんな事ってあるのねー。
さっきゴミ出しに行くとき、マンションの郵便受けの下に動けずにいるまだ小さめの白黒猫発見。
風邪で鼻水ズルズル、目やにどろどろ。
とりあえず干しエビ(しかなかった)とお水与えて様子見たら、
最初は警戒していたものの、触らせて貰えたので保護。
だっこしたら骨骨しいのなんの。
早速うんちされ、部屋を一通り見回ったあと、今は膝の上で丸まって寝てます。

9時になったら近所の病院連れてって、薬貰って、
検査して貰おうと思いますが、
なにをどうすれば良いのかわからず・・・。
大島漫画を教本に、今まで散々夢想してきたシチュエーションなのに。

猫飼われている方、アドバイスおねがいします。

あ、9時半から版画の工房の予約しないといけないのに・・・・


<追記>
c0138553_11544972.jpg

先ほど近所の獣医に診て貰ってきました。
子猫かと思いましたが、痩せすぎ+脱水症状により小さく見えていただけらしく、
推定2〜3才の♀でした。やや下痢をしていたので検査して貰い、寄生虫などは特に問題なし。
(居てもおかしくない状況だったのに)

ここまで人に馴れているところを見ると、通い猫か、一時的に飼われていた可能性もあると。
そこを何らかの事態で絶たれてしまい、食事にありつけず、ふらふらで、我が家のマンションに
うずくまって居るのが精一杯だったのではと。
ノラとして一人(あ、一匹か)で生きて行くには弱い子ではないかとも言われました。

うーん、しかし、我が家はペット不可物件なのです。そして我が家は猫初心者。扱いが全くわかりません。困った・・・。
猫との生活はかねてより夢見てきましたが、現在の条件で実行に移すのは、後々トラブルが起きた時に、結局猫にとって、かわいそうな展開になってしまう事もあり得ます。
しかし、一旦保護した以上は、体力回復するまでは面倒みなくては。
この一番忙しい時期ですが、何とかしなくては。
そして同時に、

「里親さんを探しています!!」

どなたかいらっしゃいませんでしょうか!
体力回復をまって、諸々検査してから里親さんの元へお渡しできたら嬉しいのですが・・・。


<追記>
子猫ならともかく、大人の猫で、ノラ経験ありとなるとはキビシイよ。と愛猫家の友人からアドバイスが。これは運命と思うしかないですね、とも。
うーん、そうか。そうだろうなあ。キビシイだろうなあ。
ともかく、丸々太って貰うまで頑張ります。そんで、後々のことも考えつつ。展覧会まであとわずかだし、明日も1日工房に行ってしまうので猫お留守番(不安)だけど、何とかしなければ。
猫写真はまだノラの風貌そのままですが、きっともっと美猫になるはず。ちあきなおみホクロもあり、声はハスキー。「ママさん」と呼びたくなります。ガスヒーターが占領されていて人間が寒かったので、毛布で巻いた湯たんぽの上に移動して貰い、今爆睡中。

<追記>
実はいきなり明日猫一匹で夜までお留守番になってしまい、トイレなどどうしたものか、居ない間に部屋中糞尿まみれか・・・と心配していましたが、先ほど簡易トイレを作り、ニャンとも清潔トイレの砂を入れてみたら、あらまあっさりそこで用を足してくれました。
やはり飼われていたのか・・・。歩けるくせに、「ごはんーごはんー」とクッションの上から催促するとは、実は相当のお嬢なのか。あ!もしや下々の生活を偵察に来たお嬢なのか。何にしても、なかなか出来た子です。家人も渋っていましたが、私がトイレ砂や缶詰を買いに行っている間に、「とぐろ」写真撮ってました。なんだよー。とりあえず、早く元気になって太ってくれ。
仮の名前はまだ未定。
[PR]