<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0138553_2034933.jpg

渡辺満里奈だけならまだしも(いや、それもこれまで相当に譲ってきたつもりだが)、名倉、オマエは違うだろ。そっち側に行っちゃダメだろ芸人として。というか、オファーしたメーカー及び広告代理店、何考えてるんだか。まあ、オファーが来ても断われよという話なのだけれど。野菜から出来るヨーグルト、CM(http://yasainosenshi.com/)見るまではちょっと食べてみたいと思っていたのに、正直食べる気しぼんだよ。

あーあ。おニャン子後、サブカル目利きから始まって、ナチュラル志向〜台湾通〜ピラティス通と移行してきた「ほっこり」ぶりには、もう感心を通り越して、そのうち着物着て歌舞伎観に行き出し、一方ではフラメンコ踊り出すんじゃないだろうかと、コワ面白くすらあったのだけれど、とどめに芸人と結婚、そして妊娠、年末に出産を控え、この夫をも巻き込んだ完璧な(でも見てるこちらが嫌な汗をかかされる)セルフマネージメントぶり。仏の顔も三度まで。いや、とっくに全然笑えません。
次は育児ブログに始まり、順じて育児本出版か。難なくママ層にも浸透か。で、体型をピラティスで元に戻してまたダイエット本出版か。抜かり無く「ほっこり」しやがってーい。
つーか多分それ、紀香が歩みたがってる道だから奪っちゃカワイソウでしょーよ。(一応まだ紀香を見守る会所属)

ああ、そんな満里奈の謀略をただ指をくわえて見ている事しか出来ない自分にも、そんな自由を許している時代(大きく出たよ)にも腹が立つ。あー!!!

でも、ちょっとスッキリ。

今日は新宿タワレコ屋上でのフリーライブを、悪天候とあまりの寒さに諦めた。晴れてさえいれば、仕事放ったらかして行ったけれど。なにせ今、体が大事なのは満里奈だけではないのだ。と言っても私は妊婦じゃなくて、朝霧出陣前の身。今、風邪を引く事は断じて許されないのだ。仕事も出来なくなるし、体調不良でまた朝霧ドタキャンなんて事態になったら、もういよいよ私は呪われていると思うしかない。
とか言う割には、□□□の出番の少し前まで、私用で雨の新宿を一瞬ぶらついて、一瞬の割には服を3着も買ってしまったのだが。この寒さに物欲瞬間沸騰。デニムパンツと、デニムもどきワンピースとボーダー長T。なのに1万ちょっと。つくづくお安い人間だ。

誘った当人が行かなかったにも関わらず(ごめん)、タワレコライブに行った友の報告だと、新譜から5曲と、予定に無かったアンコールで『渚のシンデレラ』と『朝の光』を演ったらしい。かー!まだ生で聴いた事のない『朝の光』。やっぱ行けば良かったか。いやいやいや、でもいい。12月のクアトロに期待。


ふと思えば、日曜日の夕方に自宅にいるというのも久々だったみたいで、テレビから「笑点」(林家木久扇、自己紹介で早速名前間違えてたよ)やら「まるこ」やら「サザエさん」やらの呑気な音が家に垂れ流れていると、妙に平和に感じた。
しかし、さっきから喉に漂う不穏さも。ごくごくわずかに痛い気が。うーん。雨の中歩いたせいか。今朝方の、毛布にくるまってもブルッと来た寒さのせいか。あー嫌だ。ギブミー葛根湯&うがい薬!(両方切らしている)



そういや、こないだ久々に以下の寝言を披露したようだ。

「ホタテ持った?」

前日にスーパーでホタテのお刺身を買うか迷ってやめた記憶はあるものの、どういう夢だったかは全く覚えていない。


※イラストは今朝方の私。
  あまりの寒さにキャンプ中だったか?と錯覚した。
  あ、「ホタテ」もキャンプの夢か?

それとこんなものが出ます。
c0138553_21191489.jpg

私、肝心のDS本体持ってないので見られないつーね。いちいちそんな感じですよ。
とりあえず、味の素サイトのプレゼント(本体とソフトセット)に応募しましたよ。
[PR]
c0138553_22134932.jpg

九月に入ってからというもの、やたらと蚊に刺されている。
膝から下エリアに集中しているのも凄く嫌なのだが、その中でもくるぶしとか、中指の関節とか、靴下のゴムがジャストミートな部分とか、まるで現役時代のノムさんみたいに、敵(私)が嫌がり平常でいられなくなるポイントを、実に良く、いやらしく押さえている。
しかも、夕方洗濯物を取り込むほんの数分に一気に3箇所とかヤラレるのはどーした事か。刺されている最中に全く気付かない自分にも腹が立つが、秋になって、そろそろ寿命を全うしようかという瀕死の蚊に、無駄な延命点滴を与えている様でもっと腹が立つ。心なしか痒さも増す。
まあこれも「ほどこし」だと思って何とか諦めてはいるけれど。そもそもベランダのメダカ鉢でボウフラを増やしているのは己かもしれないのだな。あーあ。やっぱり網戸って欲しいわね(結局網戸問題放置したまま夏終了)。
網戸抜きにしても、今年は例年より余計に虫の標的になっている気がする。やはり体重が増えた事による体温上昇とか、一層汗をかくようになったからかなあ。悩ましいなあ。


さて、今日は久方ぶりにダラダラ出来た。
前の日記に書いた仕事上の事件(?)も一応ほぼ解決して、午前中仕事して、午後は食材買い出しと、諸々支払いなど事務手続きと、近所の古着屋ハシゴ。夏はTシャツ買ってりゃあ良かったけれど、秋に着るものないじゃない。と、ここに来てやっと気が付いた。でもお金もないじゃない。夏の間に無形物に散財しすぎて、気付くとお金だけ無くなっているじゃない。もう少し形として残るものにも投資しなくちゃなあ、私。


昼過ぎ、山田美容室(http://yamadabiyo.exblog.jp/)の山田さんから「やばい。眠くなって来た。」というメールを受け取った。予約は夕方5時かららしい。オープン早々店でウトウトするのはよろしくないよ、と「気付薬」代わりにと、有頂天と岡村靖幸のYoutubeのリンクを貼ってメールしてあげた。目、覚めたみたいで良かった。

あ、山田美容室ですが、妙に電話回線がトラブルが多くて、たまに繋がらなくなってしまうらしいです。現在改善すべく色々試行錯誤しているみたいなんですが、もしも予約してやろうと思ったら繋がらないよ、って方がいらしゃいましたら山田美容室のアドレス(info@yamadabiyoushitsu.com)にメールにてお送り下さい。よろしく。

さて、朝霧前に片付けねばならない仕事が、ジワジワ入りました。
明後日は新宿タワレコ屋上フリーライブがあるし、サッサと片付けねばー。TSUTAYA DISCASお試し期間中の無料DVDもラスト1本(観終えたら退会する)見なくちゃー。
しかし、腹が減りました。今晩もSOW土産の「ほうとう」にしよう。
[PR]
c0138553_2342668.jpg

今井絵里子スピード離婚。上手いこと言ってんじゃないぞくぬー。

山中湖から帰って久々の芸能ニュースにドブッと浸かりたい所ですが、全て頭をスルーするー。福田内閣も名月も「へ?あ、もう?」みたいな塩梅で、何かもう全くマイペース掴めないままにおります。それでも相撲部屋の親方に暴力振るわれ殺されちゃあ、ますます新弟子減少するでしょうねって事だけはわかります。


さてこんな夜更けにカタカタとキーボーディストな私。
グダグダに疲れて眠いのに、疲れ過ぎてハイ。
はーカタカタカタカタカタカタカタカタ!
山田美容室ブログ(http://yamadabiyo.exblog.jp/)、
やっと終了いたしました。
はーヤレヤレヤレヤレヤレヤレヤレヤレ!
正直、あと3日伸びていたら私も伸びていたかもしれません。
無事オープンにこぎ着けた本日、やっとこさカットしてもらって頭も心もスッキリ軽々と帰宅したら急ぎのお仕事が。だうー。
しかも自分の作品管理のずさんさが、思いっきり露呈してしまうお仕事が。もう、久々に頭抱えて泣きそうになりました。
はーバカバカバカバカバカバカバカバカ!
たった数時間で久々に潰瘍蓄えそうになってます。

もういいや。色々明日考えよう。って今日じゃん。
はーイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ!



日中は『SENSE OF WONDER』ですっかり魅了されたペペカリフォルニアを聴きながら、昼間はすっかり荒み切った家の掃除。を、やってもやってもまだ玄関にキャンプ用品がデーンとあるのはどーゆー事だ。他人様の店の掃除ばかりしてないで、自宅を何とかしろ私。いっそこのまま次回朝霧キャンプまで薄目で生活を送るかな。なんて思いつつ。

『SENSE OF WONDER』はとてもユルくて良いイベントでした。
会場の広さや設備(トイレはやや少なかったけれど)、人口密度は何しろ丁度良かった。晴れてくれていたら相当に居心地が良かっただろうになあ、というのはありますが、ダウン着れちゃうくらい寒かったのはちょっと泣きそうでしたが、また行きたいと思える空間でした。まあ、前日搬入したお陰で夕日に輝く山中湖も拝めたので良しとします。

キャンプもグルメキャンパー『NEW WAY,NEW LIFE』チームのお陰で、むんぬ凄く豪華で美味しい食事にありつけて、しかもあまり得意としていなかった「はんぺん」(歯ごたえ信者としては、あの「泡」を食べてる感じが腑に落ちないのね)をスモークという手法ならば食ベられる、いやむしろ旨い!という発見が出来て良かったです。今日が私のはんぺん記念日つー感じでした。「食べられないもの」はほぼ無いものの(あ、ゲテモノ以外ね)、「食べられるけれどあえて食べないもの」ですら克服したい卑しい私なのでした。

しかしひたすら食べてばかりでね、ギャル曽根ばりに胃袋が破裂しそうな程肥大していたと思われますが、しかしギャル曽根ばりに日に6〜7回体外放出は出来ないため、見事に体に留まられてしまい、さらにはイレギュラーな場所(ましてや簡易トイレ)では落ち着いて出来ないという性分も発揮し、体中悪玉菌だらけになって帰京。いつ何時、何処でも体外放出出来る体質を手に入れたいと切に思う。

そうそう、山中湖に行っている間に朝霧タイムテーブルが発表されて「わお!」&「なぬー!」。
こだまさん出演ならばbonobosも出しておくんなさいよってもー。まあ、いいけれど。キセル見られるし。なるべく異空間で聴きたい2人を朝霧で堪能出来るとは思なかったので嬉しいニュースでした。
まあ何だかんだで、無事に行けりゃあそれで良いのです。運動会じゃないけれど、参加する事に意義があるのです。たぶん。


あ、ダメだ。
朝霧の事書いても、全然現実から逃げられてない。
気の利いた事、全然書けないや。うんこの事書いてるし。
寝よう。寝るしかねい。
[PR]
c0138553_12305195.jpg

朝、メダカにエサをやろうとベランダに出たらビックリ。
先日、新中野の『民芸あじろ』のご主人に頂いた蓮の鉢に稚魚2匹(全長2ミリ程度。種類は不明。)発見。どうやら株分けしてもらった蓮に卵がくっついていて勝手にふ化した模様。今後も勝手に増えそうだなあ。

昨日は丸一日山田美容室(http://yamadabiyo.exblog.jp/)。
恐らくオープンまでに私がフルに携われるのは昨日が最後になりそうだったので、出来うる限りの作業を進行。まあ、主に修復だけれど。山田さんに「修復作業のサカモトさん」と異名を頂く。でもそれって「二度手間」って事だから、あまりよろしくないのでは。

作業的にはまだ細々あるのだけれど、たぶん全てが完了するにはあと数週間かかってしまうだろう。インテリアも全て揃ってはいない。けれどオープン日が決まってしまうと、開き直りと諦め(良い意味で)がある程度重要になってくる。長くかかるだろうと覚悟はしていたけれど、いざ参加してみたら「やっぱり長!いや予想を遥かに超えて長!で、辛!」とわかったこのトライアスロンも、そろそろ持久力の限界というか、序盤の泳ぎと自転車に時間駆け過ぎましたというか、今レースを終えたらすぐ、本当のレースが待っているというのに、その前にパタリと倒れてはいけない訳で、ましてや飽きて途中でリタイヤも出来ない訳で、そういう意味ではゴール(実は通過点だけれど)が決まって良かった。
別に完璧である必要などないのだから、オープン後もジワジワ作って行けばいいと思う。まあ、それも店主じゃないから呑気に言える事ではある。頑張れ山田さん。


さて、昨日が内装ヘルパー最終日、というのは、明日から呑気にキャンプに行ってしまうのだ。いや、まさかここまでオープンが伸びるとは思ていなかった時期に決まった予定なのだが。
『SENSE OF WONDER』(http://www.s-o-w.jp/)に出店する友人の陶芸家Nと、同じく友人アップリケTシャツブランドのNEW WEY.NEW LIFE(http://nwnl.hp.infoseek.co.jp/)チームに便乗参加。
イベント自体は日曜1日だけなれど、前日からキャンプ入りして2泊して帰京予定。
しかし朝から荷造りしているものの、キャンプ自体が一年ぶりくらいで、何を持ったらいいやらさっぱりわからず。なのに荷物がどんどん大きくなる不思議。ハンモックとかシャボン玉とか、必須じゃないものばかりが場所を取る不思議。絶対忘れ物多発の予感。してこの夏日和。昼間激しく暑くて夜激しく寒そうな予感。虫も多発の予感。9月に入ってから、やたらと虫に刺されまくりの私なので、完全防備で挑まねば。あーでも楽しみ。なんつっても今年初キャンプ。朝霧の予行練習も兼ねられるし。朝霧チームリーダーN美さんから借りたテント設営を完璧にマスターする意気込み。
ライブ出演は沢山いるみたいですが、Pepe California、toeを見られたらいいなあ。
[PR]
c0138553_12492916.jpg

一昨日は友人で陶芸家Nのお誘いで、キセル@BlueMoonぶりに逗子に行って来た。
『こころのまつり(http://kokoro.rootstock.net/)』をひやかしに亀岡八幡宮へ。

人気の『わかなぱん(http://www.wakanapan.com/)』も買えるので気合い充分タッパー持参で12時到着したものの、既に11時には全て売り切れ。周りを見渡せどカレーやチリビーンズお焼きなどの「ご飯系」出店は全て売り切れ。ランチにありつく計画もあっさり失敗。仕方なく『わかなぱん』のジンジャークッキーを無理矢理アテにしてオーガニックビールをグビグビ。 『こころのまつり』は前回Nが出店した時も相当にゆるかったけれど、なお一層のゆるみぶりだった。

「次回あたり、おにぎりとか握って売れば、
 結構売れるんじゃないの?」

全くゆるくない発想の我々。
出店していたN友達のお店でホーロー皿とスプーン購入。ワケありニット帽も500円で。これらは全て朝霧持参予定。
久し振りにkazzさん(http://www.kazz.vg/)の演奏を見て、さてそろそろ移動しようかと思いつつ覗いたフリマ出店のお店でレアグッズ(?)発見。
c0138553_12495438.jpg
c0138553_12511778.jpg

目に飛び込むなり手に取って「こ、こんなもんがあるのか!」と心で大ウケしていたら、

「あーそれ、コブクロよ」

と出店者らしきオバハンの背後からの売り文句に、吉本新喜劇ばりにズッコケそうになる。よくありますね、不要品をテキトーに集めて、何だかわからないまま売ってるっての。
即座に一緒に出店していた娘さん(?)が訂正していたけれど、彼女もコレが何だかよくわかっていないご様子。知人が職場(ピンバッジ工場なのか、キリンジスタッフなのか)で入手したとかなんとか。

私「おいくらですか」(聞く前から買う気ではありながら)
娘「あーソレ、 一個100円とかで売ろっかなーって思ってたんですけ‥‥」
私「全部下さい!」
母「やっぱり好きな人は好きなのね〜」
 (コブクロとか言ってたくせに)

あーいい(いや面白い)買い物した。
その後は鎌倉に移動し「小田急か?」と見まごう混雑ぶりの江の電でNの委託作品納品と、空腹+ビールのせいでフラフラになった体を引きずって、一刻も早く胃袋を満たそうと長谷にある『麻心』(http://www.magokoroworld.jp/)へ。辿り着くなり「もうランチタイム終わっちゃったんだけど」という言葉に死刑宣告並にショックを受け口がパッカリ開いてしまった我々を見かねて、特別にカレーと豆乳スープを出して頂いてしまった。五臓六腑に染み渡る旨さだった。

で、そのまま家に帰るにも何となく中途半端な時間になってしまったので、山田美容室をひやかしに旗の台へ移動。特に作業がある訳でも無し、そもそもホロ酔いで作業どころでは無かったものの、家具屋回り帰りの山田さんと3人でだべりまくり。ここがオープンしたら、閉店後にこんな風に押しかけて、あーだこーだと友人らで語り合う空間になりそうな近未来フラッシュバック。結局11時頃まで居座ってしまい、

「明日、椅子が到着するの見たいでしょ〜ん?」

という山田さんの誘惑に負け、昨日は午前中から山田美容室入り。そのまま一日家具屋巡り同行(http://yamadabiyo.exblog.jp/)。
私は助手席に乗っていただけだったけれど、それでも家具屋のハシゴはなかなか大変。回った分だけ素敵な出会いが約束されているというものでも無い難しさ。しかし目黒通りの家具屋乱立ぶりは、ちょっと不気味ですらあった。軽く異国旅行気分。どうせなら長屋になってくれりゃあ見る方も楽なのにねー、と100%難癖つける我々。私の場合はほぼ「やっかみ」だったが。

前日に引き続き食事難民になりつつ、夕方ようやく『Found』(http://www.foundltd.com/)でランチ。手打ちのフェトチーネが、エビとドライトマトのソースと見事にコラボしていて、相当に、素晴らしく、文句の付け様の無い美味さだったのだけれど、あまりに空腹すぎたため「全然足りない」と、帰りの車内でコンビニで見つけた「じゃがりこ」コーンポタージュ味(期間限定)をじゃがりこじゃがりこと食らう。しかも評判通りイマイチのお味を自己確認しつつ。

「あんな美味しいもん食べて、
 こんなジャンク菓子でシメようなんてあたしらサイテーだよ!」
「『Found』の素敵なお姉さんに申し訳が立たないよ!ワハハ!」

まあ、所詮「小洒落」とは縁遠い人間です。じゃないと、人生やってられません。
この連休でますます自分の質が見えた気がした。

さて、今日はこれからランチ食べたら、近隣エリアの家具屋を個人リサーチの旅に出かけます。
[PR]
c0138553_13352412.jpg

朝型の私には珍しく夜型が続いている。 (仕事じゃないってところがアレですが)
今朝も4時半まで起きていた。で、6時半にゴミ出しに起きて二度寝パターン。よく考えたら4時半の段階でゴミを出しときゃあ良かったよ。

昨夜も家飲みしていたのだけれど、酔い覚ましに高円寺ブラブラ。「夜風に吹かれながらNujabes聴きたいぞ」という衝動に負けて若干千鳥足で。あー気持ち良かった。
ついでに文庫センターに立ち寄って、bonobosの蔡君ブログ(http://www.voiceblog.jp/bonobos_sai/)に書かれていた『自虐の詩』(著/業田良家)上下巻購入。フラッと行って欲しい本が普通に手に入る有り難さを実感。(まあ文庫センターはちと特殊だけれども)町田時代、欲しい本は悉く「お取り扱い無し」で「ご注文」だった。amazonでポチッとやって翌日配達も素晴らしいけれど、やっぱりこの「あるかなー」で「おお、あった」という喜びは格別。
あー引っ越して良かった。

で帰宅後、『タモリ倶楽部』→『検索ちゃん』→『虎の門』の金曜の夜行程を順当に踏みながら、早速『自虐〜』を読みふけり、上巻を読み終えたあたりで、テレビの深夜映画枠で『マッハ!!!!!!!!』が始まってしまい、トニー・ジャーの脅威の身体能力に「すげい!!!!!!!!」と興奮し、うっかり最後までがぶり四つ鑑賞。で、気付いたらお空が白んでいた。いくらコラーゲン摂取したとて(ハナマサで見かけた豚耳を夕飯に炒め物にして食べた)睡眠不足じゃ意味が無いよなあ。

で、起き抜けに寝床で『自虐〜』を一気に読了。号泣。朝っぱらから。色々なレビューでも読んでいた「下巻後半のたたみかけ」が、予想に反し、さらに上回る展開を見せ、まさに私ダム決壊。上巻のまったりモードに油断しすぎていて膝カックンされた気分。下巻を読み終えて改めて上巻を読み返すと、何かもう全然「まったり」じゃなくなるんだよなあ。阿部(寛)ちゃんと中谷美紀で映画化されるらしいけれど、中谷美紀じゃ美しすぎ。松子の幸薄さには近いかもしれんけれど。もう少し淫美で昭和な感じが欲しいところ。山口美也子とか伊佐山ひろ子とかがもうちょっと若かったらなあ。て淫美過ぎか。

さて。
昨日は新中野にある『肉のハナマサ』にパルミジャーノを買いに行って、そのついでに青梅街道沿いにある『民芸あじろ』に立ち寄った。実に6年ぶり。町田に引っ越す前は、たまに立ち寄っちゃあ益子焼きのお皿やら、籐籠製品やらの民芸品をポツポツ買ったりしていた。買い物目的というよりは、お店の看板娘であるお婆さん(当時75〜80歳くらいか)とのやり取りが楽しかったのだった。品の良い着物に前掛けをした小さいお婆さんのゆったりとした接客ぶりが好きdだったのだけれど、何か買うとオマケと呼ぶには勿体ない様な菜箸をこっそりくれたりするので、あまり繁盛している風でもないし申し訳無い気分になったりしたものだった。今でもずっとその菜箸は使っているけれど、使う度に「お婆さん元気かなあ」と思っていた。

お店に入ったらお婆さんでは無く、息子さんらしき(60代くらい)品の良いオッサンが前掛け姿でそこに居た。例によって何か目的がある訳では無かったので、適当に器を見ていたら、つい先日すり鉢を割ってしまった事を思い出し、小さめのすり鉢を買う事にした。「これ下さい」とレジに持って行くとオッサンに

「ああ、良いものを選ばれましたね」

と言われて「はっ」とした。これと同じ事をお婆さんからも言われた事があり、その時妙に嬉しかったのを思い出して「わー」となった。
焼き物という分野は、その価値がよくわからなすぎて、商品を手に取っただけで自分まで誰かに値踏みされてしまいそうなところがあると思うのだけれど(骨董市なんかの、客側の緊張感たるやもー)、そのせいで妙なプレッシャーを感じていた当時の私にはとても優しく感じる言葉だった。(買ったものも安物だったし)たとえそれが誰にでも言っているサービストークだとしても、嬉しかった。
結局お婆さんの事は聞けず終いだったけれど、店だけではなくて、そういう所もしっかり受け継がれているという事にホッとした。

お店を出ると、店先にそれは見事なメダカ鉢がいくつもあり、
c0138553_13342427.jpg

我が家のとは品種の違うメダカ(黒メダカ)が沢山いて、蓮も元気が良くて、見事なビオトープ(とかいう言葉が出始める以前からあると思われる)にも感心して眺めていたら、オッサンが外に出て来て、フフフッて感じで「よかったら何匹かあげましょうか?」と言ってくれた。黒メダカには正直心が揺れたけれど、数はもう充分なので丁重にお断わりして、飼育方法や蓮の話などを伺っていたら、ブチッと蓮の根っこの一部をちぎって株分けしてくれた。えええ!い、いーんですか!!

「来年にゃあ、このくらいに増えてるよ」

とオッサン。
あー、本当に引っ越して良かった。




こちらが購入したすり鉢。
c0138553_13331946.jpg

来年は繁殖しているはずの蓮。
c0138553_13332748.jpg

[PR]
c0138553_0362883.jpg

久し振りに安ワイン(不味い梨を消化しようとコンポート用に買ったやつ)で酔っぱらっていつの間にか寝ていて、今頃起きてしまいました。
あーこんな中途半端に睡眠取って起きちゃって、この後ちゃんと寝られるのかな。寝られるんだよな、これが、いくらでも。


私の人生通算何個目だろうかって感じで、本日カラーボックス一個購入&組み立て。もういい歳こいて(?)カラーボックス買うのも嫌なんだけれど、吟味して家具買いたいんだけれど、今まで引っ越しを何度も繰り返してきた身としては、吟味したものでも手放さねばならない時というのが多々あって、その度に苦々しい思いをしていて、特に今回の都心返り咲きの様な、前より狭い場所への引っ越しを経験すると「あーもー家具なんて何でもいーよ」と思えてしまう。で、カラーボックス(しかもせめて無印とかでもなくてオリンピック)。買うも手放すも躊躇一切無し。これでいまだに荷物てんこ盛りだった寝室も少しは片付くか、と思ったら全然足りなかった。また明日買って来よう。もう目をつむってでも組み立てられちゃうなあ。せめて色でも塗り替えるかなあ。

そういやこないだ自転車こいでたら、いかにも貧乏そうな青年が組み立て済みカラーボックス2個を、棚の部分に手を入れ、ちょうど両手でお盆を持つ様な感じで、まるで新しいエクササイズか何かの様に持って歩いていた。恐らくリサイクルショップで買って、そのまま家まで持ち帰っている最中だったのだと思うけれど(その証拠に黒とナチュラルカラーの色違い。気持ちがイイくらいコーディネート無視)、カラーボックスってそういうもんだよなあ、貧乏学生の象徴の様なアイテムだよなあと思った。収納達人と言われる近藤典子が、どんなに忍者屋敷みたいな収納豪邸建てようがイマイチしみったれ臭が漂ってるのって、信用ならない感じって、絶対カラーボックスとか使っちゃうせいだよなあ。


ところで今、起き抜けの私の髪型を見た家人に

「ひすわしみたいだな」

と言われた。一瞬「何語?」と思ったけれど、眠っていた記憶が呼び覚まされた。鳥山明の初代アシスタント「ひすわし」か!あーでも絵までは思い出せない。悔しい。ネットで探しても見つからない。あー私は今いったいどういう髪型になっているんだ。お風呂上がりの生乾きのまま寝ていたから、それはもう相当な事になっているが、それより「ひすわし」が即座に出てくる家人も相当だ。


あー、安ワインのせいで、喉が激乾き。しかし、今我が家には牛乳以外のソフトドリングが一滴も無い。今、牛乳は一滴も飲みたくない。徒歩30秒のスーパーはもう閉店。わー、行くか?コンビニに。ひすわしで。わー、面倒くさい。
[PR]
c0138553_23574313.jpg

雨の日は酸素が薄いのかひたすら欠伸連発。

昨日はまんまと空の思うつぼで、私無縁の地ダントツ1位の六本木で見事に足止めを食らった。 午前中から森美術館で開催中の『ル・コルビュジエ』展(http://www.mori.art.museum/contents/lc/index.html)を観に行って(模型が沢山あったり、実寸で建物が再現してあったりして面白かったけれど、クーラーが寒すぎた)、観賞後は六本木ヒルズ内の中華屋で『土鍋ご飯』をオーダーして、その旨さに激しく感動したものの六本木価格には激しく反発しながら、学生時代にバイトしていた定食屋の常連であった柔道部員の食いっぷりよろしくバクついた後、さて移動するかと思ったら、まさにバケツをひっくり返した様な雨が降っていた。またそんな日に限って白いスニーカーを履いている自分に軽く失望。
c0138553_23584162.jpg


仕方なく縁もゆかりも無いヒルズ内で無駄に時間を潰して、ご機嫌ナナメの彼女に散々悪態つかれるのをひたすら黙って聞いて「あーもう気が済んだ!」って感じで雨が止んだ後、日比谷線で恵比寿に向かう途中、お向かいの座席に座った人(男性40代前半?)が、乗り込んでくるなりその濡れた革靴(ピカピカに磨かれた)を取り出した1枚のティッシュで拭き始めて、汚れたら折り返してキレイな面を出し拭いて、また汚れたら折り返して‥‥を繰り返し、むんぬ凄く小さい塊になるまで使い切って、キッチリと念入りに水滴を処理(まさに「処理」という感じ)していた。スーツも、鞄も、ネクタイも、おぐし(と呼びたくなる、まあいわゆる落ち武者系ヘア。横の毛髪で頭頂部フォローもぬかり無し)も、全部キッチリしていて、でもその後恵比寿で下車するまでずっと爪を噛んだり、唇の皮をチマチマ指で剥いだりしていた。動きの全てがその人の中では必要不可欠というか、長年続けてきたせいで職人的ですらあるいうか、迷いがないというか、つい見入ってしまった。
で、その人の隣に座っていた人(男性30代後半?)が、白パンツに白スニーカー(同志!)姿で、まんまと雨にやられた汚れっぷりで、でも「こんな日に白を選んだ自分の愚かさ」に気付いている様子すらも無いといった無神経な雰囲気で、実にコントラストの効いた2人だった。まあ、どっちにしろ「モテなそう」だった。て、私に言われたかないですね。

恵比寿駅に行ったのはモンベルショップで寝袋のリサーチ(ネットではわからない感触を確かめに)をするためだった。
天候が不安定だったので「そうだ、駅の目の前にある恵比寿店ならば濡れる心配無し!」と思ったのだが、改札を出て、すぐ目に飛び込んで来るはずのモンベルショップがビルごと無くなっていて、キツネに化かされ気分で立ち尽くす。確かこないだUNITに行くついでに立ち寄ったばかりだったのに(大掛かりな改装という事らしかった)。
仕方ないので渋谷店に移動して、他にお客も居ないのを良い事に店員のお姉ちゃんに寝袋の試着(?)をお願いしてみる。ちょっと「へ?ココで?」って感じで笑われたけれど、上司らしい店員のOKが出て「せっかくですから、雰囲気出すためにココでどうですか?」と進められるがままに、ディスプレイされていた1人用テントの中で2種類試し寝。かなりおマヌケな絵だったけれど、いやー実際に寝てみたら自分に向いている方がハッキリ判明したので良かった。

その後ハンズを冷やかして、風呂及び洗面台グッズ売り場でうだうだ悩んで結局何も買えず。新しい携帯タンブラーも見送って、クロックスの長靴の試着だけして帰宅。疲れ切って夕寝。起きたらすっかり夕飯時で、前日かちむつみさんのライブを楽しんだ後に行った奈良美智さんのAtoZcafe@青山(http://atozcafe.exblog.jp/)で食べた『鶏もも肉の柚胡椒焼き』の再現にトライ。普通に美味しかったけれど皮のパリッと感が足りなかったので、次は粉をまぶして重しをして焼いてみようと思う。

夕飯後、TSUTAYAディスカスで届いたDVD2本鑑賞。『プリシラ』と『蛇イチゴ』、どちらも私好みの作品だった。『プリシラ』は荒野をひた走るロードムービーという点がこないだ観たばかりの『BIG RIVER』に、オカマちゃんが悲しく可愛らしく逞しい感じが『メゾン・ド・ヒミコ』に重なりまくる。『メメント』のガイ・ピアースが見事にオカマをやってのけているのだけれど、漂う危なくて厄介そうな雰囲気が『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナルのそれに重なって(そういやこちらも荒野を車でひた走っていた)、凄く魅力的だった。実際に近くに居たらかなり面倒くさい人に違いないのだけれど。

『蛇イチゴ』は手塚とおるの演技が少し違和感があったけれど(まあ、あれはそういう役柄なので良いのだけれど)、『ゆれる』同様練りに練られた言葉選びで、親戚や家族間のやり取りが、もーコワイくらいにリアルで、改めて西川監督に拍手。

しかし、それにしても雨ノールール降りが続く。
ベランダでボウボウのバジルも摘み取ってソースにでもしとかないと、そのまま枯れて今年は終わっちゃいそうだし、銀行に、郵便局に、文庫センターに、食材買い出しに行かねばーと思いつつ苦手なアイロンがけ。真夏にかけるよりはなんぼかマシだけれど、この時ばかりは世の中の服全部シワ加工になればいいのにーと思う。ツモリチサトのシャツになってしまえと。が、そうなったら恐らく先に書いたキッチリさんが発狂してしまうかもしれない。

全く関係ないですが、♪朝はパン!パンパパン!っていう松下由樹の歌が頭をグルグル回っていて、無性に美味しいパンが食べたくなっています(フジパンじゃないって所があれですが)。それも涼しくなったって事だなあ。
お。雨が止んだ。出かけるか。
[PR]
c0138553_12361735.jpg

ニッセンと関係を持った記憶はございませんの坂本です。
(CM見る度「ああ?」って思う)

いやー『情熱大陸』の大竹さん、面白かったですね。
いつもは素敵と思える窪田等さんの落ち着いたナレーションが妙にまどろっこしく聞こえたり、テープカットではめられた白い手袋にあんなに違和感を感じたのも全て大竹さんだったからか。大竹さんの圧倒的なパワーのせいか。
普通ならば無駄だと切り捨てられてしまいそうな場面が、どうでもいい様な言葉が、大竹さんにかかればむしろそっちの方が力強く、重要で、後光を放ってしまう感じが、あの大竹さんの怒濤の作品たちにも共通している様で、なかなか不思議な編集のされ方でした。中学生の娘さんとのやり取りとか、宇和島のノラ猫との対話(心の)とか、瓶ビールで焼きそば食らいながらのスナックのママとの会話とか、全てが同一線上にあるというのが、父親でも島のオッサンでも客でも無くて、全部「大竹伸朗」であるという事が、何だか凄い事だなと感じました。ジャイアント馬場ボーカルの曲を聴きながら、

「人間が『大きな筒』なんだって思うよね」

ってさーもー。
しかし、いかんせん30分は短い。短過ぎる。見足りない。
昨年末の『全景展』で注文したはいいけれど、出版が遅れに遅れていまだ手元に届かないカタログ、もー全然待ちますわ。待ち過ぎて石になったとしてもそれはそれ。

この土日は山田美容室作業(http://yamadabiyo.exblog.jp/ )にぼちぼち通っておりました。
プレオープンも始まって、友人Mが記念すべき一人目のお客さん。しかし、カット終了後、棚の取り付け作業を手伝わされるお客さん。どうもお疲れ様でした。
旗の台の良心価格の中華料理屋で夕飯を食べて、たまにゃあ息抜きとストレス発散だー、と3人でカラオケへ。「合コンするならぜひ二次会はカラオケにしたまえ」と言いたくなる様なMの歌声にすっかり癒された我々でした。また行きましょう。

と言いつつ、明日はまたしてもMとかちむつみさんhttp://www.geocities.jp/kachi_m_72/のソロライブに参ります。
先日の吉祥寺『どいちゃん祭り』の帰りの電車でたまたま一緒になったというのがキッカケですから、人生何処に出会いがあるかわかりません。これだから面白い。

そうれはそうと、朝霧と23日の『SENSE OF WONDER』(http://www.s-o-w.jp/ 工房くらげとNEW WAY,NEW LIFE http://nwnl.hp.infoseek.co.jp/のお二人の出店に便乗。今さらながら今年初キャンプ)用に早いとこシュラフ買わないとなあ。(今までスーパーで買った980円寝袋を使用し続けたつーのも我ながら凄い)って、今スケジュール帳見たら、今月って3連休が2回もあるのか!で、10月頭も3連休。凄いなあ。休むね皆。行楽な訳ね。梨とかブドウとか狩る訳ね。キノコ採ったりする訳ね。ああ、そうだ。父が昨年病に倒れた(まあ、実際は倒れてはいないのだけれど)のも、まさに近所の松林にキノコ採りに行った時だったっけ。という事はもうすぐ一年と経つという事か。早いなあ一年。早すぎてちゃんと歳が取れないよ。どういう言い訳してるんだか。大竹さんごめんなさい。
※イラストは「残暑厳しいながらもすっかり秋なんです」の図。
 こちらはB全サイズでお出迎えの我が家の玄関。
c0138553_12343959.jpg

[PR]
c0138553_172164.jpg

朝っぱらからテンションが軽く上がるニュースでした。
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/09/05/0000600506.shtml

豪邸(石垣島の自宅以外に別荘なんかも)訪問番組で見かけた時は、セレブ妻と呼ぶにはあまりに品も落ち着きも無く、パンサー父(元祖ちょい不良の風体)がコツコツ手作りしたという素敵な内装とも微妙に違和感があって、「わー、この人大丈夫か?」と思ったものだけれど、意外性無いなあ。まあこの水戸黄門のラストみたいな「わかりきった結末に向かう気持ち良さ」のせいで逆にスカッともする訳ですが。
オサレ代官山にあるというオサレ子供服ショップ、通っていたオサレママ達も含め大打撃ですかね、やっぱり。‥‥このくらいにしとこ。やっかみ全開になってら。


さて台風ですね。
やっと仕事が終わって久々にまっさらフリーデイだつーのに。
でも昨日からの気まぐれで酒乱ぽい空模様にも軽くハイ。早々にベランダのメダカ鉢を非難させて(雨ってあんまりよくないとかなんとか)、よしずの固定も抜かり無く。さあ、いつでも来い。
台風は嫌いじゃありません。家の中にいるぶんには。ドラマの過剰演出の様にザバザバ降る雨とか窓越しに見ていると、織田裕二なんかが道端でズブ濡れで立ち尽くしていそうで(その視線の先にはやっぱり鈴木保奈美が口半開きで立ち尽くしてる感じ)いいです。いいか?
そういやこないだ日テレの『スッキリ!』で、『世界陸上』放送期間中の織田ちゃんが着ていたシャツを日ごとに分析(?)していたけれど、あれは悪意がみなぎっていた。テリー伊藤、真顔で語ってたし。でも、公にテレビで織田ちゃん(芸能界アンタッチャブラーの1人)を茶化すってのはなかなか度胸がいる(しかも朝っぱらから)のでそのチャレンジャー精神は買いたい。

で、話がそれました。
仕事が片付いて、でも山田美容室内装作業はお休みで、まあ台風だし家でダラダラするかと思っても、TSUTAYAから新たなDVDはまだ届かず、見たいテレビも無く(ホント、オモロ番組不作!)、台風だしわざわざ遠出してもねえ、という感じで、久々に時間を持て余しております。
仕方ないので、これから近所のまつパーに行って来ます。自慢の逆さまつ毛の自己主張に我慢の限界。ホットペッパーで見つけたところなんだけれど、初回割引が凄すぎて逆に不安です。電話で予約したら、とあるマンションの「401号室」を指定され「表札には『あべ』と書かれていますから」と言われ素直に不安です。個人宅なんかよ。営業許可取ってんのかなあ。隠れ家っぽい雰囲気は微塵も感じなかったけれど。まつ毛無くなったらどーしよ。


話は違いますが。
先日近所の細い商店街を徘徊していたら、向こうから見覚えのある顔が自転車を漕いでやってきた。

「あ、きく姫だ。
(http://www5.mediagalaxy.co.jp/kyoiku-shuppan/monoshiri/box/kikuhime.html
 柳家花緑の奥さんで、うっかりしていると何か見てしまう
 テレ朝『東京サイト』のお姉ちゃん)」

とすれ違い様に思ったのだけれど、テレビで見るより余計に顔が薄い。というか、オーラが無い。別人か?いやー、にしては似てる。ソックリだ。たぶんスッピンだった(眉毛が無かった)からだな。へー、高円寺に住んでるんだなあ。とあっさり納得して、その二日後。今度はうちの近所のスーパー前でまた遭遇(やはり自転車で)。でも、やっぱり確信が持てない。いや顔も髪型も背格好も限りなく果てしなく「きく姫」なんだけれど、95%くらいきく姫なんだけれど、あと5%何かが違う。何かが惜しい。眉とオーラの有る無しか?それともやっぱり他人のそら似か?たった5%違いの?似過ぎだよ。だったらもう本人でいーじゃんて話だよ。ってのは乱暴か。姉妹か?調べたら中野出身らしい。て事はやはり本人か?わーーーー。

とここ数日モヤモヤしている。
しかし、一番は「きく姫なんかでモヤモヤしている自分」にモヤモヤしている訳だが。
この次こそは本物か別人か見極めてやるー。
[PR]