<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

苦手な苦手なDM版下入稿終了!ああ毎回この時ばかりはギャンブラーな気分である。
ひと仕事終えて眠たいが、今度は通常仕事。寝るのは楳に任せた!
c0138553_1094960.jpg
c0138553_10103423.jpg
c0138553_10105826.jpg
c0138553_10112494.jpg
c0138553_10114284.jpg



ブログランキングに参加中です
[PR]
c0138553_22351373.jpg

どうやら風邪を引いてしまった。
少し前から家人が悩まされ続けて、最近ようやく治りかけてきたのと全く同じ咳風邪を。油断した。油断ついでに、昨日は旧友であるIさんと吉祥寺で飲んで、三軒ハシゴしてご機嫌で帰宅したのだが、二日酔いだか風邪の症状なんだかわからない頭痛で半日を棒に振った。それでも午後には復活して、明日予定していた友人宅への訪問(大阪に嫁いだお片づけクイーンH子が子連れで里帰り中につき、友人らと訪ねる計画)の準備をしようとしていたのだが、咳は相変わらず治まらない。まだ小さい子供が2人いる場に、「細菌兵器なう。」な私が行って良いものか?いや、フツーに考えて良かないわなー。という事実にはたと気がつき、泣く泣く参加を見送る事に。あー何というタイミングの悪さ。
成長したお子はもちろんだが、H子に会いたかった。彼女が阿佐ヶ谷から大阪に引っ越してからだから、もう随分会っていない。お子の写真はメールや年賀状などで送られてくるけれど。
ちょっと逸れるが、年賀状のお子オンリー写真、あれ出来たら家族写真にしませんか?皆さん。貰う方としては、友人知人らが今どうしているか、その近影が一番知りたいものだと思うのだけれど。
という訳で、明日行かれる友人らに母となったH子近影を託そうと思う。


話は変わって。
昨日から阿佐ヶ谷CONTEXT-Sにて、陶芸家・駒ケ嶺三彩さんの陶展「方舟」が始まりました。
駒ケ嶺さんはCONTEXT-Sのスタッフもされていて、いつもフラフラと訪ねていっては、お茶とおやつを御馳走になって帰るという「学校帰りの小学生」の様な私であるのだが、年に一度の彼女の個展をとても楽しみにしておりました。早速初日に押しかけ。いつもは第一印象で「コレ」と思って購入するのだけど、何だか今回は迷いに迷い(駒ケ嶺さんの制作話を聞いたりして揺らぐ揺らぐ)、結局使い勝手の良さそうなお皿を一枚お取り置き。しかしホントは「方舟」と「廃墟」というオブジェが気になっている。でも「もう我が家には置く場所が無いじゃないの」というカツオと、「欲しいんだろ?買っちまえよ!」というカツオが、両の肩で囁きかけ、どっちが天使カツオで悪魔カツオなんだかはわからないながら、深呼吸すべく一旦撤退。(というか吉祥寺に飲みに行った)会期は30日(水)までなので、ゆっくり悩むとする。
皆さんもぜし足をお運び下さいませ。
c0138553_22401591.jpg

ちなみにこの駒ケ嶺さんとは11月に2人で展覧会を計画中であります。どんなものになるかはまだ全く未着手ですが楽しみ。


さて、そんな訳で明日はポッカリと自由な身となってしまった。熱がある訳ではないから、有効に使おう。
日曜日の刷り作業の準備と、恵比寿のギャラリーMalleで開催中の渡邉智樹さんの個展にも行けそうだ。


※明けて26日。咳でほぼ眠れず、午前中から病院へ行き、そのまま絶賛寝込み中。刷りの準備どころか、出歩く事も出来ず。おーい!(泣)


ブログランキングに参加中です
[PR]
昨日、楳のベッドを新調した。
これまで使っていたのは温かい素材だったし、もう大分ボロボロだったので。高円寺の金物屋にて1200円くらいのもの。
c0138553_1024581.jpg


まあ、そこで寝入る姿はいまだ見てないけれど。わかっちゃいたけれども。
c0138553_103359.jpg


楳ポストカード、顔面バージョンもあります。猫相悪めでよろしく。
c0138553_1012097.jpg


家人が外付けCD/DVDドライバーを仕事場から持って来てくれたので、やっと普通にCDを聴きながら作業が出来る!て事で、S.L.A.C.K聴きまくり。



やっぱりこれ、最高。(また載せちゃう)




ブログランキングに参加中です
[PR]
c0138553_16544135.jpg

夜中に胸に激痛が走って飛び起きた。と言っても、持病の発作が起きた訳ではなく、楳が寝ている私を起こそうと噛み付いたのだった。えええーっ。
いや、胸というか、肩甲骨の少し下、房の少し上、ちょうど心の臓の真上あたり。こんな年々げっそりしていく部分に噛み付くという無駄に高等テクを使ってまでして、私を起こしたい猫。何なんだよいったい。胸の痛さに気を取られ、後々になってから気が付いたが、両の二の腕にも鮮度高めの噛み傷があった。既にここを攻撃したものの、私が全く起きなかったので、痺れを切らし奥の手(胸)を使ったらしい。その一歳児レベルと言われる小さな脳みそで練った策は見事大成功とあいなったという訳か。飛び起きたもんな私。

もー本当に勘弁してー!!!


...そんな話はさておき。
先ほど入谷にあるガレリア・アッカで開催中の友人陶芸家・高橋朋子さんの個展に行ってきた。今月、グループ展も含めると何と3つもの展覧会を行っている朋ちゃんの凄さよ。見習えよ私。本人「終わったら灰になる気」との事であったが、いや、ホントだよ。

して作品は、そんな劇画タッチな想いを大きくソフトに包み込む様な、毎度素敵なものばかりであった。
c0138553_16473554.jpg

c0138553_1645387.jpg

我が家でも愛用している朋ちゃんの器。今回も前回購入したぐい飲みと同じシリーズのフリーカップを購入。とはいえ、土を変えたとかで、確かに同じ白磁でも乳白色の風合いや、光の透け方も違っていた。磁器、面白い。
c0138553_16475698.jpg

会期は26日(土)まで、12〜19時(最終日は17時まで)です。ぜしぜし。

帰りにギャラリーのオーナーさんから教えてもらった入谷の人気パン屋グーテ・ルブレで、売り切れ必至という石窯焼きカレーパンや、シリアルみっちりパンなど色々しこたま買い込み、浮かれて高円寺へ戻った。その足で、昨日工房帰り、取りきれなかった手のインク汚れのせいで手に取る事を遠慮した「むげん堂」のワンピースを、今日は買ったるでー!と思って行ってみたのだが、実際に手にしてみたら、何か、全然、イメージと違った。で、結局そのまま帰宅。まあそんなもんである。
ワンピースを買えなかった分は、パンの重みが完璧にフォローしてくれていたので、引き続き浮かれて歩いていたら、家の前で「熱冷まシート」をおでこに貼ったままの爺とすれ違う。「熱冷まシート」をおでこに貼ってまでして、出かけなくてはならない理由のある爺にも見えなかったのだが(失礼)。あれかな。暑さ対策だったのかな。

オマケの入谷写真。
いい色の謎の板がいっぱい!と思ったら昔のミシン台の天板みたい。古いミシン屋さんの前に無造作に置かれていた。
c0138553_1650228.jpg

スナックなの、喫茶店なの。スナック菓子ばかりを出す喫茶店かもしれない。何にしてもいい字体。
c0138553_16512854.jpg



ブログランキングに参加中です
[PR]
マウス絵サボってるからって訳でもないですが、7月の2人展用の作品の他に、ポストカードを少し刷っています。
今回は私欲オンリーで楳ポストカードも。こちらはその版。
c0138553_1030285.jpg

ええ、親バカ、猫オバハン呼ばわり覚悟です。上等です。
お楽しみに。


ブログランキングに参加中です
[PR]
どうもお疲れ気味であります。まあ、この気候でありますので、皆様お疲れでございましょう。
気分転換にブログを書こうとしても、どうも長文を書けるコンディションになく、いや別に長文である必要はないものの、ついついついったーに逃げ込む毎日。結局自分の言葉など、留めておかずに、どんどん水に流していきたいそんな季節なのかもしれません。

にしても、前の日記から10日空けてるのはマズイんじゃないか、という事でダラダラと。別に誰も「そりゃマズイよ」とは言って来ないのだけれど。何も書いてない割に、何故だかアクセス数がいつも以上にあったりして、小心者故、これは何かの圧力か?どこぞでこのブログが槍玉に上げられてるのか?などと不安に思ったり思わなかったりもして。

とはいえ、えーと今週何してたっけ?うーん...思い出せない。主に版を作っていたけれど。あ、帰省前から観よう観ようと思っていた『ヒーローショー』をやっと観た。観た後は、訳のわからない涙が垂れ流れそうになるのをドンヨリと堪えつつ、世界堂に行った。そしてパネルをわんさと買って、逃げる様に家に帰ってずっとドンヨリしていた。あれは今思うと、新井英樹の『THE WORLD IS MINE』を読み終えた後の感覚に似ていたな。ひたすら「あああああ。もう、馬鹿あああ。」という気持ち。どういう感想だ、という感じだが。

上映期間はどの程度続くかわからないが、作品の完成度に比べ、あまりにも動員が少ないらしい。実際私が観た回も平日昼間300人キャパの劇場で観客は30人。非常に勿体無い状況。予告編からは、今作の素晴らしさが伝わりづらいというか、「ダメな男の情けなくもちょっと笑えて泣けるエロバイオレンス青春コメディー」みたいなもんかと取る人がいるんではないかと思われるのだが、いや、紛う事なく「青春」映画には違いないけれど、そんな生易しいものではないので、殿、ご覚悟を。ヤンキー文化が幅を利かす地方で思春期を過ごしてきた者には、ただひたすら痛々しく、情けなく、どうしようもなく、深く滅入る。それもこれもあまりにも描かれた世界が生々しくリアルだからで、見事にあの世界にのみ込まれた。しばらく引きずったドンヨリした気持ちも全て、この作品力の賜物。
興味を持たれた方はぜひ劇場へ。




て事で、楳近影で乗り切ろうという姑息な坂本。マウス絵どしたーい!

私を起こしておいて自分は2度寝中の楳。(ちなみに今日は夜中に2時間おきに起こされた)
c0138553_2312634.jpg


梅雨の晴れ間にシャンプー後、慌てて日向で毛繕い。相変わらずシャンプー中は一言も発せず「うっ」と固まっている。
c0138553_2322194.jpg


そしてバテ気味です。まあ、全身毛皮ですもんね。無理もない。
c0138553_233933.jpg


あ、おハゲ問題以降控えていた首輪を新調しました。つっても帰省時に、実家の近所のダイソーで買ったもんですけど。一緒に鈴も買って取り付けてみた。ちょっとは女の子っぽい。
c0138553_2334394.jpg


私が一人晩酌しているのを横で尻尾ブンブンしながら見ている楳。猫晩酌は至福である。
c0138553_2352516.jpg


こんなアップをいつ撮ったんだろう。もはや記憶も曖昧。
c0138553_2361967.jpg



明後日も刷り。というか今月は毎週の様に刷り。ヘロヘロですが、頑張りまっす。

意外と長文書けてるし!



ブログランキングに参加中です
[PR]
昨日6/7を持ちまして、「三人の版画展」の会期を無事に終了しました。
沢山のご来場、まことに有り難うございました。
会期の最終週末を帰省により不在という事になってしまいました事をお詫びします。
思いがけない方々にもお会い出来て、とても嬉しかったです。
今回、偶然にもご一緒させて頂いた京江さん、保坂さん、ギャラリー澄光の皆様にも、心からお礼を。
有り難うございました!

と、同時に坂本は7月末の2人展に向け、新たなスタートを切りました。
これから「うおらあああ!」と上げて参ろうと思います。
そちらもどうぞよろしくお願いします。詳細はまた追々。



話は変わって。
ご近所でもあり、先に書いた2人展を開催させて頂く場所でもある阿佐ヶ谷のCONTEXT-Sにて現在開催中の『活版を巡る冒険展』に、本日、黒子スタッフとして在廊しておりました。
まあ、ほぼ心はお客ではあったのですが。何しろ出展作家さん達の豪華な事!!漫画家・大友克洋さんやSuicaペンギンの作者・坂崎千春さんという錚々たる顔ぶれに、初日はオープン前から行列が出来たというのも納得であります。
活版というものに詳しくない坂本ですが、版画をたしなむはしくれとしては、ヒジョーに興味深い世界が展開されておりまして、それぞれの作品が、まー面白い!!
本日在廊されていた今展覧会の発起人である美術家・マツバラリエさんの、まさに「冒険」と呼ぶに相応しい道程を経て完成された作品や、作家の中島たい子さんによる、実際に活版所へ赴いての実況文字組み作品は、作家本人による解説付きという贅沢さでもって、2倍3倍の面白さとなり、この坂本のあるか無きか程の細い目がキラッキラと輝くのでした。
作品はそれぞれシートで販売されています。私も石神照美さんの作品(なんと6版で構成)を購入。何しろ懐に優しい価格帯です。「え?いいの?」という採算度返しぶり。お陰で会期中、もう1つ買っちゃおうと現在目論み中。

これまでのCONTEXT-Sとは一味違った雰囲気の展覧会であると思うので、ご来場される方々の雰囲気も、これまた全く違って、個人的にはそれがとても面白く、「ギャラリーの正しい在り方」というものを見た気がします。
会期は13日(日)まで。懐かしくて新しい活版の世界を皆様もぜひ。
坂本はまた11日(金)に黒子スタッフとして在廊します。あーまた行くのが楽しみ!(完全に気分は活版ファン)

会場では「活版占い」もやっています。私が引いた文字はこちら。
c0138553_2354260.jpg

うーん、我ながら良い文字を引いた。志村けんの「志」でもあるけどね。
こちらは記念にお持ち帰りになれますのよ。ぜひ引いてみましょう。

...余談ですが、マツバラさんとは「雨に日に、自宅マンション敷地内にて、瀕死のノラ猫を保護した者同士」という共通項が判明し、異様な親近感でした(笑)


ブログランキングに参加中です
[PR]
そして明日は待望のキセルの新譜『凪』発売。
ライブで何度も聴いて、新しいキセルの代表曲となるだろうと思っていた「夜の名前」のPVが解禁に!
本当に素晴らしい曲。
何度聴いても鼻の奥が刺激されて、みっちりとした空気の中に包まれる。
キセルの音楽って、いつも何かと決別して、ひたすらに深層部へと潜り込んでいくみたいで、
こんな風にたまらない気持ちになるんだな。

もう夕方フライングして予約していた新宿タワレコに行こう。
そのくらいずっと楽しみだったんだ。

キセル「夜の名前」


この日記をアップした1時間半後、私は新宿とんぼ返り旅から帰宅して、ヘッドフォンで『凪』を聴いている。
『magic hour』を雪の降る中、いそいそと買いに行った時以上に、ワクワクした。
新しい音と言葉を聴くのが、これほど楽しみな人たちはいないけれど、
それをちゃんと満足させてくれるなんて、嬉しい。
私がヘッドフォンをしているから、楳が口パクになっている。それが可笑しい。

ブログランキングに参加中です
[PR]
c0138553_835679.jpg

朝から寝室の真向かいにあるボロいアパートから聞こえる痴話喧嘩で目が覚めた。
まだ6時である。しかも聞こえてくるのは主にヒステリックな男の怒鳴り声。痴話喧嘩で女がキイキイと一方的に泣き叫んでいるのも、あれはあれで嫌なもんだけれど、私は女でありながらやや男尊女卑な所があるので、「まあ、女だし、仕方ねーよ」という見方が出来てしまう。しかし、それ故になおさら、いかなる理由があるにせよ、女に対してあんな風に馬鹿で下品で下衆で(内容までは聞き取れなかったが、まあ間違いない)、脅す様なドスの効いた怒鳴り方をする男は全くろくなもんじゃない。ケツの穴の小ささをこれでもかと露呈している様なもんである。そしてその事に全く気がついていない。
窓越しに、声のする方向を睨みつけたら、発信源である家の窓が全開だった。目の前は駐車場である。まだ世界も寝ぼけた時間帯、そらー響くわー。窓を開けていたのは、男に怒鳴られている女が取った苦肉の安全策かもしれない。と、ヒートアップしてきた男が外を気にしたのか、窓とカーテンを閉める姿が見えた。過不足無く「どヤンキー」だった。ケツの穴に針すら通らなそうな、ヤクザ映画であれば確実に「鉄砲玉」扱い(で、すぐ死ぬか、すぐお縄になる)の。
だああーーーーーーーー!もっと意外性を見せろよ!こちとら大事な睡眠を邪魔されて、アッタマ来てるんだよ!何かもっと無いの?「え!まさか小学生が?!」とか「え!まさか着ぐるみ?!」とか「え!まさか鈴木君(友達)?!」とか、何でもいい、思わず私が寝ている旦那を叩き起こしてリポートしたくなるくらいの、「こんな早朝に起こされたけど、でも良かった」と思わせる様な、ウィットに富んだ演出はないのかよ!このサイテーの目覚めを、せめてちょっとくらい面白くしてくれっつんだよ!笑わせなくてもいいから、わずかながらでもマイナスをプラスで盛り返してよ!それを「どヤンキー」て、そんな捻りの無さ、そりゃねえぜ!!あーーーーーー!イライラする!!



久々に日記書いたかと思えば、朝から血圧高め。脳天から血の噴水が湧きそう。怒鳴り声にビックリした楳が、窓のへりに飛び上がって焦っていたのが可笑しくて救われた。おい、どヤンキー、アンタのどうしようもないマイナスはウチの猫が救ってくれたよ。感謝しな。

冷静になって今日から6月。ちなみに我が家は結婚記念日!私も家人もよく頑張りましたの日。
ギャラリー澄光で開催中の『三人の版画展』7日(月)までとなります。最後の週末は顔を出したかったのですが、坂本は明後日3日から3泊4日で帰省する事になっていて、叶いません。申し訳ない。
仙台の大規模な生け花展に我が母が出展するにあたり、その間、家事一切出来ない父の世話係としての帰省なのであります。母、今年75歳にもなろうというのに、幅奥行きともに1.2m、高さ1.6mの大作を生けるそうな。それ、確実に母本人より大きい。二次元の世界に住まう娘的には、ただスゲーとしか思えない。そんな機会も滅多にあるものではないので、最終日、帰京途中で仙台に寄って、搬出作業を手伝う前に、母渾身の大作を拝んで来ようと思います。

という訳で、今日明日で仕事を全て終えねばならないのであった。(だから貴重な睡眠時間だったんだよ!)そして、本日夕方には待ちに待ったキセルの新譜「凪」が店頭に並び出す。何とか隙をついて新宿に買いに出かけたいのだ。うーん、どうでしょう。

では、楳写真など。
二度寝していたのに、食べ物の匂いにつられて毛布背負ったまま起きてきた楳。
c0138553_8413057.jpg


ご飯まであと少しの楳。
c0138553_8422337.jpg


まどろみ楳。この顔にはついドキッとする。
c0138553_8431685.jpg


その後入眠。
c0138553_8444255.jpg


そうそう、今回の帰省は私単身帰省。楳は家人と久々にお留守番。最近、グッと距離が縮まりつつある(と言っても「シャー」されなくなったという程度だが)1人と1匹。どうか仲良くしてくれたまへ。私は楳禁断症状に耐えねばならん。

ブログランキングに参加中です
[PR]
毎号巻頭グラビアでタイトル文字を描かせて頂いているChuッスペシャル(ワニマガジン社)7月号発売になってます。今回のお嬢さんは人気のアヒル口。いや、アヒル口って書いてみたかっただけです。
書店でぜし!
c0138553_10413884.jpg




ブログランキングに参加中です
[PR]