<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

参加させて頂いていたシマシマヤトーキョーさんでの『雨の日は、手紙を書く。』展、無事に会期を終了しました。

最終日に行ってみたら小さなお店に入りきれないほどのお客さんで大盛況。雨予報に反し、会期中お天気にも恵まれた事もあり、沢山の方々に催しを楽しんで頂けた様で、度を超した雨女の坂本としては何だかんだでホッとしています(笑)ご来場頂いた皆様、本当に有り難うございました。
今回特に常駐している訳ではなかったので、せっかくご来場頂いたのにお会い出来なかった方も多く、お知らせ下さった方の他にもいらっしゃったのではないかと思います。この場を借りてお詫び申し上げます。そして有り難うございました。これに懲りずにまたどこかの会場でお会い出来るのを楽しみにしております。
そして今回、思いがけず楽しい企画展にお声をかけて頂いて、震災以降、ずっと脳にモヤがかかり気味だった私に良い緊張感と制作の楽しさを復活させてくれたシマシマヤトーキョーのヒロミさん、ご一緒させて頂いた参加者の皆さんにも心から感謝を。またご一緒させて頂けたら嬉しいです。


さて1日明けてみたら、まさに「手紙を書く。」日和でありますが、今日も今日とて新たな気持ちでお仕事と版画制作スタート。
ちょっと実験的な紙版に挑戦してみましたが、なかなか思った通りにはいかなかった...が、めげまいぞ。おー。やはり版画は楽しいよ。
こちら版。
c0138553_18493473.jpg

こちら刷ったもの。
c0138553_1849593.jpg



ここでひとつお知らせです。
イラストレーターの宮澤ナツさん、ブックデザイナーの清水佳子さんらが作られた電子書籍絵本『おれはとら』、いよいよ無料ダウンロードが始まりました→コチラ
PDF/ePub/iBooks専用ePubの三種類あって、iPhone/iPadお使いのかたはiBooks専用ePubが楽しいかもです。...というのはアサデン編集長・小嶋氏のお言葉。(勝手に流用すいません)
坂本もPDFとiBooksで読みました。とにかく絵が素晴らしくて、1ページ目から泣きそうになる始末。「めくり」にこだわったデザインもとても素敵です。
こちらの絵本は無料ダウンロード出来ますが募金を募っておられます。
『おれは とら』東北復興応援プロジェクト
同時に『おれはとら』グッズも販売されています→コチラ
こちらのグッズのロイヤリティーも寄付されるそうです。
さらにさらに原画展も今日27日から南青山のmew's cafeにて開催中です。詳細はナツさん、清水さんのブログをご参照下さいませ。

知らない間に心に負荷をかけてしまいがちな募金では無く、純粋に素敵と思える絵本を読んで、無理なく長く続けていける支援の方法があったんだ、と目が覚める思いです。
猫好きの方はもちろん、そうでない方もぜひ!
[PR]
一度書いたテキストが消えたわーいわーい。

再び書く気になれず、この時期我が家の至る場所で目撃する事の出来る「行き倒れ楳」をお楽しみ下さい。
c0138553_135069.jpg
c0138553_1352218.jpg
c0138553_1354672.jpg
c0138553_136810.jpg
c0138553_1364314.jpg
c0138553_1365612.jpg

ホントに「ヨロヨロバタリ。」て感じなんだよなあ。

これはお外のシマシマ(おまけ)。
c0138553_138745.jpg

シマシマといえば、シマシマヤトーキョーさんにて『雨の日は、手紙を書く。』展は明日までです。
既に色々散財しております坂本ですが、なんやかんやでイチオシはcoffee carawayさんの水出しコーヒーなり。夜寝る前に仕込んで、朝起き抜けに頂くというのが至福。一度売り切れていましたが再入荷された様です。ぜひ。
c0138553_1311163.jpg

[PR]
c0138553_1134040.jpg

麻ひもってよく見たらおもしろーい。で刷ってみた版画絵はがきです。

下北沢の茶沢通り沿いにある暮らしの道具の店シマシマヤトーキョーさんにて『雨の日は、手紙を書く。』展が始まりまして、早速初日に行って来ました。とはいえ、いつもとはひと味違う店内の雰囲気が楽しくて、ついキャッキャしてしまい、ちゃんと見られなかった気がする...(落ち着け)ので、また会期中に通うでしょう。目をつけたミワさんのグリーンもあるし!

たまたま店内にいる時に、私の版画絵はがきを何枚もご購入下さった方がいらっしゃって、「暑中見舞いに使います」と嬉しいお言葉まで頂き大変恐縮。「私の版画で余計暑くなったりしませんか!大丈夫ですか!」と心の中でドヒャーと汗をかいておりまして、ちゃんとお礼を言えていたかどうかも記憶曖昧(ホントに落ち着けもうすぐ四十路)....改めまして本当に有り難うございました。幸あれ。

文房具と紙モノ、古道具をお好きな方にはたまらない品揃えに、美味しいお菓子にキリッとしたコーヒー、部屋を彩る緑までも勢揃いという、さすがシマシマヤさん!な企画展です。
会期は26日(日)まで。ぜひフラリと遊びに行ってみて下さいませ。

枚数に限りがありますが(というか、このタイプはそれぞれ1枚ずつしかなかったか)、珍しくガラスものモチーフも刷ってみました。こんな風に今回、家にある道具をモチーフにしたものが多いです。我が家のベランダの朝顔もやっと蕾がつき、何色が咲くのか楽しみであります。
c0138553_11521.jpg



さて、明日は新たな版作り。お仕事以外ではしばらく人を描いていないのだけれど、ムクムクと人を描きたい欲が上昇中。んが、まだまだ着手しないのです。自分内SとMのせめぎ合い。

楳も麻ひもが好きだったらしい。
c0138553_883355.jpg

[PR]
来月、下北沢にある 暮らしの道具の店シマシマヤトーキョーで開催される企画展に紙版画で参加させて頂きます。
只今、版作り中。手刷りのポストカードを何種類か作る予定です。
下の作品はDM用にいくつか作った紙版画作品のうちのひとつ。DMはこちらとは別の作品で、ひと味違った雰囲気に仕上がっています。というか、どちらもいつもの私の作品とはひと味違っているかも。新しいテーマを与えて貰うというのは有難い事だなーと思います。
参加される方々も盛り沢山で、私自身もとても楽しみです。
_____________________________________________


『雨の日は、手紙を書く。』

2011年6月21日(火)~26日(日)
*26日(日)12時~16時はcoffee caraway出張コーヒー店。
時間 12時~19時
場所 東京・下北沢 暮らしの道具の店シマシマヤトーキョー

c0138553_10174141.jpg


■参加作家/店■
古道具さびさび
ハルカゼ舎
cafe+gallery芝生
to-kichi
LUFTKATZE
yuro
坂本千明
小関祥子
緑と日々
coffee caraway
hit-me



※詳細はシマシマヤトーキョーさんのサイトをご覧下さいませませ。  

※DMは西荻窪のギャラリーみずのそらポチコロベーグル、阿佐ケ谷CONTEXT-S、高円寺Part of lifeにも置いて頂きました。近くにお立ち寄りの際はぜひ手に取ってみてください。
[PR]
私も関わっておりますアサガヤデンショからのお知らせです。
これまでオトノハ朝市でのみ販売していた電書『オトノハ』、ようやく店内販売の準備が整いました。オトノハ営業中であれば、いつでもお申し込み頂けます。

現在のところ販売しているのは創刊準備号、創刊号各1部100円です。
ポスターが目印。こーゆーの↓
c0138553_18442292.jpg

店内にて「電書ガイド」と合わせて「購入ガイド」も配布しております。こーゆーの↓
c0138553_18525496.jpg

こちらをご参照頂いて、申し込み用紙にご記入下さい。こーゆーの↓
c0138553_18531889.jpg

それをフロアスタッフに代金と一緒に渡して頂ければOKです。
遅くても1週間以内にご記入頂いたメースアドレス宛にアサデンからのメールが届きます。
オトノハランチがてら、夕飯がてらにぜし。

これは招きオトノハちゃん↓
c0138553_18543288.jpg

[PR]
c0138553_164545.jpg

先日ここにも書いたけれど、キャネット「猫イラストコンテスト」入賞の副賞であるオリジナルエコバッグが今朝届いたのであった。
しっかりしたキャンバス地のトートバッグで、こりゃー米とか瓶ものとかガンガン運べそうで重宝するに違いない。目の荒いキャンバス生地でも版画の細ーい線がちゃんとプリントされるのか!という驚きと発見もあり。いつか自分でも作りたいなあ。その前に「手ぬぐい」作りたいと前から言っているのだが、こういうグッズというのもは先行投資が必要でございますのでなかなか踏み切れずにおりますのね。
何にしても ♪せーかいーに ひーとーつ だーけーの トート    
キャネットさん有り難うございました。
ホンモノは散歩には連れて行かれないけれど、バッグの楳と書を捨てて街に出るとします。

そうそう、副賞にはキャットフードも沢山送られてきたのだけれど、残念ながら楳は腎臓サポートカリカリを常食しているので食べられず。友人猫飼いや近所の野良にお裾分けしようかと思います。こちらも有り難うございました。


話は違うけれど、本日シマシマヤトーキョーさんに版画絵はがきを納品してきました。『雨の日は、手紙を書く。』展の会期中の天気予報は見事に雨続きだそうで、普通の催しならば非常に残念!な訳ですが、そういう気持ちを少し角度を変えて「雨の日をゆっくりじっくり楽しもう」というのがテーマですので、おうおうのぞむところじゃー、といったところでしょうか。
色んな事をちょっと視点を変えて見てみようというのは、実は今凄く必要な能力なんではないかと思います。物事を憂うばかりではなく、いや憂うだけ憂ったら(こんな言葉は無いか)、それを逆手にとって楽しんじゃうくらいの緩そうでいて屈強な能力。

そういえば先に納品済みのハルカゼ舎さんのポストカードをチラ見させて頂いてクラクラ。小学生のりつくんが描いたという絵がまー素晴らしいです。オバチャン全部欲しい!(大人気ない...)
シマシマヤさんブログで毎日更新される参加者紹介、ぜひ覗いてみて下さいませ。


あ、もうこんな時間。
実は今日は楳を半日ご近所の猫先輩のお宅に預かって頂いているのであります。来月に控えた天草帰省中、預かって頂けそうかのお試し。お宅にはそれはもう素敵な先住猫がいて(♂)、軽くお見合いの様相も。内弁慶楳が果たしてどんな様子だったのか、全く想像もつかない。...て事でお迎えに行ってきまーす。
[PR]
c0138553_21464510.jpg

『雨の日は、手紙を書く。』展に納品予定の葉書。
1つ1つの版を置き換えたり、詰めるインクを変えたりすると、色んなパターンの作品を作れるのが紙版画の楽しいところだなあ。ちなみにこの画像は今回刷った6枚の葉書をくっつけたものだけれど、小さめの版だったもので6枚刷ったら力尽きました(大げさなー)。

雨を楽しむ催し、お時間がありましたらぜし。
[PR]
c0138553_1075951.jpg

「あ、そういえば」という感じで、ご紹介し忘れていましたが、『雨の日は、手紙を書く。』展のDMはこんな素敵な雰囲気に仕上げて頂いたのでした。作品をデータ納品して、その日中の印刷入稿という早業をやってのけたのはシマシマヤトーキョー店主・ヒロミさん。いやー仕事の速い人って素敵。元の作品の泥臭さをいい塩梅に中和して頂き有り難やー。やはり焦げ茶は大正解でしたなー。

ちなみにこちらが元になった紙版画。
c0138553_1018261.jpg

こうして改めて見ると少し冷たくてハッキリした印象。刷ってる時は大分モヤモヤとした印象だったのに我ながら不思議。既にDMの方が目に馴染んでいるからか。

こんな風に自分の元を離れてから、誰かの手によって少し違う顔になって戻って来た作品を出迎えるのは楽しい。大学進学で東京に出た息子が初めて帰って来て「あら、何だか顔つきが変わって頼もしくなった」と感慨に浸る母の様な気持ち。かどうかはわからんですが、自分だけではどうしたって偏ってしまうもの。こんな風に新しい空気を吸えるというのはやはり嬉しい。逆に他人の作品に手を入れるという事のプレッシャーたるや、そらもう胃がいくつあっても足りないくらいだろうと思う。まあ、中には無慈悲なデザイナーさんもおられますが、殆どのデザイナーさん達を私が尊敬するのはそういう所もある。デザイン科卒のくせにセンスゼロな身としてはなおさらに。


さて、今日もパッとしない天気ですが、日向の楳画像でもひとつ。働くの嫌になるけどね。
c0138553_10311197.jpg

[PR]
c0138553_11395423.jpg

て、馬鹿な名前付けてみたですよ。そうやって自分をアゲていきたいの。

目前に迫ったシマシマヤトーキョーさんでの『雨の日は、手紙を書く。』に出展する用に刷りました。
1個前の日記で『今回は「道具」をテーマに作ってる』と言ってたっけなー私。乙女心となんとやらです。1ミリたりとて乙女じゃないという事実は高ーい棚に上げ切って。まあ、オマケ的に考えて頂ければ幸いでございます。

いやしかし、雨の日に猫と過ごす部屋の中って良いのですよな。むぬ凄く自堕落で甘美な時間です(うんうん、と頭を振る知り合い猫飼いの顔が今6人くらい浮かんだ)。
それで、せっかく古道具さびさびさんも参加される事だし、いつもの楳ポストカードとは何か雰囲気の違うものを、と思って作りました。元々古道具とは相性が良い紙版画ではありますが、大きさも昔のポストカードのサイズにして、初めて紙も染めてみました(まーこれが楽しくて困った。家中の紙を染めたくなった。)
紙版画は別々の版を組み合わせたり、そのレイアウトを変えたり、インクの拭き取り方によっても1枚1枚の刷り上がりの表情が変わります。実際に目で見てお好きなものを選んで頂けたら嬉しいです。

今回色々制作していく課程で、新たな発見が多々あり、今後の制作への光が見えた様な気がしました。大げさではなく。そしてやっぱり版画は面白い。

さて、搬入までラストスパート。
[PR]
今日も今日とて早朝から楳に段階的に起こされる。
昨晩は地味な作業オンパレードにより寝たのが3時近かったせいで、今日の空模様と等しく私の脳もドンヨリ。さらにここ2日、両腕もドンヨリと痛い。夜寝る前になると決まって痛い。これは腱鞘炎なんだろうか。明らかに作業のウェイトが異なる左右の腕が同時にってあり得るのだろうか。

そんな中、絶賛刷り作業中の坂本。21日から始まる『雨の日は、手紙を書く。』シマシマヤトーキョーに出展するポストカードをせっせと作っている。
今回のモチーフは「道具」。私としては珍しい雰囲気に仕上がっております。でもせっかくなので1種類くらい「雨」モチーフを作ろうかなあとか考え中。
c0138553_9393533.jpg

紙版画は刷った後の版がすごくキレイなのだけれど、版の裏側がまた好きなのであった。無作為なインクの付き方に時々ハッとさせられたり。
c0138553_9484644.jpg


そうそう。2月(だったか)にふと思い立って応募していた猫イラストコンテストで、楳を刷った版画が優秀賞を頂いたのでした。その後地震などもあり、実は応募した事自体すっかり忘れていた(おいおい)ので、ホントに驚いて、何だか笑ってしまった。いや笑うってのも変なのだけれど、何だか力が抜けたというか。さらにいざ蓋を開けてみたら村松誠さんの賞を頂いていた事がわかって余計にビックリ。そしてまたヘラヘラとしてしまった。

母から「動物を描くのが苦手なあなたがねえ」と言われだけれど、いやホントにその通りである。楳が我が家にやって来なければ、私は猫を描こうだなんて思いもしなかったと思うし、というよりも、実際楳以外の猫は描いた事がないという偏りぶりなので、果たして私は「猫」を描いているのだろうか?という疑問もある。私は「楳」を描いているんだよな。紙版画という手法にも出会っていなければ、やはり描こうとは思わなかったろうなとも。
6/5の朝日新聞朝刊赤のbeにも審査結果が掲載された様です。古新聞に出す前に見てみてねん。(って坂本、まだ実物は見ていないのですが)

何も知らない楳。なんのポーズだ。
c0138553_941542.jpg

やっぱり箱はとりあえず入っとくんですね。
c0138553_9412212.jpg


〜追記〜
こちらのサイトに受賞作が発表されていました。
[PR]