<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0138553_16104816.jpg

引っ越しました。
んが、久々過ぎて戸建てに暮らすという事を甘く見ておった様です我々。
いざ引っ越してみたらば、新しい家には(あ、これは物理的に新しいという訳ではありません。物件自体は我々と同年代。お金をつぎ込んで上辺の大整形を果たしたものの薄目で見てあげてね、近寄ったらボロが出るから!な物件です)、電話線(つまりネット)もTVのアンテナも無かったのでありました。壁に「ささ、ココにどーぞ!」という差し込み口があるからって、ただそこに線を差し込んで、サクッと外界と繋がろうなんて幻想だった訳です。素敵なお部屋のアクセサリーって事もあるのです。或は身近に潜むトリックアート。何とも憎らしい演出にここ数年色々完備のぬるま湯生活が続いていたせいか、「ぺしっ」とビンタを食らって正気に返り、他にもポツポツ判明する「まさか」な事実に、その都度うへーうへー言わされててばかりの毎日。
とはいえ引っ越し前にとある方から頂いたDVDに収められていた木皿泉ご夫妻のドキュメントではないけれど、世間からほんの少しだけ隔離された「蚊帳の中」で暮らしている様な感覚が面白くもあり、いやつまりなんだかんだで「愛せる予感」がする家です。

さすがにネット関係は家人共々お仕事に支障をきたしているので、早急に対処しておりますが、完全開通は最短で3/5を予定しております。それまでは仮ながら今日からPCでのやり取りも出来る様になりました。関係者各位にはご迷惑おかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

荷解きも大方済んで(何しろネットもTVも無いので他にする事がなくて作業が進む進む)、衣食住に関してはかなり普通に出来る様になりました。それにしてもこういう昔なら当たり前だった生活というのは、何と夜の長い事か。かといってやる事もないし疲れ切っているせいもあり、10時くらいには布団に沈んでおります。
が、電気水道ガスは通っていて、雨風しのげる屋根があって、日当りも今から夏が恐ろしくなるほどに良く、そして楳がどんなに鳴こうとも気にならないペット可!!もうすぐ1年目をむかえようという震災の多大な被害を思えば全くもって贅沢すぎるほどの話です。

楳は環境の変化に戸惑っていたのも初日くらいで(早々に下り階段でこけて自分でビックリしていた)、食欲も旺盛で元気です。階段も大分スムースに上り下り出来る様になりました。(猫なのに...)
c0138553_177023.jpg



しかし四十路の引っ越しは体にくる事は間違い無し。こっからはあんまり焦らずゆっくりジワジワと家を作っていけたら良いな、て事で。
[PR]
by sakamotochiaki | 2012-02-26 17:41 | Comments(0)
既に満身創痍感バリバリの坂本です。おはようございます。
一昨日の夜、引っ越し荷物で狭くなった部屋の中を移動する際、家具の角にぶつけた左足小指が地味ながら決してその手を緩めぬ痛たさだわ、イロイロ訳あってソファで寝てるわ、連日中腰作業だわ、一刻も早く不要となった大物家具を処分したい気持ちが焦り、引っ越しまでまだ数日あるというのにガス台も粗大ゴミに出してしまい(転居先には3口コンロ完備)「あ!料理出来ねーじゃん!」と気付いちゃうわ、まあ心身共に混沌としております。

楳もジワジワと侵食されるマイスペースに「ただならぬ事態」を感じ取っている模様。
c0138553_6551929.jpg

でも隠れる場所が増えまくってちょっとテンション上がってる。
c0138553_656083.jpg

あともうちょっとの辛抱だ。
[PR]
遅ればせながら1日に帰京しまして候。
そして何と東京を留守にしている間に新居も決定。「この東京の何処かで我々に住まれるのを待っている家」を見つけてくれたのは、1人東京の自宅に残り、水漏れに応戦中の家人でありました(涙)
様々な希望条件を考えるに、ほぼ諦めかけていた同じ杉並区内の、実年齢は我々と同い年リフォーム戸建て。「味」のある家とは言えないが、日当りは1階2階とも良く、我が家の予算にもピッタリ、そして何より念願のペット可!楳を保護してから3年目にして、ようやく長かったコソコソ生活のストレスから脱出出来る。楳にも好きなだけ伸び伸びしてもらえる。それが何より嬉しい。年末から移動続きの楳に、更に大移動を1つ乗り越えてもらわねばならないのは申し訳ないが、とにかく新しい家を気に入って貰えるよう頑張ろうと思う。

そんな訳で帰京するなりドカドカと引っ越し準備がスタート。驚いた事に(すでに他人事の様に言っちゃうが)水漏れ問題はいまだ解決しておらず、今日もバケツには着々と水が溜まっている有様。正直これはもうハンパないストレスだが、厄という厄は全てこの家に置き去りにして行く。大家との協議の結果、ある程度の補償をしてもらえる事にもなったし、とにかく今はこれ以上の災難に遭う事なく、無事に引っ越しを終える事が目標である。2月の私のキャッチコピーは「倒れるなら引っ越してから!前のめりに!」だ。



今帰省は過去最長滞在だったせいか実家でとてもリラックスしていた楳。
c0138553_22562587.jpg


関係ないが帰京の際、私が利用した青い森鉄道。寒いなんて言ってられないよ東京。
c0138553_23101088.jpg

[PR]