<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0138553_1635015.jpg

昨日の『のらぼう十年祭』、「祭」という名の通り最初から最後まで大賑わいのベースカフェでした。寒さがぶり返したあいにくの天気だったというのに、本当に沢山の方々がそんな事気にもとめず(という笑顔で)次々とご来場下さって、「長丁場」だと思っていた9時間もあっという間でした。で、一晩経ってもまだ不思議な多幸感に包まれています。
それはのらぼうのお店に行って、おいしいお酒とお料理を頂いて、気持ちの良いスタッフの方々に見とれ、大満腹ホロ酔いでフワフワとお店を後にする時の、あの感じとよく似ています。
のらぼうというお店を愛する人、のらぼうのためならと喜んで馳せ参じるという人の多さの理由を、いつものお店とは違う場所で、改めて深々と納得すると共に、10年という長い時間、何かに真摯に向き合い続けるという事の、ちょっと怖くなるほどの凄みを、まだそのほんの一部でしょうけれど、垣間見られた様な気がします。お店って、お店を続けて行く事って、本当に凄い。凄いとしか言いようがない。
昨日ののらぼう歴代スタッフ達への質疑応答コーナー「教えてのらぼうさん!」の中でも「空気を読む」という言葉が出て来ましたが、学生アルバイトながら飲食に携わった事のある私でも、それがいかに難しく、神経の張りつめた状態でなされる事か少しはわかります。けれど、あのお店の中央にある開かれまくった厨房から客席には決してそれは伝染しない。というより「させない」という意識の凄さ。皆さん和やかで、時に笑いを交えてお話されていましたが、途中から私の目には「登山家」に見えていました。目指している景色がより高く、より険しい登山家。でもそれ故に滅多には見られない素晴らしい景色を知っているのだろうとも。
蛍光カラーのチャラいウエア着て、ロープウェイかなんか乗って6合目あたりで満足して下山してしまう様な精神的山ガールな私には、それぞれの顔が何とも言えずカッコ良く(普段あまり見られない私服姿というのもあったけど!)、どんより空をもろともせぬ程に晴れやかで、ますます眩しく見えました。


今回沢山の方々に「紙版画はがき」や「ぽちぽち袋」をお買い上げ頂きました。お馴染みの方から、思いがけずお会い出来た方まで、本当に有り難うございました。
寅印菓子屋さんとのコラボクッキーも完売しました!寅さんが夢にうなされ作ったクッキー(何と金太郎あめ方式!)だったので本当に良かった!!
c0138553_702698.jpg

あとお客さんの中には楳の病状を心配してお声をかけて下さる方もいて、本当に嬉しかったです。
「ぽちぽち袋」はダントツでめがねモチーフが大人気(笑)(でものらぼうの採用基準はめがねじゃないらしい。一人くらい「実はレンズ入ってないんだよ〜ん(指を通しながら)」て人がいるんではという私の予想は外れました。ははは。)
c0138553_16253697.jpg



そして今回この様な素敵なお祝いの場にお誘い頂いて、細々とした連絡や調整(当日はライブ出演に音響係まで!)に大活躍してくれたウニさん、本当に有り難う!!そもそもは随分前に彼が「のらぼうっていうお店があるから西荻に引っ越した様なもの」という話をしてくれた事で、私はのらぼうを知ったのでした。それもまとめて感謝。そして本当にお疲れさまでした!!!


改めて、のらぼう10周年おめでとうございます!!また食べに行きます!!







そうそう、当日お配りした出店案内をマウス絵で描かせて頂いたんですが、最初のイラストはボツにしたすり鉢。豆腐サラダやらみかん箱ダンボールのメニューやら、自分が楽しくなってしまい色々描いていたのだけれど、最終的にはこんな感じになりました。
c0138553_167524.jpg

[PR]
c0138553_2257333.jpg

冬眠期間が長過ぎた坂本、久しぶりに素敵なイベントに参加させて頂きます。
西荻、いや中央線の宝と言っても過言ではないお店「のらぼう」さんの10周年を記念したお祭、その名も『のらぼう十年祭~感謝(驚)』。このタイトルみただけでも、ねえ、あーた。
出店ラインナップもたいそう盛り沢山、他にも様々なパフォーマンスや、会場であるベースカフェの階下にあるラウンダバウトの片隅では「のらぼう十年展」なども開催されるそうで、一のらぼうファンとしてもとても楽しみであります。というか完全に ファン8:2出店 くらいの頭で会場をさすらう予定です多分。

『のらぼう十年祭~感謝(驚)』
日時:2012年4月22日 11時~20時
場所:吉祥寺ベースカフェとその周辺
入場:無料


★詳細はのらぼう十年祭~感謝(驚)ブログかツイッターのらぼう十年祭公式アカウントをご参照下さい。



坂本はお馴染みの「紙版画はがき」(鋭意製作中)や「楳ポストカード」、
c0138553_2322334.jpg

新作「ぽちぽち袋」などを販売します。
c0138553_2324676.jpg

ぽち袋って何故だか前々から好きなんです。小さいくせに貰った時の「晴れ感」の大きさとか(笑)
お年玉や大入袋といったゲンナマに限らず、ちょっとしたメッセージカードを入れて贈りものに添えたり、お祝いの席のお赤飯用お塩(これは他人様のアイディア!なるほどーと膝を打つ。)を入れたりとか、かあいいーんでない?と思います。
今回は消しゴムハンコで図版も色々作ってみました。何せ紙版と同じで版や色、レイアウトの組み合わせは無限大なので、コチラも全て一点もの。けれど版画とはまた違う面白さ(なんつってもプレス機不使用&インク速乾という素敵さ)にハマりそうであります。でも結構力仕事で腕壊れ気味!!スースーする薬塗って頑張ってます。

そうそう、当日はご近所友でもある「あの方」とのコラボも予定してます。お楽しみにー。
のらぼう10歳を皆でお祝いしましょう。ご来場をお待ちしてます。
[PR]
c0138553_2027734.jpg

今年も会えました阿佐ヶ谷住宅の桜。
毎年、善福寺川に向かう花見客と逆行する様にそこを目指して歩いて行く、という「特別な事じゃないのに凄く特別な感じ」がたまりません。
平日開催にも関わらず、去年同様にわらわらと集結した下は2歳から上は60代の面々、年齢の幅広さも自慢の花見であります。仕事関係者花見じゃないんですぜ。実際、職種もバラッバラ。ただ皆、阿佐ヶ谷住宅を愛する人々。再開発計画が進む中、それだけで何だか夢みたいじゃないですか。
持ち寄った手作りごはんも、やたら豊富だったお酒(笑)も、何もかも美味しかった。お開き後、帰宅して仕事をしなければならなかったのに完全に飲み過ぎ、後々大後悔しましたが、でも良かった。
来年もあの桜に会いたいなあ。どうか会えます様に。

誰よりも阿佐ヶ谷住宅を知り尽くし、愛してやまぬのはこのお方、石井ちゃん。
c0138553_20362018.jpg

石井ちゃんが緑の中を闊歩し、立ち止まって遠くを見る姿も特別な事じゃないのに凄く特別な感じがするんだよ。
[PR]
c0138553_2223257.jpg

こちらではご無沙汰しております。皆様お元気ですか。
twitterではウザすぎるほどにキーボードを叩いているというのに、もはや「日記」とは呼ぶにはおこがましいこのページ、いったいいつから更新していないのかと思ったら、うへー先月の帰省前!そういえば帰京後、体が「もー無理ぃー」と白旗をあげた数日間がありまして、そっからすっかり抜け殻と化した私は、目の前に課せられた物事を一個一個こなす、という事だけで後は食う寝る飲むしかしてませんでした。ってそこは削らないのか私。
何ですか、色々あった様で、何も無かった様な、実際この所何をしていたか、と考えると全然思い出せないな。あ、『カーネーション』が終わってしまった。腑抜け要因はそれも1つあるかもしれない。いや大いにあるかもしれない。

まあそれは置いておくとして、ココには書いておりませんでしたが、実は週の数日だけバイトを始めました。もうかれこれ半年になります(あ、合間に長期帰省もあったから実質5ヶ月くらいか)。ちなみにイラストのお仕事とは全く関係のない、簡単に言えば「食」に携わるお仕事です。詳しくは雇用契約やらなんやらで「口外するべからず」らしいので書けませんが、書きたい事山積!なある意味特殊な「食」のお仕事です。
15年ほど自宅で1人コソコソと仕事をしていていた自分としては大転機ではありました。色々ありすぎた2011年、周りも自分も何もかもがガラリと変わってしまったというか、もう全く同じではいられないというか、改めて自分の足元を確認せざるを得なくなった時、単純に「全然別の仕事がしてみたい」という気持ちもありましたが、まあ当然「お金を稼がねば」と思ったのが一番の理由です。「あんだよ、金かよー」ではありますが、ハイ、金です。もちろん自分が生きて行くためでもあるし、今後どれだけかかっていくのかわからない楳の治療費も念頭に入れての事でした。あと募金するにも貧乏じゃ出来ねぇのな!というアホな理由もあったか。まあ、ともかく書き尽くせぬ色んな複合的な動機があります。

んが、いざバイトを始めたら楳の抗がん剤治療がストップとなり高額な注射代を稼がなくて良くなってしまい「おいおいおい」と思っていたら、今度は実家の母の闘病生活がスタートし、帰省の数が増えたりして、お金に羽根生えまくってどんどん飛び立っていくわで、「やっぱしバイト始めて良かったよう!お金大事!」と思えたり。何と言うか、物事というのは時にギリッギリの所で上手い事回って行くのでありますね。


そうだ、ここ最近の一番嬉しかった事。
今週頭に4ヶ月ぶりの楳の精密検査があったのですが、お陰様で他臓器への転移も無く、引き続き免疫療法を地道に続けていこうという事になりました。抗がん剤治療をやめて以降、初の検査だったのでとても恐ろしかったのですが、少しだけホッとしました。腫瘍がそこにあるという事で、悩みや不安に囚われない日は無いですが、これは生きている限りいかなる状況でも消えて無くなるものではないのだろうし、半ば開き直って楳との毎日を大事にしようと思います。

さてさて。
世は新年度突入、ようやく坂本も少しずつながら活動再開出来そうです。年末年始、てんで動けずにいて、様々なお誘いをお断りし続け、色んな方々にご迷惑をおかけしてしまった不義理な私ですが、有難い事に素敵な催しのお誘いをいくつか頂いておりまして、現在その準備中です。
一番最初の画像は消しゴムハンコ楳ポチ袋です。長期実家帰省の折、楳に会えない寂しさを埋めるべく夜な夜なチマチマと掘っていたシリーズや、他モチーフの消しゴムハンコ、紙版画など色々作っています。

他にもこんなんとか
c0138553_2233485.jpg


お馴染み紙版画はがきとか
c0138553_2243178.jpg


器モチーフとか
c0138553_225532.jpg


もちろんイラストのお仕事も頑張っております。他のお仕事を経験してみて、改めて絵を描くという事を「好きだー」と思えたのも収穫です。昨年は、もう、そういう事すらも訳がわからなくなりそうでしたから。

催しの詳細はまた改めて!


おまけの楳近影。先日の暴風雨の音に猛反応楳。
c0138553_2283436.jpg


もう少ししたら外のデッキ(濡れ縁か?)で日向ぼっこ出来る様にしてあげる。
c0138553_2292438.jpg

[PR]