<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

これまでの版画(一部消しゴムハンコも)はどうぞコチラをご覧下さい。
c0138553_9324839.jpg

[PR]
c0138553_15402499.jpg

昨夜は今の家に引っ越して来て初めてご近所さん2家族との宴会開催。
人に大喜びした煤墨が暴れ回る事を想定して、無理矢理一階ダイニングでのテーブル×椅子開催(激狭空間で皆様すみませんでした...)にしたのだけれど、意外や日頃から人間にゴロゴロと甘えまくり緩みまくりの煤が、初めて大勢の人間を前にしてビビリまくり、脱兎のごとく2階へ逃げてしまった。2階にだって宿敵・楳がいるというのに、それでも大慌てで逃げ込んで、結果居場所が無いから棚の裏側に隠れるという有様であった。これには私も家人もビックリ。警戒心ゼロの子猫を脱しつつあるという事だろうか。

さて一方、墨の方はいつもと変わらず一切物怖じせず、ずっと人間達の周りにいて、抱っこされたりじゃらされされたり、時折煤の様子を気遣うという余裕ぶり。体は小さいものの、こりゃ完全に姉墨・妹煤で決まりかもしれない。
で、宴も後半に差し掛かった頃、昨年夏の天草帰省中、楳を数日間に渡り預かって頂いたN家の旦那様(猫マスター)に、その長い長い猫歴の中でも「墨の様な尻尾は見た事が無い。すごく珍しい。」というお言葉を頂いた。
冒頭の謎の黒い物体がソレであります。それにしか見えないから『矢じるしっぽ』と命名。北を表しております(噓)。

コチラの写真でもその矢印ぶりには惚れ惚れする。何故こんな形になるのか謎。(ちなみに結構なカギ尻尾)
c0138553_1547198.jpg


5匹兄弟のなかでも一番黒いのが墨だったけれど、腹毛(と一部胸毛も)が真っ白なのが何とも面白くて(譲渡前の健康診断のカルテには『ビキニ』という仮名が付けられていたのも納得)、私が選んだ墨。
c0138553_15505416.jpg


行った事のない場所へもどんどん行ってしまう冒険家。(楳にシャーされてもへっちゃら)
c0138553_15594871.jpg


階段のひさし(?)部分に隠れてるつもりだろうけれど実は丸見えとか、すだれの紐に夢中になりすぎて逆に操られてるぞ!なちょっとお馬鹿さん...いや無垢さも愛すべきところ。
c0138553_1622280.jpg


母猫はシャムの交じった美猫だったと聞いたけれど、ひょっとしたら墨だけ母は熊なんではないかと思う事もアリ。しかもツキノワ熊。どうして猫に交じったのかはわからんけれど。
c0138553_19391356.jpg


そして妹思い(たぶん)の心の優しき猫。煤に比べると体が小さいせいか、食べ物への執着があまり無いというか、一気に沢山は食べられないらしく、残したゴハンを煤に食べられちゃうのが少し困りものだけれど、いやはやまことに猫とは個性豊かである。日々を重ねるごとにそれがどんどんわかって実に楽しい毎日。
c0138553_1625277.jpg



そのうちビビリのレッテルを貼られた煤についても書こう。
[PR]
c0138553_15561033.jpg

またまた素敵な企画展にチラリと参加させて頂く事になりました。
吉祥寺poooLさんにて本日18(土)より始まった『ほうきと暮らしに寄りそう道具』展に「ほうき」をモチーフにした紙版画はがきを出展しております。以前にも一度モチーフにした事はあったものの、今回は潔く1枚のはがきに1つのほうきをレイアウトしてみました。秋のお便りはもちろん、額装してもなかなかカワイイのではないかと思います。

初日だというのに今朝はあいにくの雷雨でしたが、今はすっかり晴れて夏の空が広がっていて良かった!twitter上で展示の様子を見たら、とても素敵な空間になっていました。私も伺うのが楽しみです。吉祥寺にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。ほうき、いいですよー。会期は26(日)まで。(※火定休)
c0138553_15562229.jpg





おまけの奇跡の3ショット。(まだ和解出来た訳ではありませんが)
c0138553_1654834.jpg

膝の上で全ておっぴろげて寝る煤。
c0138553_166876.jpg

楳は絶対しない寝方です↑
c0138553_1665740.jpg

ああ、夏いなあ。
c0138553_1674683.jpg

[PR]
今日は煤墨の2回目のワクチンに行って来た。
私がお世話になっている南中野地域猫の会では、病院施設もあり、譲渡後もそこでワクチン接種や避妊去勢手術なども請け負ってくれるのでヒジョーに助かるのである。
キャリーバッグも何だかよくわかっていない煤墨は実にすんなりと、むしろ自ら中に入ってくれて、診察台に乗せられても怖がるでもなく、逃げようともせず、大人しくキョトンとバッグの中に居て、お医者の先生も「警戒心無い!」と笑ってしまう程であったが、その最中衝撃の新事実が判明したのであった。

....なんと煤、女の子でした!!!ガーン!!!
食べる時の催促と食いっぷりの激しさ、墨との体格の違い、超マイペースな性格、甘えん坊のゴロゴロバーゲンなど、これまで全ての理由付けを「やっぱ♂は単細胞でお馬鹿さんでかーいーねー」で片付けてきた身としては、目眩級の衝撃。衝撃大き過ぎて先生と一緒にヘラヘラ笑ってしまったほど。
「子猫の判別はホントに難しいんですよね〜」との事だったが、まさかここに来て性別が覆されるとは思わなんだ。言葉の威力すげーわ。思い込みってこえーわ。
まあ、元々性別を重視して選んだ訳ではなく、第一印象で決めた2匹なので、♂だろうと♀だろうと無問題なのだけれど。そもそも以前から女系帝国建国を妄想していた私としては、これで家人以外は全て♀となり、あっさり実現してしまったので、それはそれで良いのだけれど。....と理解はしたものの、脳の方が今ひとつ現実に着いて行かれず混乱中。

最近大分男らしい顔つきなってきたなーと思っていた煤(すまん)。
c0138553_20595013.jpg


カリカリ計量匙とまどろむまだ♂だった頃の今朝の煤(違う)。
c0138553_2103023.jpg


という訳で、いずれ煤は女子校でモテモテになってバレンタインなんかもー大変、ゆくゆくはヅカ校に進学し何組かのトップスターになれる器であると思います。ま、なられても困るけど。辞めてからが茨の道だしねヅカ。そーゆー事じゃなくて。この一ヶ月はサファイア姫かオスカルか?という世を忍ぶ仮の姿で過ごして来た(つもりは無いだろうが)煤、もうありのままの自分をさらけ出して良いのだよ(さらけ出していただろうけれど)。
これで我が家は女だらけのくの一忍法帖、或は女囚さそり。なんか違う。楳と合わせてポッキー三姉妹。それも違う(あれ四姉妹だしな)。
ともかくイロイロ起こって面白い猫らとの毎日である。
改めまして煤子をよろしくお願いします。



全く関係ないけれど、坂本先週末から突如腰痛に悩まされ中。3日間意識的になるべく腰を使わない様生活してみたが、使わないって全然出来ないのねー。結果、まだヨボヨボしている。そろそろガタがくるお年頃。メンテもしないといかんのね。ぐぶー。
[PR]