<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0138553_1036552.jpg

今年もこの季節がやってきました。
前回ご好評頂いた楳カレンダーの2013年版、絶賛チマチマ作業中です。
色々思う所があり、制作をギリギリまで迷いましたが、「また販売しますか?」という有難いお言葉をちょくちょく頂いて、今年も制作する事を決めました。価格や体裁、お取り扱い頂けるお店に関しては、また追々お知らせいたします。
それと、今回は部数も少しだけ増やしてみたので、このブログ上でも通販(...と言ってもおそらく超アナログ方式で)で販売してみようかと思っています。1点ものの版画の通販というのは、やはり難しいと考えているのですが、印刷物ならば1つ1つの違いも殆ど無さそうなので。それも詳細決まりしだいお知らせ出来ればと。あ、楳カレンダーですが、今回は煤墨もチラッと登場しますよ。

墨に邪魔されつつ、
c0138553_1044855.jpg

煤に邪魔されつつ、
c0138553_1045299.jpg

組み立て作業頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。



オマケに楳と墨がこの近さで昼寝していて驚いた!の写真。
c0138553_10472011.jpg

ま、相変わらずシャー&猫パンチ食らわせていますが、めげないズ2匹のしつこさに、さすがの楳も根負けしているみたい。
[PR]
吉祥寺poooL『手の先の道具 vol.2』、沢山のご来場有り難うございました。お会い出来なかった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

さて。
少し前に携わったお仕事をようやくお知らせ。
  ↓
石牟礼道子著『食べごしらえ おままごと』/ 中公文庫
c0138553_1345314.jpg

何とも不思議な巡り合わせで頂いたこのお仕事、打ち合わせから版作り、刷りまで、終始楽しく作業しまして、例によってひたすら刷り倒した版画を、デザイナー川畑あずささんの手に委ねまくり、可愛らしいながらも凛とした、どこか懐かしさも漂う素敵な表紙が完成しました。有り難や。

著者である石牟礼道子さんは、偶然にも夫と同じ熊本は天草のご出身。水俣病問題に長く取り組まれ、その著書も数多く出版されています。
この『食べごしらえ おままごと』は、そんな石牟礼さんが幼い頃から馴れ親しんできた郷土料理や、それにまつわるエピソードが綴られた食のエッセイです。ご家族の間で交わされるお国言葉、辛子蓮根やコノシロなど天草を代表する豊かな食材たちは、私にとっても馴染み深くて(実際お仕事を頂いた数日前にも辛子蓮根を食べたばかり)グイグイと読めました。そして読み終えた後は、いまだ食べた事のない「ぶえんずし」を次回帰省時に義母にリクエストしなければ!と図々しく決心。

それにしても、まさか紙版画で「辛子蓮根」を刷る日が来ようとはなあと、版を作りながらとても不思議な気持ちでした。日頃不義理ばかりのダメ嫁としては、少しは親孝行を出来たかもしれません。この様な機会を頂いた事に心から感謝です。

発売は9/25です。書店でぜひお手に取ってみてください。

...と、自分の版画画像を見ていたら、お腹が減るというおめでたい自分。今日のお昼は何にしよう。
[PR]
現在、吉祥寺poooLで開催中の『手の先の道具 vol.2』の店内風景写真が届きました。
c0138553_18274644.jpg

実際に伺った時も興奮しましたが、改めて写真で見ても本当に素敵な空間です。数々のすんばらしい作品の中に、私の版画作品も置いて頂いているという事が、いまだもって不思議。いや、本当に有難いことです。
c0138553_18283227.jpg

早いもので、会期もあと2日。そしてまたしても世は連休。吉祥寺散策がてらぜしpoooLへ。
c0138553_18283970.jpg

(最終日は18時までです。ご注意ください。)
c0138553_18284866.jpg

[PR]
c0138553_7193678.jpg

9/15(土)から吉祥寺poooLで開催される企画展『手の先の道具』vol.2の搬入を昨日無事に終えました。
今回はお馴染み「紙版画絵はがき」の他にも「道具」をモチーフにした小さめの版画作品もあります。
搬入作業真っただ中の店内は様々な作家さん達の素晴らしい作品が大充実していました。これはかなり見応えアリです。世は3連休でもある様で、ぜひぜひ足をお運び下さい。


※ここに掲載した画像はDM作成用に刷ったものなので、こちらの作品は出展しておりません。
[PR]
c0138553_2201711.jpg

目の前に迫った企画展と毎年恒例のアレのために、殆どノープランながらとにかく刷って刷って刷っております。
刷り作業中は、インクにまみれてたいそうキケンなので、思い切って2階の2つの部屋をぶち抜いた空間に猫ら3匹を一緒に隔離する事にした。

これまで刷り作業時は、煤墨には1階のケージに入ってもらっていたものの、2匹もグングン大きくなり、狭いケージに長時間入れっぱなしというのもさすがに不憫になってきた。今後ずっと楳と隔離し続ける訳にもいかないし...て、そもそも人間の目が届かない時、楳と2匹の生活空間をなるべく分けてきたのは、楳と2匹の仲が良くならないからという事以前に、煤墨が楳のトイレを使ってしまうという問題があったからだった。自分ら専用のトイレがあるにも関わらず、煤と墨はそこにトイレ砂があれば実に大らかに迷い無く「なさる」のだ。同じ様に大らかな気質ならば良かったけれど、普通よりやや神経質な楳は他の猫が用を済ませたトイレでは絶対に「なさってくれない」ので、その度にトイレ難猫になってしまうのだ。(これまでもトイレの一切合切を大掃除しなければならない事態もあり、それはそれは大事であった)
んが、この隔離生活を継続して、ひたすら楳トイレを死守し続ける事に、人間だってストレスと限界を感じ始め(というのは、やはり私が大らか、いや大雑把な性格だからなのだが)、それが私の中でトイレ一斉清掃におけるストレスをついに上回ったので、というかもう後は野となれ山となれっ!トイレ掃除くらい何度でもやるから良きに計らえーっ!と半ば投げやりな気持ちで無理矢理決行してしまった。楳には大変申し訳無かったけれど。

で、昨日と今日の2日間、それぞれ5〜6時間もの間3匹は同じフロアで過ごしたのだけれど、昼飯後の昼寝タイムだったのも幸いして、まあ穏便に(というか、それぞれバラバラの場所でずっと昼寝していた)過ごしてくれたっぽい。楳トイレもたぶんセーフ。これ以上長引くと厳しそうだけれど、でもまあ今後の刷り作業もこの調子で何とかなりそうだ。(楳にはひたすら申し訳ないが)

お陰様で昨日はお馴染みの器モチーフのはがきを刷って、今日は壁にも展示出来そうな少し大きめのもの(冒頭の画像)と、久々に楳モチーフ、それからお試しで煤墨モチーフを刷る事が出来た。
c0138553_22125533.jpg

楳は迷いつつも保護服着用のもの。まあ、楳版画は私にとって「記録」みたいなものであるから作ってみる事にした。

こちらお試し煤墨。
c0138553_2213378.jpg

煤墨は本当に難しくて、というのはあまりにも楳が版画向きの色と柄だったからなんだけれど、特に煤のどんどん鮮明になってきたシマ模様をどう表現したものか、版にも刷りにも大分時間がかかってしまった。結果、まだまだ工夫しないとダメだなーという感じ。



版画作業に集中していたら首も方もガチガチだけれど、こんな風に過ごすのも本当に久しぶりで、何とも楽しかった。あまりにもノープランで刷り始めているので、この後どーするのか、これから決めるのだけれど(大雑把!!!!)。
[PR]
c0138553_23185853.jpg

先日の吉祥寺poooLさんにて開催された『ほうきと暮らしに寄りそう道具』展、短い期間であったにも関わらず、紙版画はがきもご好評頂きました。有り難うございました。坂本も仕事机用に吉田さんの小さな箒を手に入れました。(んが、壁に吊るしていたら、予想はしていたものの、まんまと墨の標的になってしまい、一旦安全な場所に隠しました...)

日付が変わって、色んな意味でキツかった8月がようやく終了。いよいよ9月です。
私事ですが、9月からはもっと版画制作やイラスト仕事の時間を増やせる様にバイトの時間を少し減らす事にしました。有難い事に色々嬉しいお声をかけて頂くのに、時間的にも体力的にもなかなか対応が追いつかないというのと、そもそもは楳のために始めたバイトのつもりが、ちゃんと楳の傍にいてケアしきれていないという本末転倒ぶりに我に返りました。
...とはいえ生きて行くのにお金は大事。今まで自由気ままにフワフワと生きてきた身としては「外を知る」という意味でも私には必要な場所であるとも思うので、バイトも細々と継続しつつ、9月からはじっくり制作活動に取り組む所存です。猫らとの貴重な時間も心して味わいます(つーかやはり私は家が好きすぎるホント)。

今月参加予定の企画展はまたまたpoooLさんの『手の先の道具 vol.02』。今回はDM用の紙版画も制作しました。ウワーッと刷り倒してポーンとお渡ししたものを、こんなに素敵にデザインして頂いて、お陰様で評判も良い様で有り難い限り。肝心の作品制作頑張らねば(まだ未着手だけど...)。
c0138553_23471680.jpg

何しろ素晴らしい作家さんが大集結するので、財布の紐が緩みきりそうでキケンすぎる催しではありますが、今からとても楽しみです。皆様もお楽しみに。

他にも今月楽しみにしている事があるのですが、こちらもかなり他力本願で素敵なものが仕上がっているはずで、自分が一番楽しみ。追ってまたお知らせします。




さて。
話は違うけれど、煤墨は今週頭に揃って避妊手術を受けました。
楳の時と同様に、まだ小さいうちから生きものとして大切なものを奪ってしまうという行為には、どうしても複雑な感情が沸きます。そういう感情もひっくるめて、この2匹の一生をあずかるのだと、その感情を忘れてはいけないのだと改めて肝に命じました。

幸い2匹は元気です。この通り。(顔と胴体の向きが逆で惜しい)
c0138553_2358259.jpg






テレビでは津波注意報。
アナウンサーが繰り返し訴える声、画面隅の日本地図、まるであの日の夜みたいです。
どうか被害が出ませんように。
[PR]