<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0138553_732184.jpg

短すぎた東京滞在が終わり、またまた北上します。
毎日バタバタで本当にあっという間で、見たいもの、やりたい事の半分も叶いませんでしたが、様々な内職道具と共に、そして今回は猫らも一緒の大移動です。

バタバタではありましたが、秋から旧友デザイナーの力をお借りして、ゆっくりと制作してきた本の印刷行程が終了しました。
6月に国立の国分寺のくるみギャラリーさんでの企画展に参加した際に制作した『退屈をあげる』という作品を1冊にまとめたものです。
自分でもグラグラと迷いながら、楳との日々を刷ったもの。自己満足と言えば、もうその通りすぎて返す言葉もないのですが、印刷、製本も丁寧な仕事をして頂き、シンプルで素敵に仕上がっていました。
ここから後は私の家内制手工業の出番です。チマチマ行程を経て、年明け(目標1月中...あくまで目標)には何とかお披露目出来そうです。とはいえ、何しろ誰に頼まれている訳ではないので(笑)、焦らずゆっくり作ろうと思います。完成したら、またここでお知らせします。


年明けの1月9日は楳の一周忌となりますが、残念ながら私は実家滞在中となってしまうため、ひと足早く昨日お墓参りに行ってきました。
つきなみですが、長かった様な、あっという間だった様なこの1年、楳の姿は無いけれどいつも傍にいてくれた気がしています。生前以上に頼れる存在になってくれました。改めて、楳に有り難うの1年でした。
グズグズと落ち込んでばかりもいられない、色んな問題山積みの下半期を何とか乗り切れたのも、そういう力も大きいのかなあと思っています。

しばらくは制作態勢がおぼつかない状況が続きそうではありますが、来年はもっともっと自分の内側を見据えて、制作に力を注ぎたいと思います。
沢山の方々に支えて頂いた1年、本当に有り難うございました。来年もたぶんヨボヨボしては、また支えて頂く事になるかもしれませんが、いや、支える側にもなれる様に頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
そして良いお年を。

c0138553_7322494.jpg

[PR]
3連休初日に帰京しまして、あっという間に4日目。とはいえ年末帰省までの短期間、東京を満喫しています。
今回は家人と2匹も一緒なので、そういう意味では嬉しいです。

さてさて、2014年版楳カレンダー、お陰様で私の手元の在庫は全て巣立ち、店頭販売のみとなっております。ここにきて売り切れのお店も増えまして(有り難うございます!)、改めまして現在販売中のお店をご紹介します。

 ★1/12追記。お知らせしていたお店での販売は一旦全て終了となりました。若干数私の手元に出戻り楳がやってくることになりました。通販再開などおってお知らせいたします。どうぞよろしくお願いします。

  東京/吉祥寺 poooL ★販売終了しました。有難うございました。

  秋田/大仙市 和装はきもの・小物 加藤完売しました!ありがとうございました!

こちらの2店舗でまだまだ販売しておりますので、お近くの方はぜひお買い求め頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


話は全然違いますが、帰省中に貸家にしていた旧実家の賃借人の方の退去に立ち会う機会がありました。
私が4歳頃から18歳(つまり大学進学のために上京した日)まで暮らしていた家でした。
実に24年ぶりに足を踏み入れる事には随分勇気が要りました。というのは、帰省する度にふらりと車で立ち寄って眺めた外観から、中がどれだけ劣化しているかというのは容易に想像出来たからです。
自分の記憶の中の風景が朽ちている様子を目の当たりにしたら、初対面の方々の前で果たして冷静で居られるだろうか、いや全然自信なし!と思っていた訳です。

しかし、どうしても立ち会いたいという母に付き添う形で意を決して足を踏み入れました。まあ実際は、初対面の方々がいたお陰で逆に取り乱す事もなく懐かしい「我が実家」を眺めて回る事が出来ました。
不思議なもので私自身の「実家」というのは、現在の実家(こちらも既に築24年)ではなく、どうしてもこの旧実家なのでした。不思議なもので今だに夢に出てくる時の実家は旧実家です。普段は忘れているような細部も夢の中では鮮明なのです。本当に自分でも不思議なのですが。

この実家は3月末までには取り壊して更地となって、春には販売する事になります。私はもちろんですが、両親にしても初めて建てた家には強い愛着があり、やはり複雑な想いがある様ですが、色々考えた結果決まりました。


そんな我が実家の一部。
自分の部屋として使っていた子供部屋の壁紙は、ちょっとどうかというくらい可愛らしいものでした。
カーテンも動物柄のレースと、緑にオレンジのポンポン付きのチロリアンテープが付いていました。
c0138553_1829347.jpg


こちらも何とも可愛いキッチン床のクロス。
c0138553_1830010.jpg


ベランダへ抜けるための階段部分には母の足踏みミシンが置かれていました。
最近はなかなか見られないフローリングに壁です。
c0138553_1831831.jpg


自分の部屋よりも泣きそうになったのが風呂場の湯船の壁面にあった富士山の絵(のタイル)。
twitterにアップしたら随分と珍しがられました。今見ると何とも良いものです。
c0138553_18323676.jpg


そして2階からの眺め。寂れきってはいますが何処か阿佐ヶ谷住宅のテラスハウスからの眺めにも似ています。ああ、だから私はあの場所に惹かれたのかもしれないな、と改めて思いました。
c0138553_1835157.jpg






オマケに煤墨姉妹。
何故めくるの...
c0138553_18382490.jpg


何故...
c0138553_18384280.jpg



では皆様良いクリスマスを。
[PR]
★企画展は終了しましたが、シマシマヤトーキョーさんのお店の営業は1月19日まで。ぜひ足をお運びくださいませ★
c0138553_22185417.jpg


遅くなりましたが、鵜の木Hasu no hanaでのアサガヤデンショ『給水塔と赤い屋根』巡回展、プランタン銀座での『絵本作家たちのねこ展』終了しました。私はどちらも常駐出来ずでしたが、沢山のご来場を頂き、有難うございました。
ねこ展最終日にようやく会場にお邪魔したその足で再び青森の実家に戻りました。帰京中、私の体調不良や、帰省直前の煤の急性胃炎騒ぎなどあり、たくさんの展示のお知らせを頂きながら殆ど行かれないまま…トホホ。
その1つが下北沢 シマシマヤトーキョー さんで開催されていた『来福案内』だったのですが、店主ヒロミさんの福岡への愛溢れる催しだったに違いありません。ああ、行きたかった…!!

そんなシマシマヤトーキョーさんで開催される次なる企画展『冬の贈り物2013 Merry X'mas&Happy New Year』に参加します。
2014年版楳カレンダー、りんごや器をモチーフとした手刷りの紙版画(はがきサイズ)などひと足早く納品済です。詳細はこちらでご紹介頂いています。
★冬の贈り物展にて楳カレンダーは完売しました!ありがとうございました!引き続きはがきは販売中です!よろしくお願いします!(12/20追記)

シマシマヤトーキョーさんは、残念ながら2014年1月19日をもって閉店される事になりました。
思えば私が手刷りのはがきを作り始めた頃から企画展にお誘い頂いて、その後も店主ヒロミさんには新しいモチーフのアイディアを頂いたりもして、自分だけでは気付けなかった楽しい作品を作ることが出来ました。そしてヒロミさんを介して繋がった素敵な方々とのご縁も数しれず…。
本当に感謝、そして本当に残念です。でもシマシマヤさんの最後の企画展に参加させていただいて、今年をしめくくることが出来るのを改めて有難く思います。
参加作家さんも盛り沢山です。ぜひ素敵な贈り物を選んでみてください。
会期は12/13(金)〜12/25(水)です。




それから過去のブログにも追記しましたが、帰省続きで迅速な対応が出来ないため、私個人のカレンダー通販は終了といたしました。
店頭分は売り切れのお店もありますが、まだお取り扱い頂いているお店もありますので、ぜひお近くにお越しの際はお手に取って頂けたら嬉しいです。経堂の芝生さんでは通販も受付て下さってます。
どうぞよろしくお願いします!★芝生さんも楳カレンダー完売しました!ありがとうございました!(12/2追記)


オマケ。
今帰省でもチマチマと家内制手作業をしています。
c0138553_2231215.jpg

新年にはお知らせ出来るかなあと。

そしてやっぱり猫シックです。
c0138553_22341270.jpg

[PR]