<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0138553_9344798.jpg

雑誌のお仕事2つ、今回は版画ではなくどちらもイラストレーションです。
9/20発売となりました『nid』35号(エフジー武蔵)の表紙にて洋服や靴などの小物アイテムを描いています。版画の下絵の様な感じで自分ではちょっと不思議な感じなのですが、今回もデザイナー様がかわいらしい雰囲気に仕上げて下さいました。
中にはお世話になっている吉祥寺poooLさんご夫妻や、南阿佐ヶ谷オトノハさんも掲載されていたりして、1つの雑誌でご一緒出来た事が何だか嬉しいです。今回も読み応えたっぷりですので、ぜひ書店でお手に取って見て下さいね。

それから発売から少し時間が経ってしまいましたが『MEKURU』VOL.3(ギャンビット)にて、大人計画社長である長坂まき子さんの新連載「みなさん、さようなら」のイラストを担当させて頂く事になりました。
長坂さん、そして大人計画とは、私がまだ学生だったン十年前(!)に裏方スタッフをしていたというご縁があり(卒業後も松尾スズキ氏の雑誌連載の挿画などもやらせて頂いたりもしつつ)、今回思いがけなくお声をかけて頂きました。
当時は舞台で使う小道具の絵や、公演のチラシのイラストを描かせて頂いていたのですが、印刷の色指定やら今や懐かしの写植(!)の指定やら、訳もわからないまま必死でやっていたという思い出...自分の生活もままならないのに、就職先も決まらないのに、他人のお手伝いしてる場合なのかよ自分?!な状況ではありましたが、んがしかし自分史上では間違いなくダントツで「あたしキラキラしてた!何にとは言えないが満ち溢れてた!」な時代(あえて「とき」とルビをふりたい)でありました。そんな訳で今回のお仕事はとても嬉しく、今後も楽しみです。
久しぶりに打ち合わせでお会いした長坂さんも相変わらず飄々とされていて(とはいえン十年前とは立場は全く違う訳ですが)、その飄々ぶりが見事にテキストに反映された素敵な新連載となっておりますので、こちらもぜひ手にとって読んで頂けたら嬉しいです。


さて明日からまた北上します。
次の帰京後、10月には2つの猫もの展示に参加と、このところかかりっきりだった猫もの本が完成(昨日納品完了!)します。秋は猫づくし!!詳細はまた改めて。
[PR]
まだ北におります。そろそろ帰京出来そうな気配。

ところで何故か実家周辺には野良猫の気配がない。冬は仕方ないにしても夏でもなかなか遭遇出来ない。「歩いていれば猫に当たる」杉並区に暮らしているとこれが本当にツライ。

猫欠乏症状も激しくなり、猫はおらんか〜猫はおらんか〜と目を血走らせて過ごしていたせいでついに幻覚が!!と思ったら本物の猫だった。ぎゃーいっぱいっ!!
c0138553_12530956.jpg

旧実家近くのお宅。田舎ならではの何と何を掛け合わせたらこーなるの⁈な超雑種犬を飼っておられる(もちろん外飼い)のだが、数ヶ月前から1,2度黒白ハチワレ猫も見かけた事があった。通いの野良に家主のお婆さんがごはんをあげている様だった。で、久しぶりに通りかかったたらコレ。思わず運転していた車中で悲鳴をあげた。田舎故、まだまだ避妊去勢の概念は定着していないとはいえ、黒白ハチワレ母さん凄すぎる。この先どうするんだろう。考えると眠れなくなる。



幻覚かしら?な写真をもう一枚。
c0138553_13080114.jpg

実家近くの広大な空き地にポツネンと現れた猫。私有地なので中に入れず、声をかけたら鳴き返した。2度目に遭遇した時、ついに触らせてくれた…どころか甘々な飼い猫さんだった。
c0138553_13082322.jpg

以来、無理矢理用事を作ってはこの空き地を見に行ってしまう。会えたり会えなかったりのやきもきが完全に恋愛。「笹かまちゃん」と呼ぶことにした。



そして母の友人で、今や私の猫友達でもあるヒグチさんちのチビにも会えた。
c0138553_13113255.jpg

相変わらず魅力的なチビ。15歳くらいとは思えぬ美しさ(オッサンだけれど)。
c0138553_13281103.jpg


猫は本当に幻のようで、眺めたり、頭を撫でたり、髭や尻尾が頬に触れたりするけれど、何故か輪郭が曖昧で儚い。突然目の前に現れてフッと居なくなる。一緒に私のモヤモヤも連れて行く不思議な生き物。



実家では相変わらず実家でも制作出来る手法としてマーカーイラストを制作中。
c0138553_13151890.jpg

c0138553_13162780.jpg

c0138553_13164964.jpg

c0138553_13170562.jpg

c0138553_13173496.jpg

c0138553_13180341.jpg



[PR]