<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0138553_10075273.jpg
冬の芝生展「いきるもの」連日沢山のご来場を頂き本当にありがとうございました。12/27をもちまして無事に会期を終了しました。
ようやく在廊できる予定だった日、急遽北上しなければならなくなり、結局会期中伺うことが叶いませんでした。
師走のお忙しい中、足を運んでくださった方々にご挨拶もできず、まことに申し訳ありませんでした。
個人的にはこの企画展を今年最後の一大イベントとして走ってきた気持ちではあったので、終了の実感も持てないまま、盛り上がった気持ちの落とし所を探しているような状態です。が、いろんな方々の画像やご感想などをSNSで拝見して、私もその場にいられたような気持ちでした。ありがとうございました。
今回ご一緒させて頂いたうえのけいこさん、落合恵さん、ザ・キャビンカンパニーさん、そして会期中一人で切り盛りしてくださった芝生の遊佐さんにも心から感謝いたします。祝✴︎芝生5周年!!

来年も新たな出会いを楽しみに、制作に励みたいと思います。
「退屈をあげる」の第3刷も着手予定でおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてこれから毎年恒例の猫らと北上です。まずは無事に実家に到着できますように。
ではでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。(一足早い煤鏡餅)
c0138553_10102423.jpg

[PR]
c0138553_1163494.png
《12/20追記》芝生さんでお取り扱い頂いていた『退屈をあげる』第2刷と2016年楳カレンダーは完売いたしました。有難うございました。『退屈をあげる』の現在のお取り扱い店と在庫はコチラをご覧ください。

めまぐるしかった(あくまで当社比)2015年を締めくくる嬉しい企画展に参加いたします。

随分前にお声をかけて頂いて、そのタイトルを聞いた時からずっと楽しみにしていました。
壮大で漠然としていて、おそらくそれはずっと捉えることはできないものだろうけれど、たぶん今後も私が対峙し続けるテーマとなるかもしれません。
て、またまた猫を描いた訳ですが、猫は私にとってそのまま「いきるもの」であり「いきること」であり、やはりどうにも捉えることのできない謎の存在ですから。

参加される作家の皆さま、憧れの方々ばかりで、緊張でポワーンと頬を赤らめておりますが、とてもとても楽しみです。
私は全て新作の額装版画6点(多くはないですが全てシート販売もあります)、新作猫はがき、紙ものグッズ、お久しぶりのりんごはがきや芝生5周年記念(?)ロール芝生はがきなど出展いたします。
それからカレンダー展に引き続き「2016年楳カレンダー」や過去作はがき、既に通販分は締め切られていますが「退屈をあげる」も少し並びますよ。(おかげさまで第二刷も既にお取り扱い頂いているお店に並んでいる分で完売となりますので、この機会にお求め頂けたら嬉しいです)。

師走の慌ただしい中とは思いますが、ご高覧頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!
(在廊予定などは改めてTwitterでおしらせします)
______________________________
c0138553_1050584.jpg

c0138553_10512669.jpg

冬の芝生展 いきるもの

2015.12.18fri. - 12.27sun.
13:00-19:00(展示最終日は18:00まで)
会期中休み:12/24thu.

東京/経堂 cafe+gallery芝生
156-0052 東京都世田谷区経堂2-31-20
tel 03-3428-5722

うえのけいこ
落合恵
坂本千明
ザ・キャビンカンパニー 

・・・・・
それぞれの形で生きるものへの想いを持ちながら制作活動を続ける4組の作家たちによる作品展です。
野を歩き、地に育ち、家族として、そして空想の中にいるいきものたち。
それぞれの生きている姿をご覧ください。

作品がのびのび生息する場所になれば、と続けてきた芝生5周年の今年を締めくくる記念展でもあります。


______________________________

[PR]